368件中 81 - 90件表示
  • モデルガン

    モデルガンから見た強盗強盗

    日本におけるモデルガンの歴史は、法による規制の歴史と言い換えることができる。モデルガンは本来「玩具」に分類されるものであって、法で定める「銃」には該当しないが、実銃に見せかけて強盗などに使用したり、弾丸を発射できるように改造するなどの悪用事例が多発したことにより、特に金属製のものについては過去2回にわたって銃刀法による規制を受けている。モデルガン フレッシュアイペディアより)

  • ツーリストトラップ

    ツーリストトラップから見た強盗強盗

    詐欺などの事例としては、出入国審査や税関あるいは市中における警察官といった公務員による賄賂の要求、タクシー・飲食店・土産屋などでのぼったくり、偽物(コピー商品)の斡旋・押し売り、ひったくり・強盗・強姦といった犯罪などが上げられ、総じて途上国に多くみられる。ツーリストトラップ フレッシュアイペディアより)

  • タンクタンクロー

    タンクタンクローから見た強盗強盗

    タンクローは当初は強盗や相撲取りなど乱暴者を相手にしていた。その後、海の向こうからいきなり日本に攻めてきた怪人・黒カブトを倒すために大活躍する。この黒カブトの造形が1977年のSF映画『スター・ウォーズ・シリーズ』に登場する悪役キャラクターのダース・ベイダーに似ていることでもSFファンの間で知られる。タンクタンクロー フレッシュアイペディアより)

  • スコット・トゥロー

    スコット・トゥローから見た強盗強盗

    二つ目に、強盗殺人事件ではあったが、当初は殺害の意図はなく、結果的に偶発的殺人におよんだ死刑囚クリス・トーマス (Christopher Thomas) の弁護人を1996年に受任している。犯行のタイミング、あるいは殺意を持ち続けたうえでの犯行と衝動的殺人との間に量刑の不均衡があると感じ、死刑を適用する基準に疑問を持ったからであった。この事件の受任中にトゥローは、人種・性別による量刑の不均衡や、事件によっては司法処理上の本質的ではない偶発的条件によって量刑が左右される現実を認識するに至った。死刑確定判決後、トゥローら弁護人は非常救済手段のための請願などで再審を働きかけた結果、レーク郡巡回裁判所は1999年12月、検察官がトーマスに不利となる証言を強制してトーマスの権利を侵害したと認定。トーマスの死刑判決を覆して、懲役100年に減刑する判決となった。受刑態度によってトーマスは、71歳で釈放される可能性がある。スコット・トゥロー フレッシュアイペディアより)

  • エターナルファンタジー

    エターナルファンタジーから見た強盗強盗

    スコッティ盗賊団のリーダー。強盗や殺人なども行う、根っからの悪人。エターナルファンタジー フレッシュアイペディアより)

  • ひのまる劇場

    ひのまる劇場から見た強盗強盗

    いきなり通行人にじゃんけんを仕掛け、勝つと金品を強奪し、負けると悔しがって相手に暴行を加える強盗。かつて白智と争った全日本じゃんけん愛好会の元会長。ひのまる劇場 フレッシュアイペディアより)

  • フランク・モリス

    フランク・モリスから見た強盗強盗

    ワシントンD.C.で生まれたモリスは、幼い頃から里親に育てられる。13歳の頃に犯罪に手を染め、10代の後半に麻薬所持や強盗の罪などで逮捕される。フランク・モリス フレッシュアイペディアより)

  • デイトン (オハイオ州)

    デイトン (オハイオ州)から見た強盗強盗

    中西部の多くの他都市同様、製造業を中心としたデイトンは1960年代を境に凋落し、治安が悪化、犯罪が増加した。近年では犯罪率は低下傾向にはあるものの、依然として高い水準である。連邦捜査局(FBI)の2005年のデータによると、デイトンにおける殺人・強姦・強盗・夜盗・自動車窃盗の発生率は全米平均の2倍以上である。2005年のモーガン・クイットノー社の調査では、デイトンは全米で17番目に危険な都市であると報じられた。過去のモーガン・クイットノー社の調査においてもデイトンはワースト25の常連で、2003年には過去最悪のワースト7位であった。オハイオ州の都市の中でもデイトンの犯罪率はクリーブランドよりは低いものの、シンシナティとほぼ並ぶ水準で、トレドよりやや高く、コロンバスよりかなり高い。デイトン (オハイオ州) フレッシュアイペディアより)

  • 横山たかし・ひろし

    横山たかし・ひろしから見た強盗強盗

    この間、たかしは昏睡強盗の被害に遭っている。横山たかし・ひろし フレッシュアイペディアより)

  • センゾ・メイワ

    センゾ・メイワから見た強盗強盗

    アヤックス・ケープタウン戦の翌日(10月26日)、ヨハネスブルグ近郊のヴォスルーラスにある恋人の家を訪れていた時に悲劇は起きた。現地時間20時頃、住宅に突如3人組の男が押し入り、うち2人が家の中に入って携帯電話を要求。メイワが拒否すると、男はいきなり発砲したという。男は強盗目的で押し入ったと言われている。病院に運ばれたが、既に即死の状態だった。まだ27歳の若さだった。高い人気を誇り、また将来を非常に期待されていただけに国内外から彼を惜しむ声が続々と挙がっている。また、11月1日に予定されていたカイザー・チーフスFCとの一戦(南アフリカ共和国では、ソウェト・ダービーと呼ばれている)は延期となった。センゾ・メイワ フレッシュアイペディアより)

368件中 81 - 90件表示

「強盗事件」のニューストピックワード