298件中 131 - 140件表示
  • 張本勲

    張本勲から見た尾崎行雄 (野球)

    プロ野球選手時代から、俳優として何度か映画に出演した。東映フライヤーズ在籍中の1966年に親会社の東映配給で公開された『地獄の野良犬』では、監督の水原茂やエースピッチャーの尾崎行雄とともに特別出演を果たしている。現役引退した1981年に東映時代から「兄貴」と慕った萬屋錦之介に口説かれて、萬屋主演の「新春ワイド時代劇」『竜馬がゆく』(東京12チャンネル、1982年1月2日放送)に新選組局長・近藤勇役で友情出演した。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た広岡達朗

    臨時コーチを何度も務めている。中日の沖縄秋季キャンプの臨時コーチを務めた1992年には、一旦挫折しかけた大豊泰昭の一本足打法を完成させるきっかけを作っている。自身の著書で、監督の打診を受けたことがあったものの「入り込んでしまうからやめた方がいい」と母親に猛反対されたので断ったと記している。ロッテのゼネラル・マネージャーだった時期の広岡達朗から、ボビー・バレンタイン監督の下でのヘッド兼打撃コーチの打診を受けたことがあったが、張本がトップ(監督)でやりたいと言って断っている。週刊文春の連載「阿川佐和子のこの人に会いたい」に登場した際(2015年10月1日号)は、球団は言えないが3球団から監督の要請があったことを明かしている。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た龍谷大学付属平安中学校・高等学校

    甲子園出場を夢に、地元の強豪・広島商業、広陵高校への入学を希望したが、素行不良との理由で叶わず、野球では全く無名の松本商業高校(現・瀬戸内高校)定時制に進学。入学後1か月ケンカしなかったら普通科に転入させるという約束での入学であった。昼間は学生食堂で働き、夜は学業に勤しんだため、野球をする時間が全く取れず、甲子園出場の夢を叶えられそうにないことを悟る。松本商業の野球部監督が「いっそ広島から出したらどうだ。あの子は化けるよ」と兄にアドバイスし、自身も理髪店で「常勝!平安、浪商」と書かれた雑誌を見て、まず京都の平安高校に問い合わせたが、途中からは無理と断られる。その後に大阪の浪華商業高校(浪商高等学校を経て現・大体大浪商)野球部に梁川郁雄と一緒に売り込みに行き、同校に転校した。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見たモヤシ

    張本は力道山が好んで使った「闘魂」という言葉が好きで、一時は色紙に書いていたが、野球選手に「闘魂」は似合わないと思い、止めたという。また、日本橋人形町にあった日本プロレス(力道山の所属団体)の道場で、バーベルを使った筋力トレーニングをしていた。当時はアントニオ猪木がまだモヤシのような体であったため、ジャイアント馬場が野球を辞めて数年の頃までは、張本が一番力が強かった。力道山の課す練習は過酷で、金田正一も呼ばれてジムへ行ったが、3日で止めたという。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た徹子の部屋

    被爆者であることを、ずっと隠していた。思い出すのが怖くて野球に没頭し、バットを振り続けることで、当時の記憶を心の片隅に追いやってきたという。しかし2005年頃に「原爆の落ちた場所を知らない」とテレビ番組で発言した若者に怒りを覚え、被爆体験を語り始めるようになった。2006年8月15日放送のテレビ朝日系『徹子の部屋』に出演した際には、被爆体験や幼少期の生活、母に対する思いなどを語った。それをきっかけとして「われわれの世代が戦争を、そして原爆でやられた体験を語り残さなければならんのです」と答えたという。その後は多くのメディアで被爆体験を話している。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見たAFCチャンピオンズリーグ

