229件中 81 - 90件表示
  • 張本勲

    張本勲から見た衣笠祥雄衣笠 祥雄

    上記の「安打製造機」のほか、右へ左へと自在にボールを打ち分ける様子から「広角打法」、スプレー打法という代名詞でも知られた。東映入団1年目から20年連続シーズン100安打以上を放っており、打率3割以上を16回マークした。脚も速く、に41盗塁(広瀬叔功の45に次ぐ2位)したのを筆頭に、通算で319盗塁を記録している。通算400本塁打以上かつ通算300盗塁以上を記録しているのは張本と秋山幸二の2人のみ、通算500本塁打以上(通算504本塁打は衣笠祥雄(広島東洋カープ)と同数)となると、日本プロ野球史上で張本ただ一人である。また、通算で「トリプルスリー」(3割300本塁打300盗塁)を達成しており、この記録も日本プロ野球史上で張本ただ一人であり、通算3000本安打以上と合わせればこれも史上唯一の「クアドラプルスリー」でもある。一方、1シーズンでのトリプルスリーの達成は1度もない。惜しかったのは1963年で、33本塁打、41盗塁を記録したが、最も得意分野のはずの打率で3割に届かず(.280)、達成を逃した。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た谷沢健一

    、高橋一三・富田勝との交換トレードで巨人へ移籍。憧れであった巨人に入団したことで奮発し、オフやキャンプで徹底した走り込みを敢行した。同年、翌と続けて高打率を残し、2年連続でリーグ2位の打率を記録。1976年においては、首位打者を獲得した谷沢健一との打率差がわずか1毛(厳密には7糸)で、歴代で最も1位と2位との差が小さい記録である。親友の王貞治と組んだ「OH砲」は、第一期長嶋茂雄監督時代の2度の優勝に貢献した。7月24日、日本プロ野球名球会が設立され、規定(昭和生まれ、通算2000本安打記録)を満たす張本も入会。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た富田勝

    、高橋一三・富田勝との交換トレードで巨人へ移籍。憧れであった巨人に入団したことで奮発し、オフやキャンプで徹底した走り込みを敢行した。同年、翌と続けて高打率を残し、2年連続でリーグ2位の打率を記録。1976年においては、首位打者を獲得した谷沢健一との打率差がわずか1毛(厳密には7糸)で、歴代で最も1位と2位との差が小さい記録である。親友の王貞治と組んだ「OH砲」は、第一期長嶋茂雄監督時代の2度の優勝に貢献した。7月24日、日本プロ野球名球会が設立され、規定(昭和生まれ、通算2000本安打記録)を満たす張本も入会。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た近藤勇

    竜馬がゆく(テレビ東京・・・1982年) - 近藤勇張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た大石弥太郎

    300盗塁:1975年4月27日、対阪急ブレーブス前期7回戦(阪急西宮球場)、6回表に二盗(投手:大石弥太郎、捕手:中沢伸二) ※史上15人目張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た力道山

    同胞のプロレスラー・力道山は張本をかわいがり、力道山が東京にいる時はいつもついて回った。初めて力道山の邸宅に招かれ、六十畳ほどある居間で飲んでいると、力道山はお手伝いを帰してドアに鍵をかけた。ラジオのつまみを回すと韓国の放送が流れてきて、力道山は軽音楽に合わせて機嫌よく踊り始めた。出自を伏せていた力道山から韓国人だと告げられると、張本は「噂は本当だったんだ」と嬉しくなり、高揚した気分で「韓国人なら韓国人と言えば良いじゃないですか」と口に出した。すると力道山は「お前は植民地時代の苦労をろくに知らないから、そんなことが言えるんだ! 生意気なこと言うな!」と激怒して張本の肩を突き飛ばした。その後、2人の間で民族の話が出ることは二度となかったという。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見たコミッショナー

    張本 勲(はりもと いさお、1940年6月19日 - )は、広島県広島市出身の元プロ野球選手(外野手)、野球解説者・野球評論家、俳優。日本プロ野球名球会会員、韓国野球委員会(KBO)コミッショナー特別補佐官。在日韓国人二世であり、本名は張 勲(読みがな:チャン・フン、ハングル:)。血液型はO型。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た徳久利明

    200本塁打:1967年5月31日、対近鉄バファローズ7回戦(日生球場)、2回表に徳久利明から中越ソロ ※史上11人目張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た愛甲猛

    愛甲猛は、ロッテの選手が乗ったバスがヤクザの車に道を塞がれたことがあって、張本が一人でバスを降りて怒ってるヤクザのとこへ行くと、5?6分ほどでカタをつけて、何事もなかったかのようにバスに戻って来た」と話している。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た中沢伸二

    300盗塁:1975年4月27日、対阪急ブレーブス前期7回戦(阪急西宮球場)、6回表に二盗(投手:大石弥太郎、捕手:中沢伸二) ※史上15人目張本勲 フレッシュアイペディアより)

229件中 81 - 90件表示

「張本勲」のニューストピックワード