42件中 11 - 20件表示
  • 待機児童

    待機児童から見た保護者

    待機児童(たいきじどう)とは、子育て中の保護者が保育所または学童保育施設に入所申請をしているにもかかわらず、入所できない状態にある児童をいう。待機児童 フレッシュアイペディアより)

  • 待機児童

    待機児童から見た横浜市

    待機児童問題は国の少子化対策・子育て支援政策の中で継続的に対策が練られている。1994年に策定された厚生省(当時)の「エンゼルプラン」以後、1999年の「新エンゼルプラン」、2001年の「待機児童ゼロ作戦」、2004年の「子ども・子育て応援プラン」、2008年の「新待機児童ゼロ作戦」によって、保育所数・定員数ともに第二次ベビーブームや男女雇用機会均等法施行を受けた1980年代を上回った。保育所利用数は過去記録の更新を続けている。東京都独自の制度である認証保育所制度(2001年開始)や保育の資格を有する者が自宅で児童を預かる保育ママ制度(2001年に国の制度化、2008年11月に児童福祉法改正により法制化)、事業所内・病院内保育施設など保育の場そのものは整備されつつある。2013年、政府と厚生労働省は2015年の待機児童ゼロに向けて数値と時期を明示した政策を発表した。2010年に待機児童数1位だった横浜市は2013年5月、同4月1日時点での待機児童ゼロを達成したと発表して大きな注目を浴びた。しかし、注目されたことで逆に「預けられるのなら働きたい」と需要が掘り起こされ、利用申請が殺到し、翌2014年4月1日に待機児童が生じる事態になっている。待機児童 フレッシュアイペディアより)

  • 待機児童

    待機児童から見た少子化

    なお学童保育(放課後児童クラブ・学童クラブ)においても待機児童が発生しており、その数は2015年5月1日現在で16,941人であった。特に公立小学校では少子化や都市部のドーナツ化現象により学校統廃合が進行しており、公設学童クラブ(運営を民間に委託しているものを含む)において定員を大きく超えているケースが東京都中野区・世田谷区・八王子市等でみられる。待機児童がゼロの県は石川の1県のみだった。待機児童 フレッシュアイペディアより)

  • 待機児童

    待機児童から見たモンスターペアレント

    保育園で働く人が辞める理由に、給与よりも長時間労働、モンスターペアレントへの苦労によるものが多い。対応するのに精神的・時間的負担が必要だとして、入所拒否することへの法的保護を国に求めている。待機児童 フレッシュアイペディアより)

  • 待機児童

    待機児童から見た一人親家庭

    人気のある都市への流入による人口集中も原因であるが、それ以外にも、共働き家庭の増加や家庭環境の多様化など社会構造が大きく変化したために夫婦が時間の融通がない正社員の家庭が急増する中で、保育所の増設や受け入れ数増加など施設整備が立ち遅れたことなども原因の一部である。高度経済成長期頃まではいわゆる専業主婦モデルが最も豊かに経済成長させる仕組みだったが、日本国憲法第14条(平等権)、女子差別撤廃条約、男女雇用機会均等法、育児休業制度等の理念や制度の普及により離職が減少し、出産後も正社員として働く女性の数は長期的にみると増加している。既婚女性・乳幼児期子育て中の就業率は高度成長期でも50%以上だったが、時間に融通がきくパートタイムが圧倒多数だった。一般的には、社会進出と男性タイプの労働形態で働く女性が増えたことに加え、1990年代以降の共働き家庭が増加や、一人親家庭など日中の保育に欠ける家族形態があることで、保育のニーズが増加も保育の需要の増加の理由にあげられている。収入の多い女性が働いて、夫が家庭で子育てに専念する「専業主夫」という形態もあるが、割合としてはごく少数である。待機児童 フレッシュアイペディアより)

  • 待機児童

    待機児童から見たベビーブーム

    保育所の待機児童は、保育所への入所・利用資格があるにもかかわらず、保育所が不足していたり定員が一杯であるために入所できずに入所を待っている児童のことと定義される。古くは1960年代から1970年代にかけて第二次ベビーブームをうけた保育所不足の際に多数発生している(当時は同様の状態にある児童を「保留児」とも呼んだ)。1980年代には保育所不足はいったん沈静化したが、1990年代後半以降特に都市部で待機児童が増加している。待機児童 フレッシュアイペディアより)

  • 待機児童

    待機児童から見た東京都

    1990年代後半以降、一部の都市における待機児童数の急増が問題化している。2015年4月1日時点の待機児童数は全国で23,167人で、10年前の2003年(26,383人)と比較すると数自体は減っているが、2014年4月1日時点の21,371人から5年ぶりの増加となった。その半年後の2015年10月1日時点では45,315人と春より秋が多い傾向があり、年度内の変動も大きい。2013年時点で待機児童が最も多いのは東京都(8,117人)で、沖縄県は待機児童数で2位(2,216人)、待機児童率(保育所定員に対する待機児童の割合)で全国1位(6.35%)である。待機児童率1%以上が9都道府県存在し、東京都、沖縄県、宮城県の3都道府県が2.5%以上と他都道府県に比べて桁違いに高い。待機児童問題は都道府県により深刻さが大きく異なる。待機児童がゼロの県は2015年4月1日時点で、青森・群馬・新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・鳥取・香川・宮崎の11県となっているが、同年10月1日時点では富山・石川・福井・山梨・長野の5県にとどまっている。待機児童 フレッシュアイペディアより)