    2017年5月31日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の済州ユナイテッド対浦和レッズ戦で、韓国人選手が日本人選手に対して、試合中から試合後に到るまで暴力行為を繰り返す事件が起こり、アジアサッカー連盟は暴行を行った3選手(クォン・ハンジン、チョ・ヨンヒョン、ペク・ドンギュ)に資格停止と制裁金を科し、済州ユナイテッドに対しても4万ドル(約440万円)の制裁金が科した。この事件はイタリア、フランス、イギリスなど、世界各地のスポーツメディアから済州ユナイテッドに対する厳しい非難が行われたが、張本は勝利した浦和の態度に問題があったとする韓国側の主張を支持し、1点差でリードしている状況で浦和が時間稼ぎをした作戦を「これはありがちなことだけど、態度が良くない。やっぱり韓国の選手からみたらね、何だというような態度をとっちゃいけないんです」と浦和を批判し、「日本人はエチケット、マナーを教えるじゃないの。だから世界中どこへ行っても礼儀正しい民族だと…。今はそんなことないな。昔はダメなら親が教えたり、ダメなら先輩が教えたりしたんですよ」と日本人の若い世代についても苦言を呈した。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た全国高等学校野球選手権大会

    3年時の夏の甲子園直前、部室内での暴力事件が発覚。張本含む数人の休部処分により、チームの甲子園出場は認められた。張本曰くこの件に関しては全くの濡れ衣であるという(事件が起きた際、そもそも部室にいなかった)。張本は竹内監督の韓国人嫌いに端を発した差別としている。また、前監督の中島が退任した後も引き続き中島に教えを乞いに行くことがあり、竹内との関係は良くなかったとも回想している。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見たスタジオパークからこんにちは

    スタジオパークからこんにちは(NHK総合テレビ…2011年2月3日)張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た野球日本代表

    張本はプロ入り前はもとより、幼少期から在日韓国人を隠さずに名乗っており、引退後も日本に帰化していない。そればかりでなく、帰化ならびに日本国籍取得の意思のないことを公言している(国籍は大韓民国)。これは、日本に渡って来て死ぬまで日本語を覚えようとしなかった母親の影響が大きいためであった。しかし当人は日本語を話し、且つ日本語名を名乗っているため、張本が日本の人間だと思う日本人も多い。現代では、自らを在日韓国人と明かす者が増えてきているが、張本の時代に始めから出自を公表した人間は極めて稀である。その一方で、のアテネオリンピックに出場する野球日本代表の選手たちに対して「日本の国威を背負っていると思って欲しい」と語っていた。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見たエチケット

    2016年8月14日放送分で、リオ五輪の卓球男子シングルスで3位決定戦に勝利した水谷隼が、試合直後にガッツポーズし床に仰向けになり大の字のポーズで銅メダル獲得の喜びを表現する映像が流れた後、張本が厳しい表情で「スポーツ選手の先輩として、卓球の水谷にね」と切り出し、「あんなガッツポーズはダメだよ。いけない」と喝を入れた。「手はね、肩から上に上げちゃダメなのよ。『やっつけた!』っていう態度、とっちゃダメ」「この国(日本)は礼に始まって礼に終わる。やっぱりガッツポーズは肩の下まで」とコメントした。しかし、関口が「だけど、どこまでって…、うれしい時はこう(手を高く上げてガッツポーズを)やりますよ」と話すと、張本は「ワンちゃん(王貞治)なんか、(ホームランの)世界記録達成した時も、相手のことを思って、決してやらなかった。これはエチケットだから」と例を挙げ、「一つ注意をしておきます」と結んだ。一方で、水谷は現地にて「話題になっているし、もちろん知っています。ビックリしました」「遊びじゃなくて、命を懸けてるので。相手も命を懸けて来る。戦場ですからね」と理解を求めた。張本勲 フレッシュアイペディアより)

298件中 131 - 140件表示

「張本勲」のニューストピックワード

  • 2チームじゃないか…2位を確保の気持ちはロッテには強い

  • 今年はダルビッシュぐらい…あとは全滅だ。恥ずかしい成績

  • サンデーモーニング