前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示
  • 張栩

    張栩から見た坂井秀至

    詰碁作りを趣味としており、扇子の揮毫にもお気に入りの自作の詰碁を用いている。読みの速さ、深さ、正確さが知られており、特に局所的な死活の判断に強い。実利派であるが、柔軟な発想と決断力があり、繊細な戦術をとる。またコウの名手としても知られる。また粘り強く、タイトル戦番勝負に出場した際にストレートで敗退したのは、34度目のタイトル戦第60期王座戦が初めてであった。反面、名誉号が掛かる期には、全て失冠している。5連覇による名誉碁聖の掛かった第35期碁聖戦では、坂井秀至に敗れて獲得ならず。5連覇による名誉王座の掛かった、第60期王座戦では、井山裕太に敗れて獲得に失敗している。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た井山裕太

    2004年に名人位を獲得し、戦後5人目の「名人・本因坊」となる。「名人・本因坊」としては最年少。高尾紳路にいったん名人位を奪われるものの、2007年に奪回。2008年には史上最年少の挑戦者井山裕太を4-3で降して名人防衛を果たし、12月には河野臨を3-0で降して初の天元位、山下敬吾を3-1で降して王座に戴冠。碁聖と合わせ、四冠に輝いた。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た高尾紳路

    2004年に名人位を獲得し、戦後5人目の「名人・本因坊」となる。「名人・本因坊」としては最年少。高尾紳路にいったん名人位を奪われるものの、2007年に奪回。2008年には史上最年少の挑戦者井山裕太を4-3で降して名人防衛を果たし、12月には河野臨を3-0で降して初の天元位、山下敬吾を3-1で降して王座に戴冠。碁聖と合わせ、四冠に輝いた。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た林海峰

    張栩(ちょう う)は、日本棋院所属の囲碁棋士。林海峰名誉天元門下。小林光一は義父に当たる。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た碁聖

    2004年に名人位を獲得し、戦後5人目の「名人・本因坊」となる。「名人・本因坊」としては最年少。高尾紳路にいったん名人位を奪われるものの、2007年に奪回。2008年には史上最年少の挑戦者井山裕太を4-3で降して名人防衛を果たし、12月には河野臨を3-0で降して初の天元位、山下敬吾を3-1で降して王座に戴冠。碁聖と合わせ、四冠に輝いた。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た棋聖 (囲碁)

    翌2009年の4月には3-1で高尾紳路を破り、初の十段位を獲得すると共に、1977年に現行の七大タイトル制になって以降では史上初の五冠を達成した。2009年に井山裕太に1-4で名人位を奪われるが、2010年2月には山下敬吾の持つ棋聖戦に初挑戦し、4-1で奪取。初の棋聖位を獲得すると共に、趙治勲に続く史上二人目のグランドスラム(現行七大タイトルを全て経験)を達成した。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た内弟子

    6才のとき、囲碁塾を経営していた父から碁を学ぶ。10才で来日し、林海峰の内弟子となる。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た小林光一

    張栩(ちょう う)は、日本棋院所属の囲碁棋士。林海峰名誉天元門下。小林光一は義父に当たる。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た趙治勲

    翌2009年の4月には3-1で高尾紳路を破り、初の十段位を獲得すると共に、1977年に現行の七大タイトル制になって以降では史上初の五冠を達成した。2009年に井山裕太に1-4で名人位を奪われるが、2010年2月には山下敬吾の持つ棋聖戦に初挑戦し、4-1で奪取。初の棋聖位を獲得すると共に、趙治勲に続く史上二人目のグランドスラム(現行七大タイトルを全て経験)を達成した。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た平成四天王

    羽根直樹、山下敬吾、高尾紳路らとともに台頭したため「若手四天王」と称されたが、最近では「平成四天王」と呼ばれることが多い。張栩 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示

「張栩」のニューストピックワード