  • 待機児童

    待機児童から見た大田区

    待機児童問題では、0歳児保育にどれだけ公的コストがかかっているのかを多くの人には知られていない。待機児童で増加の理由になっているのは0歳児であるため、『0歳児のみ保育料適性化』だけで状況はかなり改善されると指摘されている。実際に、東京の大田区のケースを例にすると0歳児を1人の保育に行政側は月額約62万円のコストが掛かっているのに対して、保護者が支払う保育料は月額上限6万円強で実質的に毎月56万円も公的な補助を受け取っている構図である。つまり、0歳児保育を受けている家庭は実質一人辺り毎月約50万円の補助金を貰っていることになる。これが国や自治体など行政は保育所を増やしているのに「子どもを預けて働きたい」という潜在需要を掘り起こされていて、希望者が殺到し続けて待機児童が減らない理由になっている。他の1児童当たりに大田区が負担している額は、1歳児27万円、2歳児24万円、3歳児12万円、4?5歳児10万円と年齢が上がるごとに行政の負担が軽くなっている。そのため、現状の保育所制度は利用出来ている者には非常に手厚く圧倒的に得であるため、利用者が適度な負担をする原則で利用料の適性化が提案されている。0歳児保育への負担が突出して高いことを国民が理解して、コストに対して異常に安い0歳児保育の利用料適性化で増収した分を保育士の賃金に回せば保育士不足の緩和も出来て一石二鳥だと指摘されている 。町田市だと0歳児一人辺りに毎月民間で約33万円、公立で約46万円の費用が掛かっており、毎年民間で約400万円公立で約550万円の保育経費が掛かっている。1歳児から2歳児の保育経費は0歳児童の約半額であり、3歳児童は更にその約半額で0歳児の保育経費の4分の1だと判明している。そして、保育所利用を希望する理由は預けている間に約10-15万円程稼げるパートをしたいなどの経済的理由からだと顕著に表れている。0歳児の特出する多額の保育経費が問題なのも示されてるため、保育所に入所しない0歳の保育児童を持っている各家庭にのみ保育経費に掛かる費用分またはその半額程度の現金で支給することで、子どもが1歳になるまで10数万円を受給するかパートなどの収入のために預けるかを各家庭が選択できるようにするということで、児童を育てている親を経済的に安心させて保育所に入所させない代わりに10数万円の補助金を代わりに受け取って家庭で保育をする選択肢も用いえることが待機児童問題解決策だと示されてる。更に、この解決策は、地方自治体が単独ではなく、日本政府が各都道府県と共に全国で一斉に0歳児童を入所を選択しなかった家庭への補助金の金額は全国完全同額にすることで都市部より物価の安い地方での子育てを選ぶ人も発生するインセンティブを設けることが地方の人口減少に一定の歯止めをかけられると予測されている。待機児童問題の解決には『0歳児童を育てている家庭へ保育所入所しない場合の経済的メリットのある選択肢』を導入することで、都市部では0歳児童保育への60万円の行政コストと入所希望者が絶えない理由である入所の可否による0歳児童では約50万円の助成金差が起きている現状に各入所しない家庭にも経済的メリットのある選択肢が導入されることが求められている。『保育所に入所を選ばなかった0歳児童の家庭には全国一律10数万円を支給』をすることで補助金による経済的メリットの差が是正されると指摘されている。現行の0歳児童入所の可否でパートや正社員として預けている間に稼げるかで各家庭に起きている経済的メリットの大きな差のために、預けない0歳児童の家庭への補助金支給をするこで保育所を増加させるごとに入所希望者が増えていくことによる待機児童問題と保育士不足の解決も出来る解決策として提案されている。待機児童 フレッシュアイペディアより)

  • 待機児童

    待機児童から見た日本国憲法

    人気のある都市への流入による人口集中も原因であるが、それ以外にも、共働き家庭の増加や家庭環境の多様化など社会構造が大きく変化したために夫婦が時間の融通がない正社員の家庭が急増する中で、保育所の増設や受け入れ数増加など施設整備が立ち遅れたことなども原因の一部である。高度経済成長期頃まではいわゆる専業主婦モデルが最も豊かに経済成長させる仕組みだったが、日本国憲法第14条(平等権)、女子差別撤廃条約、男女雇用機会均等法、育児休業制度等の理念や制度の普及により離職が減少し、出産後も正社員として働く女性の数は長期的にみると増加している。既婚女性・乳幼児期子育て中の就業率は高度成長期でも50%以上だったが、時間に融通がきくパートタイムが圧倒多数だった。一般的には、社会進出と男性タイプの労働形態で働く女性が増えたことに加え、1990年代以降の共働き家庭が増加や、一人親家庭など日中の保育に欠ける家族形態があることで、保育のニーズが増加も保育の需要の増加の理由にあげられている。収入の多い女性が働いて、夫が家庭で子育てに専念する「専業主夫」という形態もあるが、割合としてはごく少数である。待機児童 フレッシュアイペディアより)

  • 待機児童

    待機児童から見た行政不服審査法

    平成14年6月、大阪地裁は、東大阪市の行政手続が行政手続法第5条3項(審査基準の公開)、同法第8条1項(処分理由の提示)、行政不服審査法第25条1項ただし書(審査請求人の口述機会)、同法41条1項(裁決理由の通知)に違反したとして、原告らに15万円ずつ(総額90万円)の慰謝料の支払を東大阪市に命じた。待機児童 フレッシュアイペディアより)

42件中 11 - 20件表示

「待機児童」のニューストピックワード