76件中 41 - 50件表示
  • 金志錫

    金志錫から見た張栩張栩

    2014年 1-1(○張栩、×檀嘯)金志錫 フレッシュアイペディアより)

  • 孔傑

    孔傑から見た張栩張栩

    2004年 3-0(○三村智保、○張栩、○崔哲瀚)孔傑 フレッシュアイペディアより)

  • 小林泉美 (棋士)

    小林泉美 (棋士)から見た張栩張栩

    2003年に張栩と結婚。当時張栩が本因坊を、泉美が女流本因坊のタイトルを持っていたため「本因坊カップル」と呼ばれた。小林泉美 (棋士) フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木歩

    鈴木歩から見た張栩張栩

    2001年女流枠で新入段、同年二段。2003年女流最強戦決勝で中澤彩子を破り、入段3年目で棋戦初優勝。翌2004年NHK杯に初出場し、横田茂昭に敗れる。同年、正官庄杯に日本代表として出場。2006年リコー杯プロペア碁選手権戦に、張栩とペアで出場して優勝、翌期は同じペアで準優勝。2007年、四段昇段(勝星対象棋戦通算50勝)、4期ぶりに女流最強戦で優勝、新人王戦ベスト8進出、平成以降女流棋士史上歴代9位となる年間31勝を記録。2008年10月、第1回ワールドマインドスポーツゲームズ囲碁女子団体戦に青木喜久代、小山栄美と日本代表として出場、銅メダルを獲得。鈴木歩 フレッシュアイペディアより)

  • 余正麒

    余正麒から見た張栩張栩

    2013年、第61回NHK杯テレビ囲碁トーナメントに初出場、小林覚・張栩を破り、3回戦進出。第69期本因坊戦最終予選で潘善琪に勝りリーグ入り。これは最低段からのリーグ入り記録(三段)であり、18歳2か月での本因坊リーグ入りは井山裕太の20歳2か月の最年少記録を更新した。規定により七段昇段。最低段の飛び付け昇段記録を更新(三段から)。2013年新人王戦準優勝、第39期天元戦本戦ベスト4。余正麒 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬戸大樹

    瀬戸大樹から見た張栩張栩

    2011年には第36期棋聖戦最終予選で李沂修七段・棋聖位3期の王立誠九段・後藤俊午九段に勝利し自身初の棋聖戦リーグ入り。第66期本因坊リーグでは趙善津元本因坊・高尾紳路元名人・小林覚元棋聖、そして張栩棋聖などタイトル経験者達に勝利し4勝3敗で勝ち越し、関西棋院の棋士では10年以上ぶりに同リーグに残留成功。棋聖戦リーグでは河野臨元天元・加藤充志八段に勝利するも陥落。瀬戸大樹 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ囲碁アジア選手権戦

    テレビ囲碁アジア選手権戦から見た張栩張栩

    第17回 2005年 張栩   - 趙漢乗テレビ囲碁アジア選手権戦 フレッシュアイペディアより)

  • 伊田篤史

    伊田篤史から見た張栩張栩

    2014年 本因坊リーグでは山下敬吾名人・結城聡十段・高尾紳路九段・河野臨九段・余正麒七段に勝利し5勝1敗で、6連勝の山下敬吾と対戦しこれを降す。6勝1敗で並んだことによりプレーオフとなり、山下を再度降し、挑戦権を獲得。20歳0ヶ月での挑戦者は、本因坊戦史上最年少(それまでの最年少記録はリーグで伊田に土をつけた張栩の21歳)。規定により八段昇段。挑戦手合では、井山裕太本因坊に1-4で敗れてタイトル奪取は成らず。第53期十段戦予選Aで松岡秀樹九段に勝利し最終予選進出。最終予選で清成哲也九段に勝利し本戦進出。本戦では蘇耀国八段・結城聡九段・志田達哉七段に勝利し決勝進出。伊田篤史 フレッシュアイペディアより)

  • 棋聖 (囲碁)

    棋聖 (囲碁)から見た張栩張栩

    2010年、山下が5連覇による名誉棋聖獲得、挑戦者の張栩がグランドスラムの達成、という対局者双方に大きな記録を懸けた勝負となった。結果は張栩が4-1で山下を降し、山下の名誉棋聖を阻むと共に史上二人目のグランドスラムを達成した。棋聖 (囲碁) フレッシュアイペディアより)

  • 陳耀ヨウ

    陳耀ヨウから見た張栩張栩

    2013-14年 3-1(○姜東潤、○結城聡、○崔哲瀚、×張栩陳耀ヨウ フレッシュアイペディアより)

76件中 41 - 50件表示

「張栩」のニューストピックワード