81件中 41 - 50件表示
  • 張栩

    張栩から見た十段 (囲碁)

    2008年8月、第33期碁聖防衛戦で山下敬吾棋聖に1敗のあと3連勝し碁聖位3連覇。10月には第47期十段戦で二十五世本因坊治勲・黄翊祖七段を破り挑戦者となる。11月6日には第33期名人防衛戦で史上最年少の挑戦者井山裕太八段(19)を4-3で降して名人防衛を果たす。15日、第15期阿含・桐山杯決勝で高梨聖健八段に勝利し優勝・3連覇。12月4日、第34期天元戦で3連覇中の河野臨天元に3-0で勝利し初の天元位。8日、第56期王座戦で山下敬吾王座に3-1で勝利し3期ぶり通算4期の王座位。そして史上4人目となる七大タイトル四冠になる。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見たテレビ囲碁アジア選手権戦

    テレビ囲碁アジア選手権戦 優勝1回 (第17回)張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た日本語

    AクラスとBクラスを行き来きする繰り返しで思うように成績も伸びず、また林海峰の指導方針は「自分で考える」というものだったので、今まで父親や囲碁塾の先生から勉強を指示されて勉強してきた張は何をすべきか分からなくなり大いに戸惑った。さらに日本語が分からない中での緊張感のある生活でどんどん追い込まれていった。当時ともに林の内弟子として暮らしていた林子淵(現・八段)とお互い慰めあっていたがやはり競争相手でもあるため悩みを話すことは出来なかった。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た詰碁

    学校の成績は良かったが、東京中華学校中学部卒業した後は囲碁専念のため進学せず。中学卒業後に一人暮らしを始めて一人の時間が多くなったが、昔はインターネット対局がなかったので実戦ができず棋譜並べもあまり好きではなかったため詰碁作りを初めた。また自分が棋士として存在した証を残したいという思いもあった。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見たマインドスポーツ

    6歳半の時、囲碁塾を経営していた父から碁を学ぶ。あまり経済的に余裕のある家庭ではないにも関わらず父は全てを犠牲にして張の囲碁上達をサポートした。父は張に囲碁を教える前に3歳頃からトランプやチェス、中国将棋など様々な頭脳ゲームを教えた。最初から囲碁を教えるつもりだったがまだ流石に幼かったのでまずは簡単なゲームから「考える力」を身につけさせた。父の指導による勉強量は半端ではなく、普通の子供が1年かけて学ぶようなことを2・3ヶ月でやっていた。囲碁を覚えて1年後には台湾のアマ初段(日本でのアマ三、四段ほど)になり周囲から天才少年と騒がれた。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た新人王戦 (囲碁)

    新人王戦 優勝1回 (第27回)張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た義父

    張栩(ちょう う、1980年1月20日 - )は、日本棋院所属の囲碁棋士。九段。林海峰名誉天元門下。小林光一名誉三冠は義父にあたる。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見たNHK杯テレビ囲碁トーナメント

    NHK杯 優勝4回 (第49・52・55・63期)張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見たコウ

    詰碁作りを趣味としており、扇子の揮毫にもお気に入りの自作の詰碁を用いている。読みの速さ、深さ、正確さが知られており、特に局所的な死活の判断に滅法強い。実利派であるが、柔軟な発想と決断力があり、繊細な戦術をとる。またコウの名手としても知られる。張栩 フレッシュアイペディアより)

  • 張栩

    張栩から見た阿含・桐山杯全日本早碁オープン戦

    阿含・桐山杯 優勝4回 (第13〜15、19期)張栩 フレッシュアイペディアより)

81件中 41 - 50件表示

「張栩」のニューストピックワード