1 2 3 4 5 6 次へ
59件中 51 - 59件表示
  • 羽根直樹

    羽根直樹から見た張栩張栩

    高尾紳路、張栩、山下敬吾らとともに「若手四天王」と称される(近年では4人が若手の実力者にとどまらない活躍をしているため、単に「四天王」あるいは「平成四天王」といわれることもある)。羽根直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 棋戦 (囲碁)

    棋戦 (囲碁)から見た張栩張栩

    七大タイトルを全て一回以上経験する事をグランドスラムと呼び、これを達成したのは趙治勲、張栩、井山裕太の三人。また棋聖・名人・本因坊を同年に一度に獲得する事を大三冠と呼び、これは2010年現在で趙治勲のみである。棋戦 (囲碁) フレッシュアイペディアより)

  • NHK杯テレビ囲碁トーナメント

    NHK杯テレビ囲碁トーナメントから見た張栩張栩

    最年長優勝は第29回(1981年度)の坂田栄男(当時62歳)、最年少優勝は第49回(2001年度)の張栩(当時22歳)である。NHK杯テレビ囲碁トーナメント フレッシュアイペディアより)

  • テレビ囲碁アジア選手権戦

    テレビ囲碁アジア選手権戦から見た張栩張栩

    第17回 2005年 張栩(日本) - 趙漢乗(韓国)テレビ囲碁アジア選手権戦 フレッシュアイペディアより)

  • 囲碁の歴史

    囲碁の歴史から見た張栩張栩

    90年代後半に入ってからは、ようやく衰えを見せた木谷一門に代わり若手が活躍を始めた。依田紀基・王立誠らが覇権を争い、21世紀に入ってからは張栩・高尾紳路・山下敬吾・羽根直樹の四天王がタイトル戦線を割拠した。しかし2009年、井山裕太が初の大タイトルとなる名人を戴冠すると、2012年には一挙に五冠王となり、23歳にして第一人者の地位に就いた。囲碁の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 詰碁

    詰碁から見た張栩張栩

    近代になると、職業棋士が、雑誌、新聞などで継続的に詰碁を発表するようになる。有名な詰碁作家として前田陳爾、橋本宇太郎、呉清源、加田克司、石榑郁郎、石田章、張栩らがいる。また数は多くないがアマチュアの作家(塚本惠一ら)も活躍している。詰碁 フレッシュアイペディアより)

  • 棋聖 (囲碁)

    棋聖 (囲碁)から見た張栩張栩

    2010年、山下が5連覇による名誉棋聖獲得、挑戦者の張栩がグランドスラムの達成、という対局者双方に大きな記録を懸けた勝負となった。結果は張栩が4-1で山下を降し、山下の名誉棋聖を阻むと共に史上二人目のグランドスラムを達成した。棋聖 (囲碁) フレッシュアイペディアより)

  • 竜星戦

    竜星戦から見た張栩張栩

    2001年 加藤正夫 - 張栩竜星戦 フレッシュアイペディアより)

  • 碁聖

    碁聖から見た張栩張栩

    戴冠者は13名いるが、4名以外は2期以上獲得しており、大竹英雄(7期)・小林光一(9期)・依田紀基(6期)・張栩(4期)の4人だけで通算26期獲得している。碁聖 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
59件中 51 - 59件表示

「張栩」のニューストピックワード