229件中 71 - 80件表示
  • 張本勲

    張本勲から見た池永正明

    150本塁打:1965年8月8日、対西鉄ライオンズ15回戦(平和台球場)、4回表に池永正明から2ラン ※史上20人目張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た岩本義行

    最終的に中日ドラゴンズと東映フライヤーズの一騎打ちになったが、東京への憧れもあり、東映フライヤーズに入団。当時の東映は同郷の先輩である岩本義行を始め、母校である浪商の先輩を多数抱えていた。契約金は200万(中日は600万を提示していた)。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た谷村智啓

    4500塁打:1977年5月29日、対阪神タイガース9回戦(阪神甲子園球場)、4回表に谷村智啓から一塁前バントヒット ※史上3人目張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た村田兆治

    400本塁打:1975年4月20日、対ロッテオリオンズ前期5回戦(川崎球場)、7回表に村田兆治から右越逆転決勝3ラン ※史上4人目張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た皆川睦雄

    300本塁打:1971年4月24日、対南海ホークス2回戦(後楽園球場)、1回裏に皆川睦雄から右越ソロ ※史上5人目張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見たウィリー・メイズ

    通算打率3割・500本塁打・300盗塁 ※史上唯一(世界史上ではウィリー・メイズと張本の2人のみ)張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た飯田幸夫

    大川博東映社長の意向もあって1軍に抜擢され、高卒の新人選手ながら開幕戦のスタメンに名を連ねた(同年、王貞治も新人で開幕スタメン出場。NPBで18歳の高卒新人の開幕スタメンは以後1965年の飯田幸夫、1988年の立浪和義、2006年の炭谷銀仁朗、2012年の駿太しかいない)。デビュー戦は阪急戦で、米田哲也の剛速球に全くついていけず三振、直後の守備でバンザイをして即交代させられた。翌日の阪急戦で第1打席で秋本祐作から二塁打を打ち初ヒット、第2打席で石井茂雄から初本塁打を放つ。6月23日からは4番を打つ。入団1年目からレギュラーに定着。13本塁打を放ち、新人王を獲得した。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見たダリル・スペンサー

    退場処分を受けたことは1度もないが、ダリル・スペンサーをバット片手に追い掛け回したことと、日本ハム時代と巨人時代に、それぞれ1回ずつ警察の取り調べを受けたことがある。暴言とおぼしき発言をされたとして試合前に城之内邦雄(当時ロッテ)を殴った件と、宿舎に帰るために停まっていた巨人選手の乗ったバスが、試合中の判定トラブルから広島のファンに包囲された際、広島ファンが「張本に殴られた」と騒ぎ立てた件である。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た板東里視

    3500塁打:1973年4月22日、対近鉄バファローズ1回戦(日生球場)、9回表に板東里視から右越ソロ ※史上7人目張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た安木祥二

    500本塁打:1980年9月28日、対近鉄バファローズ後期10回戦(川崎球場)、1回裏に偵察要員・安木祥二の代打で出場、久保康生から右越2ラン ※史上3人目張本勲 フレッシュアイペディアより)

229件中 71 - 80件表示

「張本勲」のニューストピックワード