前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
328件中 1 - 10件表示
  • アメリカ合衆国の犯罪と治安

    アメリカ合衆国の犯罪と治安から見た強盗強盗

    アメリカ合衆国の暴力犯罪の1976年?2011年の統計を見てみると強盗の認知件数は、1977年の減少を除き、1981年まで増加していたが1981年?1984年まで減少し、最も多かった1991年まで1987年を除き増加していった。しかし、その年を境に2001年を除き減少していった。そして、2004年から2006年まで増加したが、2006年から減少している。アメリカ合衆国の犯罪と治安 フレッシュアイペディアより)

  • 暴力団

    暴力団から見た強盗強盗

    暴力団(ぼうりょくだん)とは、組織された構成員達が暴力、脅迫、強要、強盗、テロ、詐欺などの不当、不法行為を用いて、他人の金品、財産を奪ったり、利益の供与を強いるなど、私的(組織的)な目的を達成しようと、日本を中心に活動する“反社会的で犯罪を助長する集団”として、各地方公安委員会に暴力団と指定された団体である。暴力団の構成員を主に「組員、構成員、暴力団員」などと称され、映画の影響で世界的にも『YAKUZA(ヤクザ)』として知られている。政治団体(いわゆる右翼団体)や合法的な企業(いわゆる企業舎弟)などを傘下に組織することがある。暴力団 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た強盗強盗

    石川県金沢市の北國銀行押野支店で強盗事件発生。犯人は現金約1900万円を奪い逃走。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 関東朝鮮人強盗団事件

    関東朝鮮人強盗団事件から見た強盗強盗

    関東朝鮮人強盗団事件(かんとうちょうせんじんごうとうだんじけん)とは、第二次世界大戦終戦直後より関東地方を股に掛けた朝鮮人強盗団による連続強盗事件である。その内1件は強盗殺人も犯していた。関東朝鮮人強盗団事件 フレッシュアイペディアより)

  • 武装すり団

    武装すり団から見た強盗強盗

    「武装すり団」という用語については、実態は強盗団ではないかという意見は多い。実際、武器を用意している時点で刑法237条の定める強盗予備罪が成立する。また、たとえ強奪時に凶器を使用しなくても、犯行が露見し、逮捕されないために武器を使用すれば、同238条事後強盗罪が成立する。また「強盗」ではなく「すり」という言葉を使うことによって、凶悪なニュアンスを薄めようとしているのではないかという声もある。武装すり団 フレッシュアイペディアより)

  • 死罪 (律令法)

    死罪 (律令法)から見た強盗強盗

    古代の日本においては「ころすつみ」・「しぬるつみ」という言葉が存在する。これは今日の殺人罪ではなく、死をもって以外に浄化出来ない行いを指していると考えられている。中国の正史である『隋書』倭国伝には、殺人・強盗・強姦は全て死(罪)に処せられたことが記され、また『日本書紀』にも斬(斬首刑)・絞(絞首刑)・焚(焚刑)の3種が存在していた事が記されている。死罪 (律令法) フレッシュアイペディアより)

  • 賊盗律

    賊盗律から見た強盗強盗

    賊盗律(ぞくとうりつ)は律の篇目の1つ。謀反や殺人など国家秩序に対する犯罪である「賊」と強盗・人身売買など官民の財物及び人身を侵奪する犯罪である「盗」に関する犯罪と罰則を規定する。日本の養老律では、全12篇中第7篇に位置しており、全53条。賊盗律 フレッシュアイペディアより)

  • 殺人罪

    殺人罪から見た強盗強盗

    強盗や強姦、放火等の重罪を伴う殺人は、単純な殺人よりも加重されることがある。例えば、日本では強盗犯人が殺人を犯した場合、殺人罪(刑法199条)ではなく、強盗殺人罪(刑法240条)が成立する。また、殺人の故意がない場合も、各種の結果的加重犯の規定が存在し、死亡という事実によって刑が加重される。コモン・ローにおいては、重罪の実行行為中に人を殺した場合、故意の有無にかかわらず、全て謀殺罪(Murder)の問題となる。殺人罪 フレッシュアイペディアより)

  • 火付盗賊改方

    火付盗賊改方から見た強盗強盗

    火付盗賊改方(ひつけとうぞくあらためかた)は、江戸時代に主に重罪である火付け(放火)、盗賊(押し込み強盗団)、賭博を取り締まった役職。本来、臨時の役職で幕府常備軍である御先手組頭、持組頭などから選ばれた。時代劇などでは、「火盗改」(かとうあらため)、或いは「火盗」(かとう)と略して呼ばれることがある。火付盗賊改方 フレッシュアイペディアより)

  • グッド・バッド・ウィアード

    グッド・バッド・ウィアードから見た強盗強盗

    金の為なら誰でも殺る懸賞金狩人(マネーハンター、賞金稼ぎ)のパク・トウォン、人の上に立たなければ気が済まないプライド高き馬賊団の首領パク・チャンイ、踏みにじられても反発する雑草のような生命力を持った列車強盗犯のユン・テグ、彼らは互いの正体を知らぬまま地図を追い求め大陸を駆け回る。さらに、地図の正体の推測が交錯する中、大日本帝国陸軍と、大日本帝国軍による大陸横断列車の建設予定地だとして追う朝鮮独立軍や、三国派の馬賊団まで地図を手中に収めようと大混戦になる。果たして最後の勝者は誰になるのか。グッド・バッド・ウィアード フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
328件中 1 - 10件表示

「強盗事件」のニューストピックワード