59件中 21 - 30件表示
  • 古力

    古力から見た張栩張栩

    2005年 1-2(×依田紀基、○張栩、×李世?)古力 フレッシュアイペディアより)

  • 河野臨

    河野臨から見た張栩張栩

    平成四天王(張栩・高尾紳路・山下敬吾・羽根直樹)を追う存在の一番手として期待されている。河野臨 フレッシュアイペディアより)

  • 小目

    小目から見た張栩張栩

    黒の配置が並び小目。やや偏った配置であるため打たれることは少ないが、さらにaの星を占める布石を張栩が若手時代に多用し、「張栩スペシャル」と称されたことがある。小目 フレッシュアイペディアより)

  • IGO AMIGO

    IGO AMIGOから見た張栩張栩

    2010年第4回も六本木ヒルズアリーナで開催。13路盤による「妙花」、九路スタジアム、囲碁カフェ、などが開かれた。張栩による四路盤問題の出題・解説もされた。IGO AMIGO フレッシュアイペディアより)

  • 趙漢乗

    趙漢乗から見た張栩張栩

    1995年入段。1998年にLG杯世界棋王戦に初出場するが、1回戦で周俊勲に敗れる。2001年、新人王戦優勝、61勝23敗で最多勝、最多対局を獲得。2002年64勝17敗で最多勝、21連勝で最多連勝。同年、国手戦挑戦者決定戦で李昌鎬に0-2で敗れる。2003年、国手戦挑戦者となるが、李昌鎬に0-3で敗れる。同年、LG杯世界棋王戦で羽根直樹、王立誠を破ってベスト4進出するが、李世?に敗れる。またLG杯ではこの年から3期連続でベスト4進出。2004年、KBS杯バドゥク王戦に準優勝し、翌年のテレビ囲碁アジア選手権戦に出場、決勝で張栩に敗れ準優勝。同2005年の農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦では3人抜きを果たす。2006年九段、天元戦で李世?を3-1で破って初タイトル獲得。2007年に再開した名人戦では、6勝3敗で李世?に次ぐリーグ2位となり、李世?との決勝五番勝負は0-3で準優勝。26歳になった2008年から2年間の兵役に就く。2009年第1回BCカード杯世界囲碁選手権戦では、決勝で古力に1-3で準優勝。趙漢乗 フレッシュアイペディアより)

  • 上村邦夫

    上村邦夫から見た張栩張栩

    『新四天王(山下敬吾・張栩・羽根直樹・高尾紳路)のここが強い』誠文堂新光社 2006年上村邦夫 フレッシュアイペディアより)

  • 劉星

    劉星から見た張栩張栩

    6歳で囲碁を学び、13歳で国家少年囲棋隊入り、第15回世界青少年囲碁選手権大会青年の部優勝。1995年初段。1999年全国囲棋個人戦で5位。2003、04年にリコー杯で連続準優勝。2004年七段昇段。2005年招商銀行杯で、決勝で古力を破って棋戦初優勝。阿含・桐山杯で2006年、2007年と連続優勝、日中決戦でもともに張栩に勝利。2008年富士通杯ではベスト4進出、3位決定戦で常昊に敗れる。同年、応昌期杯ベスト4進出。劉星 フレッシュアイペディアより)

  • 金成龍

    金成龍から見た張栩張栩

    2005年 0-3(×張栩、×結城聡、×胡耀宇)金成龍 フレッシュアイペディアより)

  • 睦鎮碩

    睦鎮碩から見た張栩張栩

    世界囲碁選手権富士通杯 3位 2000年( ○丁偉、○趙善津、○張栩、×曺薫鉉、○小林覚)睦鎮碩 フレッシュアイペディアより)

  • NECカップ囲碁トーナメント戦

    NECカップ囲碁トーナメント戦から見た張栩張栩

    2005年 張栩 - 柳時熏NECカップ囲碁トーナメント戦 フレッシュアイペディアより)

59件中 21 - 30件表示