229件中 21 - 30件表示
  • 張本勲

    張本勲から見た落合博満

    ロッテへ移籍した1980年、当時の監督だった山内一弘や金田正一など多くの評論家が酷評した落合博満の特異な打撃フォームを「素晴らしい、このままのスイングで打てる」と絶賛していた。その後、落合は三冠王に3度輝いたが、当時から張本は落合の非凡な才能を見抜いていたことが証明された形となる。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た後藤駿太

    大川博東映社長の意向もあって1軍に抜擢され、高卒の新人選手ながら開幕戦のスタメンに名を連ねた(同年、王貞治も新人で開幕スタメン出場。NPBで18歳の高卒新人の開幕スタメンは以後1965年の飯田幸夫、1988年の立浪和義、2006年の炭谷銀仁朗、2012年の駿太しかいない)。デビュー戦は阪急戦で、米田哲也の剛速球に全くついていけず三振、直後の守備でバンザイをして即交代させられた。翌日の阪急戦で第1打席で秋本祐作から二塁打を打ち初ヒット、第2打席で石井茂雄から初本塁打を放つ。6月23日からは4番を打つ。入団1年目からレギュラーに定着。13本塁打を放ち、新人王を獲得した。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見たイチロー

    通算猛打賞:251回 ※日本記録(日米通算ではイチローが上回る)張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た成田文男

    350本塁打:1972年9月8日、対ロッテオリオンズ24回戦(後楽園球場)、8回裏に成田文男から左中間へ2ラン ※史上5人目張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    張本は力道山が好んで使った「闘魂」という言葉が好きで、一時は色紙に書いていたが、野球選手に「闘魂」は似合わないと思い、止めたという。また、日本橋人形町にあった日本プロレス(力道山の所属団体)の道場で、バーベルを使った筋力トレーニングをしていた。当時はアントニオ猪木がまだモヤシのような体であったため、ジャイアント馬場が野球を辞めて数年の頃までは、張本が一番力が強かった。力道山の課す練習は過酷で、金田正一も呼ばれてジムへ行ったが、3日で止めたという。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見たボビー・バレンタイン

    臨時コーチを何度も務めている。中日の沖縄秋季キャンプの臨時コーチを務めた1992年には、一旦挫折しかけた大豊泰昭の一本足打法を完成させるきっかけを作っている。自身の著書で、監督の打診を受けたことがあったものの「入り込んでしまうからやめた方がいい」と母親に猛反対されたので断ったと記している。ロッテのゼネラル・マネージャーだった時期の広岡達朗から、ボビー・バレンタイン監督の下でのヘッド兼打撃コーチの打診を受けたことがあったが、張本がトップ(監督)でやりたいと言って断っている。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た吉田義男

    前年のオフに大杉勝男・白仁天らが移籍し、次は自分と考えていた張本は「もし不要なら出してほしい」と直訴すると、三原に「希望する球団に行かせよう」と言われ、強さへの憧れからファンでもあった巨人を挙げた。当時阪神タイガース監督の吉田義男に誘われて一時阪神行きを決意し、家まで用意していた。しかし突然巨人からも誘われ、しかも決定項として扱われていたため慌てて吉田に連絡を取ると、吉田は憎まれ口ひとつ言わず「ええ話やないか。巨人に行けよ」と了承した。現在でも吉田とは「あの時、ウチ(阪神)へ来とったら面白かったなあ」という話になるという。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た太田幸司

    300二塁打:1974年4月24日、対近鉄バファローズ前期2回戦(後楽園球場)、1回裏に太田幸司から右中間二塁打 ※史上12人目張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た二宮至

    この影響で、阪神との1962年の日本シリーズ第7戦の(1点リードから同点に追い付かれた)10回裏にベンチに下げられ、その後12回裏に日本一決定の瞬間を迎えるという経験をしている。また、巨人時代、レフトへライナーやゴロが飛ぶと、遊撃手の河埜和正がカバーに入ることが多かった。リードして迎えた試合終盤には、守備固めの二宮至と交代させられることが何度もあった。長嶋監督に失策の理由を聞かれた時には、「あれは空中イレギュラーです」と答えていたという。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見たランディ・バース

    2年目には打率3割をマークし、3年目には打率.336で21歳にして首位打者となった。以降引退まで、通算7度の首位打者に輝いた。首位打者7度はイチローと並ぶ日本記録である。4年目のにはMVPと、同年から新設された最高出塁率を獲得した。には打率.383、本塁打34本、打点100という自己最高の成績を残している。このうち、打率は大下弘が持っていたシーズン最高打率(.3831)を3毛更新するもので、にランディ・バースが更新するまで16年間日本記録であった。8月19日の西鉄ライオンズ戦で、東尾修投手から史上7人目となる2000本安打を達成。「安打製造機」の異名を取り、南海ホークスの野村克也らと共に1960年代から1970年代のパ・リーグで活躍した。張本勲 フレッシュアイペディアより)

229件中 21 - 30件表示

「張本勲」のニューストピックワード