368件中 61 - 70件表示
  • タイ王国国境警備警察

    タイ王国国境警備警察から見た強盗強盗

    1952年、準軍事志願防衛部隊として村落スカウトを組織。この組織は、当時、近隣国の国境侵犯、強盗、反乱で悪化した地方の治安維持のために組織化された。村落の法と秩序を保ち、緊急事態、自然災害等からか住民や財産を守ることを任務とした。スカウト部隊の隊員は国境警備警察隊員によって訓練を受ける。1980年のピーク時には5万2千人、1980年代後期には、隊員はおよそ3万3千人の隊員がいた。タイ王国国境警備警察 フレッシュアイペディアより)

  • 極道会

    極道会から見た強盗強盗

    強盗団の首領。秋葉原署管内で銀行強盗事件を起こすが、パトカーに追跡され部下の運転する自動車で逃走する。追跡を振り切ろうとしたところ運転を誤り、万世橋交差点で信号機に衝突し自動車が大破。部下が発砲して時間稼ぎをしている間に仲間に連絡し、追跡の足止めを図る。途中、商店街前で停車中の二輪車を強奪し尚も逃走するが立体駐車場に追い詰められ、バイクに乗りながら警察官に対し発砲、日本刀による斬りつけを繰り返すが応戦により逮捕される。極道会 フレッシュアイペディアより)

  • 強盗騎士

    強盗騎士から見た強盗強盗

    強盗騎士(ごうとうきし、)または盗賊騎士とは、中世ヨーロッパにおいて騎士の身分を持ちながら強盗や盗賊を行っていた者達である。強盗騎士 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田岩窟王事件

    吉田岩窟王事件から見た強盗強盗

    吉田岩窟王事件(よしだがんくつおうじけん)は、大正時代に発生した強盗殺人事件。事件は名古屋の小売商が殺されたものであったが、殺人事件そのものよりも、被疑者の虚偽の供述から主犯とされた吉田石松が冤罪を訴え、事件発生から半世紀後に再審で無罪を勝ち取った事件として言及されることが多く、この冤罪事件を指し示すことが一般的である。冤罪事件としては、日本弁護士連合会が支援していた。吉田岩窟王事件 フレッシュアイペディアより)

  • 荒野より (小説)

    荒野より (小説)から見た強盗強盗

    しかし、梓はタクシーのナンバーを石で道路に書き留めていたので、ほどなく強盗男は逮捕された。その後、仮出獄した男は、「三島に会いたい」と新居に再びやって来て、梓が「国に帰って気分転換でもしたらどうか」と諭すと、「旅費が工面できないので…」と言い出し、そのうち、密かに通報しておいたパトカーに連れて行かれたという。荒野より (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 死罪 (江戸時代)

    死罪 (江戸時代)から見た強盗強盗

    盗賊(強盗)、追い剥ぎ、詐欺などの犯罪に科された刑罰である。強盗ではなく窃盗の場合でも、十両盗めば死罪と公事方御定書には規定されている。また、十両以下の窃盗でも累犯で窃盗の前科が2度ある場合、3度目には金額に関わらず自動的に死罪となった。しかし、窃盗でも昼間のスリと空き巣は、被害者自身が物の管理が出来ていなかったことを理由に、死罪が適用されなかった。死罪 (江戸時代) フレッシュアイペディアより)

  • ニュートン (マサチューセッツ州)

    ニュートン (マサチューセッツ州)から見た強盗強盗

    ニュートンは治安の良さで特に有名である。モーガン・クイットノー社の「全米の安全な都市」ランキングでは、同市は2004年、2005年と2年連続で全米ベスト1に選ばれた。このランキングは全米の人口75,000人以上の都市を対象に、殺人・強姦・強盗・傷害・夜盗・自動車窃盗の6犯罪の発生率を基にして集計されたものである。毎年、ニュートンとニューヨーク州アマースト市(バッファロー郊外)のどちらが1位になるのかが注目されている。ニュートン (マサチューセッツ州) フレッシュアイペディアより)

  • 國語元年

    國語元年から見た強盗強盗

    会津出身。もとは南郷家に押し込みにきた強盗だった。全国統一話し言葉を作ることには賛成だが、物事の本質をついた様々な反対意見を述べる。南郷家離散後、自由党に参加。1882年に起こった福島事件にて行方不明になる。なお、ドラマ版では(出身地が東京以外の人物の中では)彼のみが役柄と演じる俳優の出身地が一致している。國語元年 フレッシュアイペディアより)

  • 日本左衛門

    日本左衛門から見た強盗強盗

    日本 左衛門(にっぽん ざえもん、享保4年(1719年) - 延享4年3月11日(1747年4月20日))は、江戸時代中期の浪人の異名。本名は濱島 庄兵衛と言い、諸国を荒らした盗賊(強盗団)の一味で、後に自首して獄門となった。歌舞伎の白波五人男の一人である日本駄右衛門のモデル。日本左衛門 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹市強盗殺人事件

    大竹市強盗殺人事件から見た強盗強盗

    大竹市強盗殺人事件(おおたけしごうとうさつじんじけん)とは、1963年(昭和38年)12月16日に広島県大竹市で起こった強盗殺人事件。犯人の梅川昭美(当時15歳)はこの16年後(1979年(昭和54年)1月26日)に三菱銀行人質事件を起こし、大阪府警察特殊部隊に射殺された。大竹市強盗殺人事件 フレッシュアイペディアより)

368件中 61 - 70件表示

「強盗事件」のニューストピックワード