前へ 1 2 3 4 5 6 7
66件中 1 - 10件表示
  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た後藤光尊後藤光尊

    木佐貫洋、大引啓次、赤田将吾と日本ハムの糸井嘉男、八木智哉との3対2のトレードが成立。その糸井は3番ライトを担い、4番でこの年も24本塁打を記録した李大浩、5番のバルディリスと共に強力なクリーンアップを築いた。エース金子千尋はケガのため、オープン戦に登板できなかったものの、ぶっつけ本番で開幕投手を任され好投した。また、西も先発ローテーションに入り、2人とも成績を残した。交流戦は13勝10敗で、巨人・日本ハム・ロッテと同率の3位とした。金子千尋は24勝無敗の偉業を成し遂げた楽天の田中将大に沢村賞は譲ったが、田中もできなかった沢村賞の選考基準全項目を満たし、奪三振王のタイトルを獲得した。また、糸井嘉男も移籍一年目にもか関わらず共に5年連続となる打率3割・ゴールデングラブ賞を達成し、自己最多の安打、本塁打、盗塁を記録するなど投打の柱は共に活躍した。しかし、チームとしては10月1日の対ソフトバンク戦に2対9で敗れて5年連続のBクラスが確定、クライマックスシリーズ進出を逃し、10月6日の対ロッテ戦に3対1で勝利して3年ぶりの5位を確定させた。この年のオフ、4番の李大浩が退団しソフトバンクに移籍。また、後藤光尊が鉄平とのトレードで東北楽天ゴールデンイーグルスへ移籍。これにより、ブルーウェーブ時代から一貫してオリックスに在籍し続けた選手は姿を消した。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • TBCパワフルベースボール

    TBCパワフルベースボールから見た後藤光尊後藤光尊

    5月16日の「楽天×日本ハム」(HBCラジオにもネット)にて後藤光尊が、6月8日の「楽天×DeNA」にて牧田明久が、8月19日の「楽天×ソフトバンク」(RKBにもネット)にて井上純が、それぞれ解説者として本番組に初登場。また、8月22日に「楽天×ソフトバンク」の予備日が行使された場合、中濱裕之が解説者として起用される予定であったが、当該カードの日程が順調に消化されたため実現しなかった。TBCパワフルベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 八郎潟町

    八郎潟町から見た後藤光尊後藤光尊

    八郎潟町立八郎潟中学校 - 同中野球部が石井浩郎、後藤光尊などを輩出しているほか、卒業生には多くのアスリートがいる八郎潟町 フレッシュアイペディアより)

  • 第69回都市対抗野球大会

    第69回都市対抗野球大会から見た後藤光尊後藤光尊

    若獅子賞 後藤光尊三塁手(川崎製鉄千葉)第69回都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た後藤光尊後藤光尊

    また、2016年に後藤光尊が引退したことにより、現時点でオリックス・ブルーウェーブに在籍経験のある最後の現役選手となっている。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • 大阪近鉄バファローズ

    大阪近鉄バファローズから見た後藤光尊後藤光尊

    いずれもビジター用の胸ロゴが「Osaka」に変更後のもの。1999?2004年モデルには、当時永久欠番とされた「背番号1」は本来存在しなかったが、2013年は後藤光尊がホーム用で、2015年は中島裕之がビジター用(紺色)で着用している。大阪近鉄バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • カントリーママ

    カントリーママから見た後藤光尊後藤光尊

    斉藤ますみ-イエローキャブへ移籍。プロ野球選手(オリックス)の後藤光尊と結婚し実質引退。カントリーママ フレッシュアイペディアより)

  • ジム・ハウザー

    ジム・ハウザーから見た後藤光尊後藤光尊

    初奪三振:2012年4月8日、対オリックス・バファローズ3回戦(京セラドーム大阪)、8回裏に後藤光尊から空振り三振ジム・ハウザー フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・スパイアー

    ライアン・スパイアーから見た後藤光尊後藤光尊

    初奪三振:2011年4月16日、対オリックス・バファローズ2回戦(阪神甲子園球場)、9回表に後藤光尊からライアン・スパイアー フレッシュアイペディアより)

  • フレディ・バイナム

    フレディ・バイナムから見た後藤光尊後藤光尊

    2010年3月、オリックス・バファローズに入団。背番号は清原和博が引退して1年間空き番となっていた「5」。成績不振で解雇されたホセ・フェルナンデスと交渉決裂で退団したタフィ・ローズの後釜としてアーロム・バルディリスと共に期待された。開幕当初は主に代走要員として一軍に帯同。4月27日の対日本ハム戦で、前の試合で敗戦に繋がる痛恨の失策を犯した後藤光尊に替わって、二塁手として来日初スタメンを果たす。ところが、皮肉にも5回裏に痛恨のタイムリーエラーを犯し、そのまま決勝点となり試合も0-1で敗れた。また、5月3日のソフトバンク戦で、同点で迎えた6回裏の無死満塁の好機で代打で起用されるも、1球も振らず見逃し三振に終わり、翌日に二軍降格。チームのBクラスが決定した後、9月28日に一軍昇格を果たし、残りの3試合でスタメン出場を果たした。しかし、公式戦最終試合となった10月1日の対ロッテ戦で、初回に逆転を許す致命的な失策を犯した。最終打席では内野ゴロながら来日初打点を記録するも、結局は4-5と敗れた。この試合に敗れた事で、ロッテのクライマックス・シリーズ進出が決定した。フレディ・バイナム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
66件中 1 - 10件表示

「後藤光尊」のニューストピックワード