76件中 51 - 60件表示
  • 李欽誠

    李欽誠から見た張栩張栩

    2016年二段、グロービス杯優勝、百霊杯ベスト16。同年象嶼杯中国CCTV快棋戦を勝抜いてテレビ囲碁アジア選手権戦に出場、張栩、李世?、申眞諝を破って優勝し、これにより九段昇段。李欽誠 フレッシュアイペディアより)

  • 劉星

    劉星から見た張栩張栩

    6歳で囲碁を学び、13歳で国家少年囲棋隊入り。1995年初段。1998年世界青少年囲碁選手権大会青年の部優勝。1999年全国囲棋個人戦で5位。2003、04年にリコー杯で連続準優勝。2004年七段昇段。2005年招商銀行杯で、決勝で古力を破って棋戦初優勝。阿含・桐山杯で2006年、2007年と連続優勝、日中決戦でもともに張栩に勝利。2008年富士通杯ではベスト4進出、3位決定戦で常昊に敗れる。同年、応昌期杯ベスト4進出。劉星 フレッシュアイペディアより)

  • 棋戦 (囲碁)

    棋戦 (囲碁)から見た張栩張栩

    七大タイトルを全て一回以上通算で経験する事をグランドスラムと呼び、これを達成したのは趙治勲、張栩、井山裕太の三人のみ。このうち、井山裕太は七大タイトル全てを同時に保持したことがある(2016年、2017年)。また、井山は2017年のすべてのタイトルを獲得する年間グランドスラムを達成した。後1タイトルで達成するのは林海峰、山下敬吾の2人。棋戦 (囲碁) フレッシュアイペディアより)

  • 睦鎮碩

    睦鎮碩から見た張栩張栩

    世界囲碁選手権富士通杯 3位 2000年( ○丁偉、○趙善津、○張栩、×曺薫鉉、○小林覚)睦鎮碩 フレッシュアイペディアより)

  • 溝上知親

    溝上知親から見た張栩張栩

    2008年 本因坊リーグでは蘇耀国八段・依田紀基九段そして張栩名人碁聖に勝利するもリーグ陥落。溝上知親 フレッシュアイペディアより)

  • 武宮正樹

    武宮正樹から見た張栩張栩

    2003年名人リーグでは、張栩相手に121手で終局(敗戦)。それまでの作り碁の最短手数記録(136手)を大幅に更新する新記録となった。武宮正樹 フレッシュアイペディアより)

  • 河野臨

    河野臨から見た張栩張栩

    2016年 第23期阿含・桐山杯全日本早碁オープン戦で二十五世本因坊趙治勲に220手白番半目勝ち。初優勝。第41期棋聖戦リーグを4勝1敗の成績で終え、挑戦者決定トーナメントで張栩を降して挑戦権を獲得。河野臨 フレッシュアイペディアより)

  • 小林光一

    小林光一から見た張栩張栩

    小林 光一(こばやし こういち、1952年9月10日 - )は、囲碁のプロ棋士。名誉棋聖、名誉名人、名誉碁聖。北海道旭川市出身。木谷實九段門下。日本棋院東京本院所属。前妻の小林禮子(1996年逝去)との間に一男一女がいる。後妻との間にも子どもがいる。長女は小林泉美。娘婿は張栩。門下に河野臨、大矢浩一、酒井真樹、大木啓司、金澤秀男、桑原陽子、穂坂繭がいる。小林光一 フレッシュアイペディアより)

  • 羽根直樹

    羽根直樹から見た張栩張栩

    張栩、山下敬吾、高尾紳路らとともに「平成四天王」と称される。羽根直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 新人王戦 (囲碁)

    新人王戦 (囲碁)から見た張栩張栩

    2002年 張栩 2-0 高尾紳路新人王戦 (囲碁) フレッシュアイペディアより)

76件中 51 - 60件表示

「張栩」のニューストピックワード