前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
81件中 1 - 10件表示
  • 張栩

    張栩から見た坂井秀至

    2010年2月には山下敬吾の持つ棋聖戦に初挑戦し、4-1で奪取。初の棋聖位を獲得すると共に、趙治勲に続く史上二人目のグランドスラム(現行七大タイトルを全て経験)を達成した。8月、碁聖位4連覇中で名誉称号の資格がかかった第35期碁聖戦では初めて挑戦手合に勝ち上がってきた関西棋院の坂井秀至七段に2-3で敗れてしまう。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た林海峰

    張栩(ちょう う、1980年1月20日 - )は、日本棋院所属の囲碁棋士。九段。林海峰名誉天元門下。小林光一名誉三冠は義父にあたる。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た小林泉美 (棋士)

    タイトルが取れなかった4年間は長く感じ、もう永遠にタイトルを取れないのではないかという不安も出ていたと同時に「まぁでも勝負の世界はこんなものかな」と自分ではある程度納得してたが周りの期待を負担に感じることもあった。碁に対して悩んでおり、ひと言では言い尽くせないほど自分の状態もよくなく、碁への情熱も少し失いかけていた。現状を打開するために思い切ったことをしなければと思い、子育てのことや自分の両親のことなども含めて考え、2015年5月に家族で台湾に生活拠点を移す決断をした。妻の小林泉美六段や子どもも一緒であり、小林泉美は日本棋院に休場を申し出た。張自身は対局のあるときは日本で過ごしたので、日本にいる時間のほうが長かったのが、台湾にいる間は違う生活スタイルになった。台湾の棋士とも多数交流し、早碁も沢山打ちその中で自信をつけていった。その結果、やはり碁が好きだということを改めて思った時間になった。他にも、台湾でプロを目指す子どもたちに碁を教えたり、教材を作ったり、自分がやりたかったことができ充実した時間を過ごせた。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た高尾紳路

    2000年、1歳年上のライバルの山下敬吾が七大タイトルの碁聖を21歳で獲得する。それまでタイトル保持者はベテランの棋士や10歳近く年上の先輩と相場が決まっていたのでそこに風穴を空けた山下は張たちにとって衝撃だった。当時は高尾紳路(現九段)・蘇耀国・溝上知親と研究会を行っていたが打倒山下に燃えていた。第25期棋聖戦リーグ・第56期本因坊戦リーグ入り。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た王銘琬

    10歳になる頃には台湾の同世代ではトップとなり、プロ棋士になるための日本行きの話が持ち上がった。当時の台湾囲碁界はまだプロ棋士制度が整備・確立されておらず、囲碁で身を立てるためには日本でプロになるという流れができていた。林海峰・王立誠九段・王銘琬九段に続くと台湾棋界から大きな期待を受け、自身の意志というより行く以外の選択肢が無いという状況になっていった。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た山下敬吾

    10歳半で来日し、林海峰の内弟子となる。この時「日本で絶対にプロにならなければならない」という使命感を背負っていた。しかし日本の院生のレベルの高さ(来日前には台湾のトップ棋士相手に少しハンデを貰えれば勝負になっていた)にも衝撃を受けた。当時の院生にはのちにライバルとなる山下敬吾・溝上知親・秋山次郎・蘇耀国らがいた(4人とも現九段)。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た井山裕太

    2008年8月、第33期碁聖防衛戦で山下敬吾棋聖に1敗のあと3連勝し碁聖位3連覇。10月には第47期十段戦で二十五世本因坊治勲・黄翊祖七段を破り挑戦者となる。11月6日には第33期名人防衛戦で史上最年少の挑戦者井山裕太八段(19)を4-3で降して名人防衛を果たす。15日、第15期阿含・桐山杯決勝で高梨聖健八段に勝利し優勝・3連覇。12月4日、第34期天元戦で3連覇中の河野臨天元に3-0で勝利し初の天元位。8日、第56期王座戦で山下敬吾王座に3-1で勝利し3期ぶり通算4期の王座位。そして史上4人目となる七大タイトル四冠になる。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た小林光一

    張栩(ちょう う、1980年1月20日 - )は、日本棋院所属の囲碁棋士。九段。林海峰名誉天元門下。小林光一名誉三冠は義父にあたる。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た棋聖 (囲碁)

    2000年、1歳年上のライバルの山下敬吾が七大タイトルの碁聖を21歳で獲得する。それまでタイトル保持者はベテランの棋士や10歳近く年上の先輩と相場が決まっていたのでそこに風穴を空けた山下は張たちにとって衝撃だった。当時は高尾紳路(現九段)・蘇耀国・溝上知親と研究会を行っていたが打倒山下に燃えていた。第25期棋聖戦リーグ・第56期本因坊戦リーグ入り。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た内弟子

    10歳半で来日し、林海峰の内弟子となる。この時「日本で絶対にプロにならなければならない」という使命感を背負っていた。しかし日本の院生のレベルの高さ(来日前には台湾のトップ棋士相手に少しハンデを貰えれば勝負になっていた)にも衝撃を受けた。当時の院生にはのちにライバルとなる山下敬吾・溝上知親・秋山次郎・蘇耀国らがいた(4人とも現九段)。張栩 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
81件中 1 - 10件表示

「張栩」のニューストピックワード