後藤光尊 ニュース&Wiki etc.

後藤 光尊(ごとう みつたか、1978年7月27日 - )は、オリックス・バファローズに所属するプロ野球選手(内野手)。愛称は「ゴッツ」。 (出典:Wikipedia)

「後藤光尊」Q&A

  • Q&A

    ★元楽天オリ後藤光尊は選手はどこの球団にいきますか? 貴重な打てるベテラン二遊手とし…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月19日 13:15

  • Q&A

    プロ野球2016年合同トライアウト受験した選手について、質問します。 後藤光尊さん、…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月17日 01:34

  • Q&A

    楽天後藤光尊内野手(38)戦力外通告 原因は何でしょうか? 本来オリックスでも幹…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年11月13日 00:56

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「後藤光尊」のつながり調べ

  • 梶本勇介

    梶本勇介から見た後藤光尊

    は開幕こそ二軍スタートだったが、正二塁手の後藤光尊が打撃不振と胃腸炎のため二軍降格したのを機に、5月12日に一軍昇格を果たす。5月14日の対日本ハム戦で、移籍後初スタメン出場を果たすと、2日連続で2安打を放つ。その後も暫くは二塁手としてスタメンに出場する機会が増え、5月29日の対中日戦では、9回裏に守護神の岩瀬仁紀から移籍後初打点となる適時打を放った。しかし、後藤が復帰すると出場機会がなかなか得られず、6月29日に一旦二軍降格。7月15日に一軍復帰してからは、後藤が徐々に復調していったのもありしばらくは代打・代走での出場が主となったが、8月にT-岡田が二軍落ちしたのを機に外野手として出場する機会が増えた。10月13日の対ロッテ戦では、先制適時打を放ち、試合後に移籍後初のお立ち台に上がった。結局、打撃こそ打率.204、打点も前述の2打点に留まる等課題も出たものの、43試合に出場し、19安打は自己最多の記録となり、前年オフの自由契約から這い上がったシーズンとなった。(梶本勇介 フレッシュアイペディアより)

  • 1978年

    1978年から見た後藤光尊

    7月27日 - 後藤光尊、プロ野球選手(1978年 フレッシュアイペディアより)

「後藤光尊」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「後藤光尊」のニューストピックワード

  • 社会保障費抑制

  • 中小企業対策、地方対策という視点に立って、新たな補正予算を積極的に組んでいくことも一つの考えだ

  • 子育て・介護