328件中 41 - 50件表示
  • 極道会

    極道会から見た強盗強盗

    強盗団の首領。名前から中国人と推測される。秋葉原署管内で銀行強盗事件を起こすが、パトカーに追跡され部下の運転する自動車で逃走する。追跡を振り切ろうとしたところ運転を誤り、万世橋交差点で信号機に衝突し自動車が大破。部下が発砲して時間稼ぎをしている間に仲間に連絡し、追跡の足止めを図る。途中、商店街前で停車中の二輪車を強奪し尚も逃走するが立体駐車場に追い詰められ、バイクに乗りながら警察官に対し発砲、日本刀による斬りつけを繰り返すが応戦により逮捕される。極道会 フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・ラステリ

    フィリップ・ラステリから見た強盗強盗

    ラステリはブルックリン区に居を構え、麻薬密売と高利貸しを稼業にしていた。ラステリは彼の妻コニーにまとわりついていた前夫をビルから突き落として殺害した。また、コニーはラステリが強盗を働いたあと逃走用の車を運転する役目を請け負い、そして、彼女は、ラステリの多くの愛人達を嫌い、妊娠した女達には中絶させていたと言われている。フィリップ・ラステリ フレッシュアイペディアより)

  • 老人会

    老人会から見た強盗強盗

    また孤独死など高齢者にありがちなトラブルの抑止として相互連絡会として機能したり、また高齢者宅を狙う窃盗・強盗・悪徳商法(悪質リフォーム/リフォーム詐欺・催眠商法・次々商法など)の防犯情報の提供といった活動も見られる。老人会 フレッシュアイペディアより)

  • 亀戸警察官電殺事件

    亀戸警察官電殺事件から見た強盗強盗

    亀戸警察官電殺事件(かめいどけいさつかんでんさつじけん)は、大正時代に発生した強盗犯を検挙しようとして出動した警察官が、犯人の仕掛けた罠にかかり感電死した強盗殺人事件。亀戸警察官電殺事件 フレッシュアイペディアより)

  • 東京・柳島自転車商一家殺人事件

    東京・柳島自転車商一家殺人事件から見た強盗強盗

    東京・柳島自転車商一家殺人事件(とうきょう・やなぎしまじてんしゃしょういっかさつじんじけん)は、1915年(大正4年)3月30日に発生した強盗殺人事件。犯人は15歳の少年だったが、警察は事件とは無関係な人物を起訴し冤罪事件を生じさせ、少年を検挙できなかったために更なる犠牲者を出すに至った。東京・柳島自転車商一家殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 窃盗罪

    窃盗罪から見た強盗強盗

    「窃盗」とは国語辞典などにおいては「密かに盗む」という意味であるという説明がなされるのは通常である。しかし、そうすると公然と盗む場合(例えばひったくり)は含まれないことになる。このことから中国では別の罪が設けられていたが、日本では伝統的にひったくり等も窃盗に含められている。「窃」には「ひそかに」だけでなく「ぬすむ」という意味もあるとして説明するものもある。明治時代に立法された現行刑法においては、条文において「窃取」という文言が用いられており、これは他人が占有する財物を占有者の意思に反し自己又は第三者の占有に移転させる行為をいうものと解されている。したがって占有移転行為が他人に気付かれることなく行われる必要ではなく、公然と行われてもよい。ただし、「ひったくり」は暴行の程度によっては窃盗ではなく強盗となる。窃盗罪 フレッシュアイペディアより)

  • 金比羅丸事件

    金比羅丸事件から見た強盗強盗

    金比羅丸事件(こんぴらまるじけん)は、広島県の鞆の浦沖合いで発生した強盗放火殺人事件。金比羅丸事件 フレッシュアイペディアより)

  • 社名表示灯

    社名表示灯から見た強盗強盗

    昭和20年代、タクシー強盗が横行した頃に、乗務員を強盗から守るため、赤く点滅する「防犯灯」が取り付けられたのが始まりである。当初は単に電球をカバーで覆っただけのものであった。社名表示灯 フレッシュアイペディアより)

  • 日光中宮祠事件

    日光中宮祠事件から見た強盗強盗

    日光中宮祠事件(にっこうちゅうぐうしじけん)とは1946年(昭和21年)に発生した強盗放火事件である。当初警察は一家心中として処理したが、9年後に真相が明らかになった。なお事件名はこの事件を元に松本清張が執筆した小説及びテレビドラマの題名であり、現在ではこちらの事件名で呼ばれることが多い。日光中宮祠事件 フレッシュアイペディアより)

  • 事件

    事件から見た強盗強盗

    殺人被疑事件、強盗被疑事件など事件 フレッシュアイペディアより)

328件中 41 - 50件表示

「強盗事件」のニューストピックワード