前へ 1 2
15件中 1 - 10件表示
  • 待機児童

    待機児童から見た保育所

    待機児童(たいきじどう)とは、保育に欠けるため、保育所入所申請をしているにもかかわらず、希望する保育所が満員である等の理由で保育所に入所できない状態にある児童をいう。待機児童 フレッシュアイペディアより)

  • 待機児童

    待機児童から見た育児休業

    男女雇用機会均等法の浸透、育児休業取得などによる結婚・出産時の離職の減少などにより、出産後も働く女性が長期的に増加し、共働き世帯が1997年以降専業主婦世帯を上回る状況が背景にある。共働き世帯の増加には、不安定雇用の増大、賃金水準の低下、教育費の高騰、住宅ローンなども影響していると思われる。待機児童 フレッシュアイペディアより)

  • 待機児童

    待機児童から見た日本共産党

    2005年12月 東京都新宿区立新宿第一保育園の廃園が、公明党・自民党・民主党などの賛成で区議会で可決された。共産党は新宿区内には0歳児94人、1歳児31人の待機児童がいるので存続すべきとして廃園に反対した。待機児童 フレッシュアイペディアより)

  • 待機児童

    待機児童から見た男女共同参画社会

    しかし、従来の保育所は3歳児以後の入所が中心となっており、出産休暇後の0歳児保育や育児休業後の1歳児保育に対応する事は難しかった。そして、第2次ベビーブーム児の卒園とその後の少子化により保育所定員は1981年をピークに減少、保育所数も1985年をピークに減少しており、男女共同参画社会の実現や、育児世代の女性を労働人口化するという政策とのミスマッチが生じていた。待機児童 フレッシュアイペディアより)

  • 待機児童

    待機児童から見た認可外保育施設

    厚生労働省の統計では2003年度から他に入所可能な保育所があるにも関わらず第1希望の保育所に入所するために待機している児童や地方単独保育事業を利用しながら待機している児童は待機児童から除かれている。なお、地方自治体による統計では2003年以前から地方単独保育事業を利用する待機児童は待機児童数から除外していた場合もある。したがって、潜在的な待機児童は、公表されている統計よりも多いことが推測される。待機児童 フレッシュアイペディアより)

  • 待機児童

    待機児童から見た使用貸借

    認可保育所の定員は、保育所最低基準に基づき保育室の床面積によって決定される。床面積は敷地・建蔽率・容積率の広さで決まる為、増床するには広い敷地を確保するか、建蔽率・容積率が緩和された地域を選択する必要がある。都市部での敷地の取得(又は借地の権利を得る)には、相当な資金を要する。保育所の建設費等の施設整備には公費助成が実施されるが、敷地には助成制度がないため、設置者が資金を調達する必要があるが、近年は、既設の保育所の運営費の弾力的運営が認められるようになり、剰余積立金を敷地調達の費用の一部にあてる事が可能になったが、その効果は限定的と考えられる。川崎市では新設する認可保育所の設置者に対し市有地の使用貸借(無償貸与)を行っている。(第2種社会福祉事業である保育所用地の土地収用は土地収用法上可能である。)待機児童 フレッシュアイペディアより)

  • 待機児童

    待機児童から見た次世代育成支援対策推進法

    待機児童の増加は、産休・育児休業した女性従業員の職場復帰や未就学児を持つ女性の就職を阻む要因となる為、女性従業員を雇用する企業や病院が次世代育成支援対策推進法上の企業・病院の行動計画の一環として、事業所内保育施設や病院内保育施設を設置する場合がある。待機児童 フレッシュアイペディアより)

  • 待機児童

    待機児童から見た行政不服審査法

    平成14年6月、大阪地裁は、東大阪市の行政手続が行政手続法第5条3項(審査基準の公開)、同法第8条1項(処分理由の提示)、行政不服審査法第25条1項ただし書(審査請求人の口述機会)、同法41条1項(裁決理由の通知)に違反したとして、原告らに15万円ずつ(総額90万円)の慰謝料の支払を東大阪市に命じた。待機児童 フレッシュアイペディアより)

  • 待機児童

    待機児童から見た過疎地域

    大都市部を中心に待機児童が問題になっているが、他方、過疎地域等では、子どもの減少により定員に満たない保育所も多数存在している。待機児童 フレッシュアイペディアより)

  • 待機児童

    待機児童から見た行政手続法

    平成14年6月、大阪地裁は、東大阪市の行政手続が行政手続法第5条3項(審査基準の公開)、同法第8条1項(処分理由の提示)、行政不服審査法第25条1項ただし書(審査請求人の口述機会)、同法41条1項(裁決理由の通知)に違反したとして、原告らに15万円ずつ(総額90万円)の慰謝料の支払を東大阪市に命じた。待機児童 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
15件中 1 - 10件表示

「待機児童」のニューストピックワード