81件中 21 - 30件表示
  • 張栩

    張栩から見た蘇耀国

    10歳半で来日し、林海峰の内弟子となる。この時「日本で絶対にプロにならなければならない」という使命感を背負っていた。しかし日本の院生のレベルの高さ(来日前には台湾のトップ棋士相手に少しハンデを貰えれば勝負になっていた)にも衝撃を受けた。当時の院生にはのちにライバルとなる山下敬吾・溝上知親・秋山次郎・蘇耀国らがいた(4人とも現九段)。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た平成四天王

    羽根直樹、山下敬吾、高尾紳路らとともに台頭したため「若手四天王」と称されたが、最近では「平成四天王」と呼ばれることが多い。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た陳国興

    小学校には生徒の数が少なかったので早めに入学させても構わないだろうと5歳半から入学していた。2年生か3年生の時に1年間休学しその間ずっと碁の勉強をしていた。やがて子供の大会では物足りなくなって十傑戦という台湾全土の大会に出場し7位に入賞した。8歳の頃新聞の特別企画で対局した作家の沈君山の紹介で台湾のプロ棋士・陳国興の弟子となる。そしてこの陳の紹介で林海峰(現・名誉天元)と出会う。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た二十五世本因坊治勲

    2008年8月、第33期碁聖防衛戦で山下敬吾棋聖に1敗のあと3連勝し碁聖位3連覇。10月には第47期十段戦で二十五世本因坊治勲・黄翊祖七段を破り挑戦者となる。11月6日には第33期名人防衛戦で史上最年少の挑戦者井山裕太八段(19)を4-3で降して名人防衛を果たす。15日、第15期阿含・桐山杯決勝で高梨聖健八段に勝利し優勝・3連覇。12月4日、第34期天元戦で3連覇中の河野臨天元に3-0で勝利し初の天元位。8日、第56期王座戦で山下敬吾王座に3-1で勝利し3期ぶり通算4期の王座位。そして史上4人目となる七大タイトル四冠になる。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た羽根直樹

    羽根直樹、山下敬吾、高尾紳路らとともに台頭したため「若手四天王」と称されたが、最近では「平成四天王」と呼ばれることが多い。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た高島俊男

    名前の日本語読みについて中国文学者で囲碁ファンの高島俊男から、「『栩』は日本語の音読みでは『う』ではなく『く』が正しい」という指摘があったが、本人によると、「『チョーク』とからかわれるぞ」と師匠の林海峰が言って『う』にさせたということである。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た河野臨

    2008年8月、第33期碁聖防衛戦で山下敬吾棋聖に1敗のあと3連勝し碁聖位3連覇。10月には第47期十段戦で二十五世本因坊治勲・黄翊祖七段を破り挑戦者となる。11月6日には第33期名人防衛戦で史上最年少の挑戦者井山裕太八段(19)を4-3で降して名人防衛を果たす。15日、第15期阿含・桐山杯決勝で高梨聖健八段に勝利し優勝・3連覇。12月4日、第34期天元戦で3連覇中の河野臨天元に3-0で勝利し初の天元位。8日、第56期王座戦で山下敬吾王座に3-1で勝利し3期ぶり通算4期の王座位。そして史上4人目となる七大タイトル四冠になる。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た中国

    また蘇耀国との出会いも衝撃的だった。中国出身で張と同学年だったがその溢れんばかりの才能に驚かされた。普段はイタズラとケンカばかりしてるヤンチャ坊主なのにいざ碁盤に向かうと非常に才能を感じさせる碁を打った。プロになるまで台湾には帰らないことになっていたので日本に来てから家族にも会っていなかった。両親に心配かけまいと悩みは自分の中だけに抱え込んでいた。そんな13歳の時に母親が経済的に大変なのにも関わらず日本に来てくれた。張が悩んでいることを知ると「囲碁、やめてもいいよ」と言ってくれた。当時アメリカにいた姉と一緒に勉強する道も示してくれた。そのことを林師匠に相談すると台湾の父親に連絡を取り、その1ヶ月後に来日して改めて話し合うことになった。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た碁聖

    2000年、1歳年上のライバルの山下敬吾が七大タイトルの碁聖を21歳で獲得する。それまでタイトル保持者はベテランの棋士や10歳近く年上の先輩と相場が決まっていたのでそこに風穴を空けた山下は張たちにとって衝撃だった。当時は高尾紳路(現九段)・蘇耀国・溝上知親と研究会を行っていたが打倒山下に燃えていた。第25期棋聖戦リーグ・第56期本因坊戦リーグ入り。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た天元戦

    張栩(ちょう う、1980年1月20日 - )は、日本棋院所属の囲碁棋士。九段。林海峰名誉天元門下。小林光一名誉三冠は義父にあたる。張栩 フレッシュアイペディアより)

81件中 21 - 30件表示

「張栩」のニューストピックワード