59件中 41 - 50件表示
  • トヨタ&デンソー杯囲碁世界王座戦

    トヨタ&デンソー杯囲碁世界王座戦から見た張栩張栩

    第3回(2007年)李世?(韓国) 2-1 張栩(日本)トヨタ&デンソー杯囲碁世界王座戦 フレッシュアイペディアより)

  • 林海峰

    林海峰から見た張栩張栩

    1996年に全日本学生囲碁連盟副会長。その後特別顧問を務める。門下に、台湾から招いて内弟子にした張栩、林子淵、林漢傑ら。一男二女があり、長女はNHK教育TV囲碁講座や囲碁・将棋ジャーナル等の司会を務めた林芳美、次女は同じくNHK囲碁講座の司会などを務めた林浩美。林海峰 フレッシュアイペディアより)

  • 阿含・桐山杯全日本早碁オープン戦

    阿含・桐山杯全日本早碁オープン戦から見た張栩張栩

    2006年 張栩 - 羽根直樹阿含・桐山杯全日本早碁オープン戦 フレッシュアイペディアより)

  • 王唯任

    王唯任から見た張栩張栩

    吉原由香里・万波佳奈と成人向け囲碁入門及び初級者教室の講師を務め、日本棋院ジュニア囲碁スクールや母校桜美林大学のオープンカレッジの講師などの経験が豊富であり、入門から初級者向けの著作も多い。また、同郷の張栩と親交があり、著作の監修を行っている。王唯任 フレッシュアイペディアより)

  • 朴永訓

    朴永訓から見た張栩張栩

    2003年 4-1(○古力、○王立誠、○常昊、○張栩、×孔傑)朴永訓 フレッシュアイペディアより)

  • 本因坊

    本因坊から見た張栩張栩

    1999年の第54期、趙善津がタイトル初挑戦ながら4-2で本因坊を奪取。趙治勲の長期連覇時代は終わりを迎えた。さらに2000年の第55期には王銘エンが奪取する。2001年の第56期には「平成四天王」で初めて張栩が挑戦者となるが、フルセットの末、王が防衛を果たした。本因坊 フレッシュアイペディアより)

  • 関西棋院

    関西棋院から見た張栩張栩

    2007年 碁聖 張栩 3-0 横田茂昭関西棋院 フレッシュアイペディアより)

  • 趙治勲

    趙治勲から見た張栩張栩

    張栩とは27戦して6勝21敗(2012年初現在)と大きく負け越しており、天敵というべき存在である。2009年に出演した囲碁・将棋ジャーナルで、張栩の対局するNHK杯戦へのコメントを求められ、「張栩さんに(トーナメントから)早く消えてほしいですね。張栩さんがいると、私は悲しいですから」と語った上で、対戦相手の中小野田智己にエールを送り、他の出演者の笑いを誘った。また2010年、NHK杯で対戦する前のインタビューでは、「昔小林光一さんにいじめられて、最近やさしくなったら、今度は(義理の)息子にもっといじめられて、生きてられない、悲しい」とユーモアを交えて語っている。趙治勲 フレッシュアイペディアより)

  • 小林光一

    小林光一から見た張栩張栩

    小林 光一(こばやし こういち、1952年9月10日 - )は、囲碁のプロ棋士。北海道旭川市出身。木谷實九段門下。日本棋院東京本院所属。名誉棋聖、名誉名人、名誉碁聖。前妻の小林禮子(1996年逝去)との間に一男一女。後妻との間にも子あり。長女は小林泉美。娘婿は張栩。門下に河野臨、大矢浩一、酒井真樹、大木啓司、金澤秀男、桑原陽子、穂坂繭ら。小林光一 フレッシュアイペディアより)

  • 武宮正樹

    武宮正樹から見た張栩張栩

    2003年名人リーグでは、張栩相手に121手で終局(敗戦)。それまでの作り碁の最短手数記録(136手)を大幅に更新する新記録を打ち立てた。武宮正樹 フレッシュアイペディアより)

59件中 41 - 50件表示

「張栩」のニューストピックワード