368件中 71 - 80件表示
  • 四国連続強盗殺人事件

    四国連続強盗殺人事件から見た強盗強盗

    四国連続強盗殺人事件(しこくれんぞくごうとうさつじんじけん)とは、1963年(昭和38年)に発生した連続大量殺人事件。犯人は強盗で服役し出所後、四国各地で強盗殺人をしながら逃走したものであった。四国連続強盗殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池貫平

    菊池貫平から見た強盗強盗

    一行は軍隊、憲兵隊の出撃を受けて困民党の本部が瓦解すると有志を再編して信州に転戦し、高利貸業者などを打ちこわししたが、高崎鎮台兵の攻撃に潰滅し、参加者は各地に離散した。欠席裁判で死刑を言い渡された後、1886年(明治19年)12月4日に山梨県甲府市で「小島和三郎」の変名で強盗の教唆を行ったため捕らえられて収監されたが、大日本帝国憲法発布の大赦で無期懲役となり、釧路集治鑑に送られた。日露戦争後の恩赦で1905年に出獄した。菊池貫平 フレッシュアイペディアより)

  • コドモ警視

    コドモ警視から見た強盗強盗

    校長室に強盗が入り、給食費を盗んでいったと聖四郎や今野に説明する。金庫を開けると爆弾が爆発するというメモが残されていた。コドモ警視 フレッシュアイペディアより)

  • 夜の終る時

    夜の終る時から見た強盗強盗

    宮坂(元強盗犯で千枝の元夫) - 平井賢治夜の終る時 フレッシュアイペディアより)

  • グラム・アザム

    グラム・アザムから見た強盗強盗

    1969年から2010年まで同党をリーダーとして率いて、1971年バングラデシュ独立戦争の時、人道に対する殺人・強盗・強姦・集団虐殺を犯した。2013年、禁錮90年の判決を下された。翌2014年、脳梗塞によって死去した。グラム・アザム フレッシュアイペディアより)

  • ベレッタM8000

    ベレッタM8000から見た強盗強盗

    第17話「未完成ラブロマンスの真相 ANGELS` SHARE」にて、強盗の1人が使用。ベレッタM8000 フレッシュアイペディアより)

  • カール・パンズラム

    カール・パンズラムから見た強盗強盗

    成人後も窃盗・強盗や放火、強姦でたびたび逮捕・投獄され、反抗的だったパンズラムは殴打や放水の虐待を受け、脱獄も繰り返した。1918年に14年の懲役を残したまま脱獄して以降、偽名を使って南北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカを転々とした。このころ偶然にも先のタフト邸に押し入って宝石類や公債を盗んでおり、このとき持ち出した拳銃は後の殺人に用いられた。カール・パンズラム フレッシュアイペディアより)

  • 明法道

    明法道から見た強盗強盗

    だが、平安時代中期に入ると、文章生の学科である紀伝道が他の学科を圧倒するようになり、明法道は紀伝道・明法道よりも下位に置かれるようになって一時的に衰退の時期を迎えるようになる。もっとも、律令制が衰微したこの時代においても最低限の社会秩序の維持は模索されたことから、治安・司法分野においては法律の専門家である明法家に対する需要は存在し続け、以後も明法道から刑部省や弾正台、検非違使などの官人が送り込まれることとなった。更に、道挙や道年挙によって在学生の下級官吏への登用も行われるようになった。また、10世紀に入ると次第に刑部省の地位が低下するようになり、強窃二盗(強盗・窃盗)と私鋳銭に関する裁判権は検非違使に、その他の犯罪に関する裁判権は太政官に移されることになった。特に太政官においては五位以上の官人から犯罪者が出た場合にこれを処分する「罪名定」と呼ばれる陣定が行われた。その際、天皇もしくは摂関以下の公卿から当該事件に適用すべき罪名(犯罪の名称とそれに対応する刑罰)に関する諮問が明法博士ら明法家に対して行われ、これに対して明法家は明法勘文の提示を行った。その一方で、摂関政治や検非違使、名体制など現行の律令制度から乖離した政治システムが形成されながら、新規の法体系を形成するだけの政治力を喪失しつつあったこの時代において、明法家がそれを律令的に合法に導く法的解釈を行う事も期待されていた。また、この時期の明法家の活動として知られているものに「法家問答」と呼ばれるものがある。法家(ほうけ)と呼ばれた明法家が官人・庶民から出された公私に関する法律問題に関する質問に対して回答・助言を与えるものである。明法問答の存在が確認できる最古のものは、長徳3年(998年)に女性から検非違使に出された解(「長徳三年五月二十日内蔵貴子解・『平安遺文』371号)に明法家の証明書(法家明判)が添えられている。本来、こうした訴訟に文書を提出するのは刀禰の役割であったが、この訴訟は女性と刀禰の間の訴訟であったために、相談を受けた法家が代行したものであったと考えられている。訴訟に際して明法家に相談・判断を仰ぐことは、11世紀以後幅広くみられる現象となる。惟宗允亮が『政事要略』を編纂した(長保4年(1002年)頃)のは、そうした時期であった。明法道 フレッシュアイペディアより)

  • シン・チャンウォン事件

    シン・チャンウォン事件から見た強盗強盗

    再び検挙されたシンは、強盗、強姦など15の罪で死刑を求刑されたが、判決では本来の無期懲役に22年6ヶ月の懲役を追加され現在、慶尚北道の青松第2刑務所に収監されている。刑務所では中学課程の認定試験に合格したばかりか2004年4月に高校入学認定試験に優秀な成績で合格し、同年8月には高卒認定試験まで合格した。その後は模範囚として服役している。シンは「(認定試験合格を)機に、相談心理学を勉強して学士号も取得したい」と話している。シン・チャンウォン事件 フレッシュアイペディアより)

  • 桃井春蔵

    桃井春蔵から見た強盗強盗

    晩年は神に仕える穏やかな生活を送ったが、刃物で襲いかかってきた強盗3人を大和川に投げ込んだり、狩猟中に誤って応神天皇陵に発砲した大阪府知事の胸ぐらをつかんで怒鳴りつけるなど、豪快な逸話も残している。1884年(明治17年)11月、大阪府御用掛剣道指南方に任ぜられたが、1885年(明治18年)、コレラで死去した。享年61。桃井春蔵 フレッシュアイペディアより)

368件中 71 - 80件表示

「強盗事件」のニューストピックワード