前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
76件中 1 - 10件表示
  • 井山裕太

    井山裕太から見た張栩張栩

    中学1年のときにプロ入り。平成生まれ初の棋士となる。2005年、史上最年少記録16歳4か月で全棋士出場の棋戦で優勝を果たす(阿含桐山杯)。この優勝により史上初の四段から七段への飛び級昇段をし歴代最年少の七段となる。17歳の時、史上最年少(当時)で三大リーグ入り。2009年、19歳のときに名人戦リーグを勝ち抜き史上最年少で七大タイトルの挑戦権を得る。挑戦手合は張栩名人の前に3勝3敗と並ぶも最終局で敗れ獲得とはならず。しかし翌年再び名人戦リーグを全勝で勝ち抜き張栩名人への挑戦権を得る。この1年で力をつけた井山は4勝1敗と圧倒し七大タイトルを史上最年少で獲得し、20歳4か月で名人となる。井山裕太 フレッシュアイペディアより)

  • 依田紀基

    依田紀基から見た張栩張栩

    2004年 第17回世界囲碁選手権富士通杯準優勝。第59期本因坊戦で、挑戦者となるが、2-4で張栩本因坊に敗退。依田紀基 フレッシュアイペディアより)

  • 高尾紳路

    高尾紳路から見た張栩張栩

    張栩、山下敬吾、羽根直樹らとともに「平成四天王」と称される。高尾紳路 フレッシュアイペディアより)

  • 棋士 (囲碁)

    棋士 (囲碁)から見た張栩張栩

    張栩 棋聖3期 名人4期 本因坊2期 王座7期 天元1期 碁聖4期 十段2期  七大タイトルグランドスラム棋士 (囲碁) フレッシュアイペディアより)

  • 詰碁

    詰碁から見た張栩張栩

    近代になると、職業棋士が、雑誌、新聞などで継続的に詰碁を発表するようになる。有名な詰碁作家として前田陳爾、橋本宇太郎、呉清源、加田克司、石榑郁郎、石田章、張栩らがいる。また数は多くないがアマチュアの作家(塚本惠一ら)も活躍している。詰碁 フレッシュアイペディアより)

  • 坂井秀至

    坂井秀至から見た張栩張栩

    2010年、碁聖戦4連覇中で、5連覇による名誉碁聖資格のかかっていた張栩碁聖(四冠)に挑戦し、3勝2敗で初七大タイトルを奪取。大学卒業後にプロ入りした棋士として、初のタイトル挑戦者にして初の七大タイトルの獲得者となった(大学卒業者であれば、プロ入り後に大学を卒業した淡路修三がタイトル挑戦者となっている)また、このタイトル獲得は関西棋院にとって、1981年に橋本昌二が加藤正夫王座を下しこれを得、翌年加藤に敗れ失冠以来29年ぶりの七大タイトル奪取となる。七大タイトル奪取により昇段規定で八段昇段を果たす。第35期名人戦リーグ残留(6期連続)。坂井秀至 フレッシュアイペディアより)

  • 平成四天王

    平成四天王から見た張栩張栩

    平成四天王(へいせいしてんのう)は、平成期に活躍しているトップ囲碁棋士四名の総称。張栩、山下敬吾、高尾紳路、羽根直樹の四人を指す。平成四天王 フレッシュアイペディアより)

  • 李昌鎬

    李昌鎬から見た張栩張栩

    2005年 5-0(○羅洗河、○張栩、○王磊、○王銘琬、○王檄)李昌鎬 フレッシュアイペディアより)

  • 木谷實

    木谷實から見た張栩張栩

    棋士の小林禮子は三女。小林光一名誉三冠は婿(禮子の夫)。棋士で女流本因坊などを獲得した小林泉美は孫(禮子の子)。元五冠王の張栩九段は孫の夫(泉美の夫)。木谷實 フレッシュアイペディアより)

  • 林海峰

    林海峰から見た張栩張栩

    2017年11月3日、日本の囲碁界発展、日本における台湾出身棋士の草分け的な存在で張栩九段ら有望な後進を台湾から呼び寄せ育てるなど日本・台湾間の友好 親善に寄与したことから旭日中綬章を受賞。師匠・呉清源と同じ賞を受賞した。林海峰 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
76件中 1 - 10件表示

「張栩」のニューストピックワード