前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示
  • 待機児童

    待機児童から見た為末大

    国や地方自治体は2010年代から特に待機児童対策に力を入れているが、説明会に来るような平日に日中も家にいて『静かな余生』を主張する高齢者など一部の住民らの市民団体などに保育園の新設は騒音や迷惑だと反対されて自治体が断念するケースが頻発しているなど国や自治体の努力の範疇である『子供への社会保障・福祉こそが高齢者よりも優先されるべきだ』という住民の根本的な理解が求められてる。保育所関係者はこのような反対者らを「説明しても理由をつけて建設中止を要求してくる」と批判している。為末大は「園児の声は無条件で騒音とは見なさないとする条例を作ってくれたら」と国や自治体が一部の近隣住民の反対運動などは無視出来るような法令の制定にしようとの声が出ている程である。更に、いったんは当初の待機児童解消させても、そのうよな福祉が充実している自治体への他地域から移住者の増加や補助金の増加や入れ人数の拡大が「子どもを預けて働きたい」という働きたいという「潜在的需要の掘り起こし」で待機児童が続々と出てくるなど結果的に『鼬ごっこ』になっている。そのため、国や自治体が力を入れてるのに減るどころか逆に希望者が増加する状況に地域住民の建設反対運動など解決するには難しい問題になっている。待機児童 フレッシュアイペディアより)

  • 待機児童

    待機児童から見た学童保育

    待機児童(たいきじどう)とは、子育て中の保護者が保育所または学童保育施設に入所申請をしているにもかかわらず、入所できない状態にある児童をいう。待機児童 フレッシュアイペディアより)

  • 待機児童

    待機児童から見た2009年

    子育て世代の就労支援のため、政府は1994年以降「エンゼルプラン」をはじめとする保育所待機児童対策を打ち出した。2003年より待機児童数はいったん減少に転じたが、2009年には2002年当時の水準まで増加した。これは保育所の整備によって潜在的保育需要(働いてはいないが就労を希望する子育て世代)が掘り起こされたことや、認可外保育施設利用者が認可保育所に入所を希望するようになったことが原因と考えられる。待機児童 フレッシュアイペディアより)

  • 待機児童

    待機児童から見た高校授業料無償化・就学支援金支給制度

    子ども手当の導入や高校教育の実質無償化等の実施に向けて、保育サービス等を含めた総合的な「子ども・子育てビジョン」を2010年2月に制定。幼児教育と保育の総合的な提供、いわゆる「幼保一体化」が盛り込まれた。2014年度末の目標を「平日昼間の保育サービス利用241万人、3歳未満児の利用102万人、延長・夜間等保育サービス96万人、病児・病後児保育200万人日(のべ日数)」とし、2012年度末までに認定こども園を2,000ヶ所以上設置するとした。待機児童 フレッシュアイペディアより)

  • 待機児童

    待機児童から見た厚生労働省

    厚生労働省の統計では2003年度以降、“他に入所可能な保育所があるにもかかわらず第1希望の保育所に入所するために待機している児童”や“地方単独保育事業を利用しながら待機している児童”は、待機児童から除かれている。このため実質的な待機児童数は公表されている統計よりも多いとみられ、「潜在的待機児童」として取り上げることもある。待機児童 フレッシュアイペディアより)

  • 待機児童

    待機児童から見た保育所

    待機児童(たいきじどう)とは、子育て中の保護者が保育所または学童保育施設に入所申請をしているにもかかわらず、入所できない状態にある児童をいう。待機児童 フレッシュアイペディアより)

  • 待機児童

    待機児童から見た専業主婦

    人気のある都市への流入による人口集中も原因であるが、それ以外にも、共働き家庭の増加や家庭環境の多様化など社会構造が大きく変化したために夫婦が時間の融通がない正社員の家庭が急増する中で、保育所の増設や受け入れ数増加など施設整備が立ち遅れたことなども原因の一部である。高度経済成長期頃まではいわゆる専業主婦モデルが最も豊かに経済成長させる仕組みだったが、日本国憲法第14条(平等権)、女子差別撤廃条約、男女雇用機会均等法、育児休業制度等の理念や制度の普及により離職が減少し、出産後も正社員として働く女性の数は長期的にみると増加している。既婚女性・乳幼児期子育て中の就業率は高度成長期でも50%以上だったが、時間に融通がきくパートタイムが圧倒多数だった。一般的には、社会進出と男性タイプの労働形態で働く女性が増えたことに加え、1990年代以降の共働き家庭が増加や、一人親家庭など日中の保育に欠ける家族形態があることで、保育のニーズが増加も保育の需要の増加の理由にあげられている。収入の多い女性が働いて、夫が家庭で子育てに専念する「専業主夫」という形態もあるが、割合としてはごく少数である。待機児童 フレッシュアイペディアより)

