229件中 51 - 60件表示
  • 張本勲

    張本勲から見た千葉ロッテマリーンズ

    ロッテ・オリオンズに移籍。同年5月28日、地元川崎球場での阪急ブレーブスとの対戦において、山口高志投手から日本プロ野球史上初となる3000本安打を本塁打で達成。この快挙を記念したメモリアルプレートが同球場に展示された。翌年のに現役引退。1990年、野球殿堂入り。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た大阪近鉄バファローズ

    現役時代に打撃のコツについて教えを乞いに行ったことがある。その相手は当時近鉄に在籍していたジャック・ブルームで、張本はブルームの外角打ちの上手さに感心し、外角打ちのコツを聞きに行った。それに対してブルームは、「外角を打つにはまず内角打ちが上手くなければいけない。それは、外角に的を絞っているときに内角にストレートが来ると絶対に手が出ないからだ。相手投手は、こっちが内角打ちが上手いと、内角に投げるのを嫌がって外角に投げてくる。そこを狙い打つのだ」と回答。その後、張本は首位打者の常連となっている。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見たスポーツニッポン

    引退後は、1982年より東京放送(TBSテレビ・TBSラジオ)野球解説者、スポーツニッポン野球評論家を務める。また、TBSテレビの『サンデーモーニング』のスポーツコーナー『週刊 御意見番』でも、大沢啓二と共にレギュラー解説者(御意見番)として出演(2000年頃より。2010年10月の大沢死去後も引き続き出演)。2006年まではテレビ・ラジオの中継に出演していたが、2007年以降は「週刊 御意見番」の出演にとどまっている。中継から外れて以降も、各出版社が発売している一部プロ野球名鑑に掲載される解説者・評論家名鑑では引き続きTBS解説者として掲載されている(2012年からは一部名鑑でフリー解説者として扱われている)ほか、『サンデーモーニング』公式サイト内同コーナー情報ページでは「TBS野球解説者」と明記されている。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た三浦清弘

    3000塁打:1971年5月12日、対南海ホークス5回戦(大阪球場)、6回表に三浦清弘から右越ソロ ※史上8人目張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た三原脩

    日拓ホームフライヤーズとなったの後期からは、選手兼任でコーチ(ヘッド兼打撃コーチ)を務めた。この頃から毎年、ストーブリーグを賑わせた。には大洋とトレード話がほぼまとまりかけながら御破算となる。前期リーグ終了後、ロッテが張本獲得に乗り出す。日本ハムの三原脩球団社長が「張本は球界のガンだ」と発言するなど張本を無理やり放出しようとし、三原社長と中西太監督との間の感情はこじれにこじれた。日本ハム製品が韓国でよく売れていたため、大社義規オーナーとしても“韓国の英雄”である張本の気持ちを無下にはできず、新任の大沢啓二監督も日本ハムから出たい張本の気持ちを変えることはできなかった大沢は著書『球道無頼』(集英社、1996年)の中で、三原から張本が巨人に行きたがっていると聞かされて、チーム改革のために「迷わず、ふたつ返事でOKした」と記している(同書144頁)。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た河原明

    1000打点:1971年6月8日、対西鉄ライオンズ7回戦(平和台球場)、2回表に河原明から右前適時打 ※史上8人目張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た佐々木誠吾

    250本塁打:1969年6月5日、対阪急ブレーブス8回戦(後楽園球場)、6回裏に佐々木誠吾から左越ソロ ※史上8人目張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た松木謙治郎

    松木謙治郎打撃コーチの「打率も残せ、ホームランも打て、盗塁もできる完璧な打者を目指せ」という指導のもと、猛練習に励んだ。松木の回想によると(後述の怪我により)右手をほとんど使えず、ほぼ左手のみのバッティングで、高めの直球しか打てないバッターだったため、右手の強化や打撃フォームや立ち位置の細かい修正(この際にレベルスイングになった)に臨んだ。今では常識となっている野球ネットへのヒッティング練習を導入。また高校時代は投手としての練習しかしていなかったため、野手としての練習は苛烈を極めた。当初は張本の長身と風貌から一塁手として育てる予定だったが、打撃練習の際に怪我のことを始めて知り、即日外野手に回したという。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た山本集

    同事件により、甲子園の夢を絶たれた張本は自殺も考えたと言うが、野球部の同級生で同じく休部処分を受けた山本集が親身になって相談に乗り、張本は話を聞いてもらっている内に涙が出てきて母校のグラウンドで夜通し走っていたという。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た佐々木宏一郎

    1000本安打:1966年5月10日、対近鉄バファローズ2回戦(後楽園球場)、2回裏に佐々木宏一郎から ※史上57人目張本勲 フレッシュアイペディアより)

229件中 51 - 60件表示

「張本勲」のニューストピックワード