229件中 61 - 70件表示
  • 張本勲

    張本勲から見た江川紹子

    5月23日放送分で、途中降板した岩隈久志へ「エースとしてマウンドを守るべきである!」と「喝!」を入れた。この際、出演者である江川紹子は「えーっ」と驚き、「途中降板もありなのではないでしょうか。」という意見を述べた。放映中には口論にならなかったものの、両者の関係がこじれたため、後日TBS側は何度か両者も交えた話し合いをおこなった。しかし解決に至らず、江川は6月20日放送分への出演自粛をTBSから求められたとツイッターで明らかにした。江川はこの中で「5月23日の放送での私の言動について、張本勲氏が立腹し、江川を番組に出さないようにTBSに求めたためです」と記し、7月も同様の理由で出演できないとしていた。その後江川はツイッター閲覧者からの「復帰しないのか」という質問に、「張本さんがお出になっている間、私の復帰はない、とのことです。数日前、正式に通告がありました」と回答。番組関係者は、デイリースポーツの取材に「江川さんとは年間契約などをしているわけではない。コメンテーターとしての出演をお願いしないということです」と説明した。この件について、張本は色々な意見があることは当たり前であり、江川についてわだかまりは無いとしている。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た大下弘

    2年目には打率3割をマークし、3年目には打率.336で21歳にして首位打者となった。以降引退まで、通算7度の首位打者に輝いた。首位打者7度はイチローと並ぶ日本記録である。4年目のにはMVPと、同年から新設された最高出塁率を獲得した。には打率.383、本塁打34本、打点100という自己最高の成績を残している。このうち、打率は大下弘が持っていたシーズン最高打率(.3831)を3毛更新するもので、にランディ・バースが更新するまで16年間日本記録であった。8月19日の西鉄ライオンズ戦で、東尾修投手から史上7人目となる2000本安打を達成。「安打製造機」の異名を取り、南海ホークスの野村克也らと共に1960年代から1970年代のパ・リーグで活躍した。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た池谷公二郎

    350二塁打:1976年7月6日、対広島東洋カープ15回戦(後楽園球場)、4回裏に池谷公二郎から右前二塁打 ※史上9人目張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た金田留広

    1500本安打:1969年8月31日、対ロッテオリオンズ19回戦(東京スタジアム)、2回表に金田留広から三塁前バントヒット ※史上25人目張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た大社義規

    日拓ホームフライヤーズとなったの後期からは、選手兼任でコーチ(ヘッド兼打撃コーチ)を務めた。この頃から毎年、ストーブリーグを賑わせた。には大洋とトレード話がほぼまとまりかけながら御破算となる。前期リーグ終了後、ロッテが張本獲得に乗り出す。日本ハムの三原脩球団社長が「張本は球界のガンだ」と発言するなど張本を無理やり放出しようとし、三原社長と中西太監督との間の感情はこじれにこじれた。日本ハム製品が韓国でよく売れていたため、大社義規オーナーとしても“韓国の英雄”である張本の気持ちを無下にはできず、新任の大沢啓二監督も日本ハムから出たい張本の気持ちを変えることはできなかった大沢は著書『球道無頼』(集英社、1996年)の中で、三原から張本が巨人に行きたがっていると聞かされて、チーム改革のために「迷わず、ふたつ返事でOKした」と記している(同書144頁)。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見たジャイアント馬場

    張本は力道山が好んで使った「闘魂」という言葉が好きで、一時は色紙に書いていたが、野球選手に「闘魂」は似合わないと思い、止めたという。また、日本橋人形町にあった日本プロレス(力道山の所属団体)の道場で、バーベルを使った筋力トレーニングをしていた。当時はアントニオ猪木がまだモヤシのような体であったため、ジャイアント馬場が野球を辞めて数年の頃までは、張本が一番力が強かった。力道山の課す練習は過酷で、金田正一も呼ばれてジムへ行ったが、3日で止めたという。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た白仁天

    前年のオフに大杉勝男・白仁天らが移籍し、次は自分と考えていた張本は「もし不要なら出してほしい」と直訴すると、三原に「希望する球団に行かせよう」と言われ、強さへの憧れからファンでもあった巨人を挙げた。当時阪神タイガース監督の吉田義男に誘われて一時阪神行きを決意し、家まで用意していた。しかし突然巨人からも誘われ、しかも決定項として扱われていたため慌てて吉田に連絡を取ると、吉田は憎まれ口ひとつ言わず「ええ話やないか。巨人に行けよ」と了承した。現在でも吉田とは「あの時、ウチ(阪神)へ来とったら面白かったなあ」という話になるという。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た中西太

    日拓ホームフライヤーズとなったの後期からは、選手兼任でコーチ(ヘッド兼打撃コーチ)を務めた。この頃から毎年、ストーブリーグを賑わせた。には大洋とトレード話がほぼまとまりかけながら御破算となる。前期リーグ終了後、ロッテが張本獲得に乗り出す。日本ハムの三原脩球団社長が「張本は球界のガンだ」と発言するなど張本を無理やり放出しようとし、三原社長と中西太監督との間の感情はこじれにこじれた。日本ハム製品が韓国でよく売れていたため、大社義規オーナーとしても“韓国の英雄”である張本の気持ちを無下にはできず、新任の大沢啓二監督も日本ハムから出たい張本の気持ちを変えることはできなかった大沢は著書『球道無頼』(集英社、1996年)の中で、三原から張本が巨人に行きたがっていると聞かされて、チーム改革のために「迷わず、ふたつ返事でOKした」と記している(同書144頁)。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た秋山幸二

    上記の「安打製造機」のほか、右へ左へと自在にボールを打ち分ける様子から「広角打法」、スプレー打法という代名詞でも知られた。東映入団1年目から20年連続シーズン100安打以上を放っており、打率3割以上を16回マークした。脚も速く、に41盗塁(広瀬叔功の45に次ぐ2位)したのを筆頭に、通算で319盗塁を記録している。通算400本塁打以上かつ通算300盗塁以上を記録しているのは張本と秋山幸二の2人のみ、通算500本塁打以上(通算504本塁打は衣笠祥雄(広島東洋カープ)と同数)となると、日本プロ野球史上で張本ただ一人である。また、通算で「トリプルスリー」(3割300本塁打300盗塁)を達成しており、この記録も日本プロ野球史上で張本ただ一人であり、通算3000本安打以上と合わせればこれも史上唯一の「クアドラプルスリー」でもある。一方、1シーズンでのトリプルスリーの達成は1度もない。惜しかったのは1963年で、33本塁打、41盗塁を記録したが、最も得意分野のはずの打率で3割に届かず(.280)、達成を逃した。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た下田武三

    韓国プロ野球コミッショナー特別補佐官として、KBO発足に先立ち、当時の日本プロ野球コミッショナー・下田武三に「日本球団の韓国籍選手を新発足の韓国プロ野球にまわして欲しい」と協力を要請した。これに対する日本側の好意的反応を確かめたのち、KBOは、日米両国との間に選手協定の締結交渉を行い、まず野球の先進国たるアメリカとの間で最初の選手協定を結び、次に日本との間で日韓協定を1983年に締結させた。張本勲 フレッシュアイペディアより)

229件中 61 - 70件表示

「張本勲」のニューストピックワード