  • 待機児童

    待機児童から見た育児休業

    人気のある都市への流入による人口集中も原因であるが、それ以外にも、共働き家庭の増加や家庭環境の多様化など社会構造が大きく変化したために夫婦が時間の融通がない正社員の家庭が急増する中で、保育所の増設や受け入れ数増加など施設整備が立ち遅れたことなども原因の一部である。高度経済成長期頃まではいわゆる専業主婦モデルが最も豊かに経済成長させる仕組みだったが、日本国憲法第14条(平等権)、女子差別撤廃条約、男女雇用機会均等法、育児休業制度等の理念や制度の普及により離職が減少し、出産後も正社員として働く女性の数は長期的にみると増加している。既婚女性・乳幼児期子育て中の就業率は高度成長期でも50%以上だったが、時間に融通がきくパートタイムが圧倒多数だった。一般的には、社会進出と男性タイプの労働形態で働く女性が増えたことに加え、1990年代以降の共働き家庭が増加や、一人親家庭など日中の保育に欠ける家族形態があることで、保育のニーズが増加も保育の需要の増加の理由にあげられている。収入の多い女性が働いて、夫が家庭で子育てに専念する「専業主夫」という形態もあるが、割合としてはごく少数である。待機児童 フレッシュアイペディアより)

  • 待機児童

    待機児童から見た児童福祉法

    待機児童問題は国の少子化対策・子育て支援政策の中で継続的に対策が練られている。1994年に策定された厚生省(当時)の「エンゼルプラン」以後、1999年の「新エンゼルプラン」、2001年の「待機児童ゼロ作戦」、2004年の「子ども・子育て応援プラン」、2008年の「新待機児童ゼロ作戦」によって、保育所数・定員数ともに第二次ベビーブームや男女雇用機会均等法施行を受けた1980年代を上回った。保育所利用数は過去記録の更新を続けている。東京都独自の制度である認証保育所制度(2001年開始)や保育の資格を有する者が自宅で児童を預かる保育ママ制度(2001年に国の制度化、2008年11月に児童福祉法改正により法制化)、事業所内・病院内保育施設など保育の場そのものは整備されつつある。2013年、政府と厚生労働省は2015年の待機児童ゼロに向けて数値と時期を明示した政策を発表した。2010年に待機児童数1位だった横浜市は2013年5月、同4月1日時点での待機児童ゼロを達成したと発表して大きな注目を浴びた。しかし、注目されたことで逆に「預けられるのなら働きたい」と需要が掘り起こされ、利用申請が殺到し、翌2014年4月1日に待機児童が生じる事態になっている。待機児童 フレッシュアイペディアより)

  • 待機児童

    待機児童から見た女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約

    人気のある都市への流入による人口集中も原因であるが、それ以外にも、共働き家庭の増加や家庭環境の多様化など社会構造が大きく変化したために夫婦が時間の融通がない正社員の家庭が急増する中で、保育所の増設や受け入れ数増加など施設整備が立ち遅れたことなども原因の一部である。高度経済成長期頃まではいわゆる専業主婦モデルが最も豊かに経済成長させる仕組みだったが、日本国憲法第14条(平等権)、女子差別撤廃条約、男女雇用機会均等法、育児休業制度等の理念や制度の普及により離職が減少し、出産後も正社員として働く女性の数は長期的にみると増加している。既婚女性・乳幼児期子育て中の就業率は高度成長期でも50%以上だったが、時間に融通がきくパートタイムが圧倒多数だった。一般的には、社会進出と男性タイプの労働形態で働く女性が増えたことに加え、1990年代以降の共働き家庭が増加や、一人親家庭など日中の保育に欠ける家族形態があることで、保育のニーズが増加も保育の需要の増加の理由にあげられている。収入の多い女性が働いて、夫が家庭で子育てに専念する「専業主夫」という形態もあるが、割合としてはごく少数である。待機児童 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示

「待機児童」のニューストピックワード