81件中 11 - 20件表示
  • 張栩

    張栩から見た高梨聖健

    2008年8月、第33期碁聖防衛戦で山下敬吾棋聖に1敗のあと3連勝し碁聖位3連覇。10月には第47期十段戦で二十五世本因坊治勲・黄翊祖七段を破り挑戦者となる。11月6日には第33期名人防衛戦で史上最年少の挑戦者井山裕太八段(19)を4-3で降して名人防衛を果たす。15日、第15期阿含・桐山杯決勝で高梨聖健八段に勝利し優勝・3連覇。12月4日、第34期天元戦で3連覇中の河野臨天元に3-0で勝利し初の天元位。8日、第56期王座戦で山下敬吾王座に3-1で勝利し3期ぶり通算4期の王座位。そして史上4人目となる七大タイトル四冠になる。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た王立誠

    10歳になる頃には台湾の同世代ではトップとなり、プロ棋士になるための日本行きの話が持ち上がった。当時の台湾囲碁界はまだプロ棋士制度が整備・確立されておらず、囲碁で身を立てるためには日本でプロになるという流れができていた。林海峰・王立誠九段・王銘琬九段に続くと台湾棋界から大きな期待を受け、自身の意志というより行く以外の選択肢が無いという状況になっていった。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た木谷實

    義祖父:木谷實九段 木谷道場主宰張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た溝上知親

    10歳半で来日し、林海峰の内弟子となる。この時「日本で絶対にプロにならなければならない」という使命感を背負っていた。しかし日本の院生のレベルの高さ(来日前には台湾のトップ棋士相手に少しハンデを貰えれば勝負になっていた)にも衝撃を受けた。当時の院生にはのちにライバルとなる山下敬吾・溝上知親・秋山次郎・蘇耀国らがいた(4人とも現九段)。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た結城聡

    第69期本因坊リーグ最終戦で、結城聡九段との対局の際、対局会場を間違え、不戦敗となった。このことについて、張栩は週刊碁に謝罪文を掲載している。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た小林禮子

    義母:小林禮子元女流名人張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た加藤正夫

    2003年4月7日の本因坊リーグプレーオフでは王銘琬王座に5目半勝ちし2年ぶり2度目の本因坊位挑戦となる。7月11日、加藤剱正本因坊との挑戦手合では1勝2敗のあと3連勝し初の七大タイトルとなる本因坊を獲得した。さらに王座を獲得。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た黄翊祖

    2008年8月、第33期碁聖防衛戦で山下敬吾棋聖に1敗のあと3連勝し碁聖位3連覇。10月には第47期十段戦で二十五世本因坊治勲・黄翊祖七段を破り挑戦者となる。11月6日には第33期名人防衛戦で史上最年少の挑戦者井山裕太八段(19)を4-3で降して名人防衛を果たす。15日、第15期阿含・桐山杯決勝で高梨聖健八段に勝利し優勝・3連覇。12月4日、第34期天元戦で3連覇中の河野臨天元に3-0で勝利し初の天元位。8日、第56期王座戦で山下敬吾王座に3-1で勝利し3期ぶり通算4期の王座位。そして史上4人目となる七大タイトル四冠になる。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た趙治勲

    2010年2月には山下敬吾の持つ棋聖戦に初挑戦し、4-1で奪取。初の棋聖位を獲得すると共に、趙治勲に続く史上二人目のグランドスラム(現行七大タイトルを全て経験)を達成した。8月、碁聖位4連覇中で名誉称号の資格がかかった第35期碁聖戦では初めて挑戦手合に勝ち上がってきた関西棋院の坂井秀至七段に2-3で敗れてしまう。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た秋山次郎

    10歳半で来日し、林海峰の内弟子となる。この時「日本で絶対にプロにならなければならない」という使命感を背負っていた。しかし日本の院生のレベルの高さ(来日前には台湾のトップ棋士相手に少しハンデを貰えれば勝負になっていた)にも衝撃を受けた。当時の院生にはのちにライバルとなる山下敬吾・溝上知親・秋山次郎・蘇耀国らがいた(4人とも現九段)。張栩 フレッシュアイペディアより)

81件中 11 - 20件表示

「張栩」のニューストピックワード