前へ 1 2 3 4 5 6
59件中 1 - 10件表示
  • 囲碁界

    囲碁界から見た張栩張栩

    同時タイトル保持数(七大タイトル戦確立以降) 張栩 5 (2009年、名人・十段・王座・天元・碁聖)囲碁界 フレッシュアイペディアより)

  • 棋士 (囲碁)

    棋士 (囲碁)から見た張栩張栩

    張栩 棋聖3期 名人4期 本因坊2期 十段2期 天元1期 碁聖4期 王座7期 七大タイトルグランドスラム棋士 (囲碁) フレッシュアイペディアより)

  • 井山裕太

    井山裕太から見た張栩張栩

    2005年10月8日、第12期阿含・桐山杯全日本早碁オープン戦で小林覚九段を破り優勝、早くも頭角を現した。16歳4か月での優勝は日本囲碁史上最年少(従来の最年少優勝は、1973年に新鋭トーナメント戦で優勝した趙治勲五段(当時)の17歳0か月)。張栩、王立誠、趙治勲、小林覚という超一流棋士を連破しての優勝であった。棋戦優勝で規定により七段へ昇段したが、これも史上最年少、四段から七段への飛び級昇段も史上初であった。また同年には第2回中野杯・U20選手権でも優勝、以後この大会で3連覇。井山裕太 フレッシュアイペディアより)

  • 高尾紳路

    高尾紳路から見た張栩張栩

    師から受け継いだ手厚い棋風で、地に辛い傾向の強い現代碁界にあってそのスタイルは異彩を放つ。羽根直樹、張栩、山下敬吾らとともに「若手四天王」(近年では「平成四天王」)と称される。高尾紳路 フレッシュアイペディアより)

  • 坂井秀至

    坂井秀至から見た張栩張栩

    2010年、碁聖戦4連覇中で、5連覇による名誉碁聖資格のかかっていた張栩棋聖・十段・王座・碁聖に挑戦し、3勝2敗でタイトルを奪取。大学卒業後にプロ入りした棋士として、初のタイトル挑戦者にして初の七大タイトルの獲得者となった(大学卒業者であれば、プロ入り後に大学を卒業した淡路修三がタイトル挑戦者となっている)また、このタイトル獲得は関西棋院にとって、1981年に橋本昌二が加藤正夫王座を下しこれを得、翌年加藤に破れ失冠以来29年ぶりの七大タイトル奪取となる。七大タイトル奪取により昇段規定で八段昇段を果たす。坂井秀至 フレッシュアイペディアより)

  • 山下敬吾

    山下敬吾から見た張栩張栩

    羽根直樹、張栩、高尾紳路らとともに「若手四天王」「平成四天王」と称される。山下敬吾 フレッシュアイペディアより)

  • 名人 (囲碁)

    名人 (囲碁)から見た張栩張栩

    2004年、挑戦者として張栩が登場。依田を下し、24歳の若さで史上5人目の名人本因坊の地位に就いた。さらに2006年には高尾紳路がリーグ初参加初挑戦(史上初)。このシリーズ第4局はコウ争いに次ぐコウ争いとなり、364手という激闘となった。これを制した高尾はその勢いのまま名人を奪取し、史上6人目の名人本因坊となる。しかし翌年には張栩がすかさずこれを奪回、2008年には史上最年少19歳で名人戦挑戦者となった井山裕太を迎え撃ち、4-3で防衛。翌年には名人含め、現行七大タイトル史上初の五冠を達成した。名人 (囲碁) フレッシュアイペディアより)

  • 李昌鎬

    李昌鎬から見た張栩張栩

    2005年 5-0(○羅洗河、○張栩、○王磊、○王銘琬、○王檄)李昌鎬 フレッシュアイペディアより)

  • 依田紀基

    依田紀基から見た張栩張栩

    2004年 第59期本因坊戦で、挑戦者となるが、2-4で張栩本因坊に敗退。第29期名人戦で、挑戦者張栩九段に、2-4で敗れ、名人位を失う。第29期碁聖戦で山田規三生八段の挑戦を退け防衛。依田紀基 フレッシュアイペディアより)

  • 王磊 (囲碁)

    王磊 (囲碁)から見た張栩張栩

    2004年 2-1(○張栩、○洪旻杓、×小林光一)王磊 (囲碁) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
59件中 1 - 10件表示

「張栩」のニューストピックワード