229件中 31 - 40件表示
  • 張本勲

    張本勲から見た広瀬叔功

    上記の「安打製造機」のほか、右へ左へと自在にボールを打ち分ける様子から「広角打法」、スプレー打法という代名詞でも知られた。東映入団1年目から20年連続シーズン100安打以上を放っており、打率3割以上を16回マークした。脚も速く、に41盗塁(広瀬叔功の45に次ぐ2位)したのを筆頭に、通算で319盗塁を記録している。通算400本塁打以上かつ通算300盗塁以上を記録しているのは張本と秋山幸二の2人のみ、通算500本塁打以上(通算504本塁打は衣笠祥雄(広島東洋カープ)と同数)となると、日本プロ野球史上で張本ただ一人である。また、通算で「トリプルスリー」(3割300本塁打300盗塁)を達成しており、この記録も日本プロ野球史上で張本ただ一人であり、通算3000本安打以上と合わせればこれも史上唯一の「クアドラプルスリー」でもある。一方、1シーズンでのトリプルスリーの達成は1度もない。惜しかったのは1963年で、33本塁打、41盗塁を記録したが、最も得意分野のはずの打率で3割に届かず(.280)、達成を逃した。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た広島東洋カープ

    この頃、広島カープの広島総合球場の場外の木によじのぼり、よく試合の無料見物をしていたという。その折に覗き見た読売ジャイアンツの宿舎の食事風景が、その後の張本の人生を大きく変えることとなった。戦後の物資不足や飢餓をまだ引きずる時代に、選手たちは分厚い肉を食べ、桐箱に入った贈答品として当時は需要されることも多かった生卵を3つも4つも茶碗に放り込んでいたのである。以来、張本のプロ野球選手への憧れは増大し、「母親に広い家をプレゼントする」、「美味しい食べ物を腹一杯食べる」という二つの夢を胸に来る日も来る日も吊るした古タイヤに向かってバットを振り続け野球へと打ち込んでいった。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た東京放送ホールディングス

    引退後は、1982年より東京放送(TBSテレビ・TBSラジオ)野球解説者、スポーツニッポン野球評論家を務める。また、TBSテレビの『サンデーモーニング』のスポーツコーナー『週刊 御意見番』でも、大沢啓二と共にレギュラー解説者(御意見番)として出演(2000年頃より。2010年10月の大沢死去後も引き続き出演)。2006年まではテレビ・ラジオの中継に出演していたが、2007年以降は「週刊 御意見番」の出演にとどまっている。中継から外れて以降も、各出版社が発売している一部プロ野球名鑑に掲載される解説者・評論家名鑑では引き続きTBS解説者として掲載されている(2012年からは一部名鑑でフリー解説者として扱われている)ほか、『サンデーモーニング』公式サイト内同コーナー情報ページでは「TBS野球解説者」と明記されている。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た日本スポーツ出版社

    12球団全選手カラー百科名鑑(各年度版。日本スポーツ出版社→廣済堂出版発行)張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た新潮社

    被爆者であることを、ずっと隠していた。思い出すのが怖くて野球に没頭し、バットを振り続けることで、当時の記憶を心の片隅に追いやってきたという。しかし2005年頃に「原爆の落ちた場所を知らない」とテレビ番組で発言した若者に怒りを覚え、被爆体験を語り始めるようになった。2006年8月15日放送のテレビ朝日系『徹子の部屋』に出演した際には、被爆体験や幼少期の生活、母に対する思いなどを語った。それをきっかけとして「われわれの世代が戦争を、そして原爆でやられた体験を語り残さなければならんのです」と答えたという。新潮社発行の月刊誌『新潮45』2009年1月号『私と母』という連載記事にも取り上げられている(取材・構成はライターが担当)。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た東映

    プロ野球選手時代から、俳優として映画に出演することもある。東映フライヤーズ在籍中の1966年に球団親会社の東映配給で公開された『地獄の野良犬』では、監督の水原茂やエースピッチャーの尾崎行雄とともに特別出演を果たしている。現役引退後も、ヤクザ映画に複数出演したほか、名球会の協力により制作された野球映画『ドリームスタジアム』にも同会員のひとりとして出演した。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見たテレビ東京

    竜馬がゆく(テレビ東京・・・1982年) - 近藤勇役張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見たテレビ朝日

    被爆者であることを、ずっと隠していた。思い出すのが怖くて野球に没頭し、バットを振り続けることで、当時の記憶を心の片隅に追いやってきたという。しかし2005年頃に「原爆の落ちた場所を知らない」とテレビ番組で発言した若者に怒りを覚え、被爆体験を語り始めるようになった。2006年8月15日放送のテレビ朝日系『徹子の部屋』に出演した際には、被爆体験や幼少期の生活、母に対する思いなどを語った。それをきっかけとして「われわれの世代が戦争を、そして原爆でやられた体験を語り残さなければならんのです」と答えたという。新潮社発行の月刊誌『新潮45』2009年1月号『私と母』という連載記事にも取り上げられている(取材・構成はライターが担当)。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た東尾修

    2年目には打率3割をマークし、3年目には打率.336で21歳にして首位打者となった。以降引退まで、通算7度の首位打者に輝いた。首位打者7度はイチローと並ぶ日本記録である。4年目のにはMVPと、同年から新設された最高出塁率を獲得した。には打率.383、本塁打34本、打点100という自己最高の成績を残している。このうち、打率は大下弘が持っていたシーズン最高打率(.3831)を3毛更新するもので、にランディ・バースが更新するまで16年間日本記録であった。8月19日の西鉄ライオンズ戦で、東尾修投手から史上7人目となる2000本安打を達成。「安打製造機」の異名を取り、南海ホークスの野村克也らと共に1960年代から1970年代のパ・リーグで活躍した。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た秋本祐作

    大川博東映社長の意向もあって1軍に抜擢され、高卒の新人選手ながら開幕戦のスタメンに名を連ねた(同年、王貞治も新人で開幕スタメン出場。NPBで18歳の高卒新人の開幕スタメンは以後1965年の飯田幸夫、1988年の立浪和義、2006年の炭谷銀仁朗、2012年の駿太しかいない)。デビュー戦は阪急戦で、米田哲也の剛速球に全くついていけず三振、直後の守備でバンザイをして即交代させられた。翌日の阪急戦で第1打席で秋本祐作から二塁打を打ち初ヒット、第2打席で石井茂雄から初本塁打を放つ。6月23日からは4番を打つ。入団1年目からレギュラーに定着。13本塁打を放ち、新人王を獲得した。張本勲 フレッシュアイペディアより)

229件中 31 - 40件表示

「張本勲」のニューストピックワード