328件中 81 - 90件表示
  • 首提灯

    首提灯から見た強盗強盗

    江戸の夜は暗い。そんな闇の中を一人で歩いていると、「新刀の試し斬り」だか「斬りとり強盗」だかの辻斬りに遭うことがあるかも知れない……首提灯 フレッシュアイペディアより)

  • サム・バス

    サム・バスから見た強盗強盗

    サム・バス(,1851年7月21日 - 1878年7月21日)は、アメリカ合衆国インディアナ州出身の西部開拓時代の列車強盗で名高い強盗団首領である。サム・バス フレッシュアイペディアより)

  • 中京私設警察事件

    中京私設警察事件から見た強盗強盗

    1946年8月15日、在日本朝鮮人連盟中京支部から愛知県警察部千種警察署に、愛知県下で発生した強盗事件の「犯人」を引き渡すと連絡があり、朝鮮人連盟のメンバーが一人の男と取調書を携えて千種署にやってきた。中京私設警察事件 フレッシュアイペディアより)

  • カール・パンズラム

    カール・パンズラムから見た強盗強盗

    成人後も窃盗・強盗や放火、強姦でたびたび逮捕・投獄され、反抗的だったパンズラムは殴打や放水の虐待を受け、脱獄も繰り返した。1918年に14年の懲役を残したまま脱獄して以降、偽名を使って南北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカを転々とした。このころ偶然にも先のタフト邸に押し入って宝石類や公債を盗んでおり、このとき持ち出した拳銃は後の殺人に用いられた。カール・パンズラム フレッシュアイペディアより)

  • モデルガン

    モデルガンから見た強盗強盗

    日本におけるモデルガンの歴史は、法による規制の歴史と言い換えることができる。モデルガンは本来「玩具」に分類されるものであって、法で定める「銃」には該当しないが、実銃に見せかけて強盗などに使用したり、弾丸を発射できるように改造するなどの悪用事例が多発したことにより、特に金属製のものについては過去2回にわたって銃刀法による規制を受けている。モデルガン フレッシュアイペディアより)

  • ボニー・サマーヴィル

    ボニー・サマーヴィルから見た強盗強盗

    2008年10月18日深夜、友人と参加したパーティーの帰り道、強盗被害に遭い、友人が発砲され負傷するという事件に巻き込まれた。ボニー・サマーヴィル フレッシュアイペディアより)

  • ナイラ証言

    ナイラ証言から見た強盗強盗

    クウェートのイラク占領当局による国際法を尽く踏みにじる行為や、クウェート政府を通じて我々に提供される確固たる情報を踏まえ、我々は史上類を見ない出来事、すなわちクウェートを荒らし略奪するべく仕掛けられた、イラク占領当局の作戦に注意を引くことを願います。この作戦は実際に、家屋や工場、店舗や病院、学校や大学といった教育機関のみならず、国家や自治体、民間機関や個人の所有する財産を含む、クウェート国内の資産を完全に奪い去るものでしかない以上、似たような如何なる出来事と比較したり、正確に説明することは不可能です。クウェートで起こっている事は、その目的に向けた国家による強盗に他なりません。ナイラ証言 フレッシュアイペディアより)

  • 脅迫

    脅迫から見た強盗強盗

    刑法における脅迫とは「害悪の告知」をいう。脅迫罪(刑法222条)の成立が問題になる場合の他、強盗や強姦の手段として脅迫が行われた場合、強盗罪や強姦罪の成立が問題になる等、多くの犯罪類型において、行為態様のひとつとして規定されている。それらの犯罪における「脅迫」の程度やその態様は、犯罪類型ごとに内容が異なる。脅迫 フレッシュアイペディアより)

  • 明法道

    明法道から見た強盗強盗

    だが、平安時代中期に入ると、文章生の学科である紀伝道が他の学科を圧倒するようになり、明法道は紀伝道・明法道よりも下位に置かれるようになって一時的に衰退の時期を迎えるようになる。もっとも、律令制が衰微したこの時代においても最低限の社会秩序の維持は模索されたことから、治安・司法分野においては法律の専門家である明法家に対する需要は存在し続け、以後も明法道から刑部省や弾正台、検非違使などの官人が送り込まれることとなった。更に、道挙や道年挙によって在学生の下級官吏への登用も行われるようになった。また、10世紀に入ると次第に刑部省の地位が低下するようになり、強窃二盗(強盗・窃盗)と私鋳銭に関する裁判権は検非違使に、その他の犯罪に関する裁判権は太政官に移されることになった。特に太政官においては五位以上の官人から犯罪者が出た場合にこれを処分する「罪名定」と呼ばれる陣定が行われた。その際、天皇もしくは摂関以下の公卿から当該事件に適用すべき罪名(犯罪の名称とそれに対応する刑罰)に関する諮問が明法博士ら明法家に対して行われ、これに対して明法家は明法勘文の提示を行った。その一方で、摂関政治や検非違使、名体制など現行の律令制度から乖離した政治システムが形成されながら、新規の法体系を形成するだけの政治力を喪失しつつあったこの時代において、明法家がそれを律令的に合法に導く法的解釈を行う事も期待されていた。また、この時期の明法家の活動として知られているものに「法家問答」と呼ばれるものがある。法家(ほうけ)と呼ばれた明法家が官人・庶民から出された公私に関する法律問題に関する質問に対して回答・助言を与えるものである。明法問答の存在が確認できる最古のものは、長徳3年(998年)に女性から検非違使に出された解(「長徳三年五月二十日内蔵貴子解・『平安遺文』371号)に明法家の証明書(法家明判)が添えられている。本来、こうした訴訟に文書を提出するのは刀禰の役割であったが、この訴訟は女性と刀禰の間の訴訟であったために、相談を受けた法家が代行したものであったと考えられている。訴訟に際して明法家に相談・判断を仰ぐことは、11世紀以後幅広くみられる現象となる。惟宗允亮が『政事要略』を編纂した(長保4年(1002年)頃)のは、そうした時期であった。明法道 フレッシュアイペディアより)

  • 自検断

    自検断から見た強盗強盗

    検断とは、統治すること・裁判することを意味する用語であり、中世日本では治安行政と刑事司法、さらに軍事までもが未分化だったため、領地・村落内の内政、外交を行い、統治することが裁判を行うことと密接につながっていた(日葡辞書によると、検断は統治・裁判を行う役職、とある)。こうした検断に関する事案を当時の用語で「検断沙汰」というが、検断沙汰には、殺人・傷害事件、窃盗・強盗事件、また謀叛など、治安を脅かす罪科に対する訴訟・裁判が含まれていた。自検断 フレッシュアイペディアより)

328件中 81 - 90件表示

「強盗事件」のニューストピックワード