59件中 31 - 40件表示
  • 小林覚

    小林覚から見た張栩張栩

    2000年に柳時熏に対する暴行により、日本棋院から1年間の謹慎処分を受ける。2005年に名人戦で張栩に、2007年に棋聖戦で山下敬吾に挑戦するが敗れる。小林覚 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木歩

    鈴木歩から見た張栩張栩

    2001年女流枠で新入段、同年二段。2003年女流最強戦決勝で中澤彩子を破り、入段3年目で棋戦初優勝。翌2004年NHK杯テレビ囲碁トーナメントに初出場し、横田茂昭に敗れる。同年、正官庄杯世界女子囲碁最強戦に日本代表として出場。2006年リコー杯プロペア碁選手権戦で、張栩とペアで出場して優勝、翌期は同じペアで準優勝。2007年、四段昇段(勝星対象棋戦通算50勝)、4期ぶりに女流最強戦で優勝、新人王戦ベスト8進出、平成以降女流棋士史上歴代9位となる年間31勝を記録。2008年10月、第1回ワールドマインドスポーツゲームズ囲碁女子団体戦に青木喜久代、小山栄美と日本代表として出場、銅メダルを獲得。鈴木歩 フレッシュアイペディアより)

  • 王銘エン

    王銘エンから見た張栩張栩

    台北市生まれ。1975年11月来日、日本棋院院生となる。1977年入段。林海峰の研究会などに参加。1984年六段。1985年に名人、本因坊両リーグ入りして注目を集めるが、いずれも1期で陥落。1987年に新人王戦準優勝。1989年にNEC俊英囲碁トーナメント戦で棋戦初優勝。1991年の俊英囲碁トーナメント戦では、鄭銘瑝との兄弟対決を制した。1992年九段。 1998年の本因坊リーグ5勝2敗で王立誠と同率となるが、プレーオフで敗れる。2000年の本因坊リーグで5勝2敗で挑戦者となり、趙善津に4-2で本因坊位奪取。翌年は張栩を4-3で退けて防衛。2002年に加藤正夫に2-4で本因坊位を奪われる。同年趙治勲より3-2で王座位奪取。2000年の応昌期杯ではベスト4に進出するが、常昊に敗れる。王銘エン フレッシュアイペディアより)

  • 山田規三生

    山田規三生から見た張栩張栩

    王座戦 挑戦者 2009年(張栩に0-3)山田規三生 フレッシュアイペディアより)

  • 新人王戦 (囲碁)

    新人王戦 (囲碁)から見た張栩張栩

    2002年 張栩 2-0 高尾紳路新人王戦 (囲碁) フレッシュアイペディアより)

  • 孔傑

    孔傑から見た張栩張栩

    2004年 3-0(○三村智保、○張栩、○崔哲瀚)孔傑 フレッシュアイペディアより)

  • 崔哲瀚

    崔哲瀚から見た張栩張栩

    2006年 1-2(○河野臨、×張栩、×謝赫)崔哲瀚 フレッシュアイペディアより)

  • 結城聡

    結城聡から見た張栩張栩

    竜星戦 準優勝 2006年(決勝で張栩に敗れる)、2007年(同)結城聡 フレッシュアイペディアより)

  • 平成四天王

    平成四天王から見た張栩張栩

    『平成四天王』(へいせいしてんのう)は、平成期に活躍した若手囲碁棋士四名の総称。張栩、山下敬吾、高尾紳路、羽根直樹の四人を指す。二十歳前後の若さで2000年前後から相次いでトップ棋士の仲間入りをし、2世代前の四天王(王立誠、小林覚、片岡聡、山城宏)との対比から、当初は「若手四天王」あるいは「新四天王」と呼ばれて将来を嘱望された。2004年から2008年までは平成四天王が三大タイトルを独占し、2008年には平成四天王が七大タイトル全てを独占するなど、平成囲碁界の中心的存在となった。現在は次世代の井山裕太の追随を受けている。平成四天王 フレッシュアイペディアより)

  • 高梨聖健

    高梨聖健から見た張栩張栩

    1989(平成元年)年に入段、以後順調に昇段を重ねて、2002年(平成14)年に八段。2001年、新鋭トーナメントにて優勝、初タイトルを獲得する。2008年には阿含桐山杯で決勝まで勝ち進むも、張栩に敗れ準優勝。高梨聖健 フレッシュアイペディアより)

59件中 31 - 40件表示