48件中 11 - 20件表示
  • 牧田勝吾

    牧田勝吾から見た後藤光尊後藤光尊

    初出場:2002年5月18日、対日本ハムファイターズ7回戦(グリーンスタジアム神戸)、7回裏に後藤光尊の代打として出場牧田勝吾 フレッシュアイペディアより)

  • 塩崎真

    塩崎真から見た後藤光尊後藤光尊

    は極端な打撃不振に陥り、打率は2割を少し超える程度だった。高畠康真コーチの打撃指導などもあったものの、になると後藤光尊の台頭や平野恵一の優先起用に加え、自らの故障などで出場機会が減少。塩崎真 フレッシュアイペディアより)

  • 河本育之

    河本育之から見た後藤光尊後藤光尊

    ソフトバンクと楽天のトライアウトに合格し、中堅が手薄なため現役を長く続けられそうな事と球団創設という稀少なタイミングである事から楽天への入団を決めた。野村克也監督からは短いイニングでの先発も勧められたが中継ぎにこだわり、5月20日の対巨人戦で、楽天での初勝利を挙げている。9月12日の対オリックス戦(フルキャストスタジアム宮城)で史上82人目の通算500登板を達成し、ワンポイントで後藤光尊を三振に仕留めたが、これが現役最終登板となった。10月に戦力外通告を受けて12球団合同トライアウトに参加するも獲得する球団はなく、巨人主催の少年野球教室「ジャイアンツアカデミー」のコーチに誘われた事もあって現役を引退した。河本育之 フレッシュアイペディアより)

  • ジム・ハウザー

    ジム・ハウザーから見た後藤光尊後藤光尊

    初奪三振:2012年4月8日、対オリックス・バファローズ3回戦(京セラドーム大阪)、8回裏に後藤光尊からジム・ハウザー フレッシュアイペディアより)

  • 上本達之

    上本達之から見た後藤光尊後藤光尊

    、正捕手の座を銀仁朗に譲る。代打起用が中心となり、初登場となった4月17日の対ソフトバンク戦では2安打を放つ。しかし、先発出場機会が巡ってきた4月24日の対オリックス戦で、北川博敏の犠打を処理する際に本塁を空けて、二塁走者の後藤光尊に生還を許すというミスを犯してしまう。打撃も2ヶ月近くノーヒットと振るわず6月5日に登録抹消となる。7月8日に再び登録された後も代打起用のみであったが、8月13日の対オリックス戦に先発出場し先発の西口文也を好リードすると、以降西口が先発する試合は全て上本がスタメンマスクをかぶるようになった(この間の西口の成績は7勝1敗・防御率2.07)。9月4日の対ソフトバンク戦ではプロ入り初の満塁本塁打を記録した。上本達之 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木啓示

    鈴木啓示から見た後藤光尊後藤光尊

    現役時代の背番号1は1985年以降、パ・リーグ唯一の永久欠番となっていたが、2004年シーズン終了後の近鉄とオリックスの合併(オリックス・バファローズ誕生)により失効された(オリックスでは球団合併に際し、当時後藤光尊が付けていた背番号1の扱いについても検討されたが、鈴木本人が「自らの永久欠番はあくまで近鉄でのもの」とし、合併後も後藤の背番号1継続着用を承諾した)。鈴木啓示 フレッシュアイペディアより)

  • 梶本勇介

    梶本勇介から見た後藤光尊後藤光尊

    は開幕こそ二軍スタートだったが、正二塁手の後藤光尊が打撃不振と胃腸炎のため二軍降格したのを機に、5月12日に一軍昇格を果たす。5月14日の対日本ハム戦で、移籍後初スタメン出場を果たすと、2日連続で2安打を放つ。その後も暫くは二塁手としてスタメンに出場する機会が増え、5月29日の対中日戦では、9回裏に守護神の岩瀬仁紀から移籍後初打点となる適時打を放った。しかし、後藤が復帰すると出場機会がなかなか得られず、6月29日に一旦二軍降格。7月15日に一軍復帰してからは、後藤が徐々に復調していったのもありしばらくは代打・代走での出場が主となったが、8月にT-岡田が二軍落ちしたのを機に外野手として出場する機会が増えた。10月13日の対ロッテ戦では、先制適時打を放ち、試合後に移籍後初のお立ち台に上がった。結局、打撃こそ打率.204、打点も前述の2打点に留まる等課題も出たものの、43試合に出場し、19安打は自己最多の記録となり、前年オフの自由契約から這い上がったシーズンとなった。梶本勇介 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見た後藤光尊後藤光尊

    2009 ワールド・ベースボール・クラシック・ベネズエラ代表候補に選出されるが最終メンバーから落選。4月23日の対西武戦(京セラドーム)の1回裏に三塁走者としていた場面で、打者後藤光尊のファウルボールが右足小指に直撃し、全治2ヶ月の骨折を負った。7月7日の対ソフトバンク戦で一軍復帰を果たし、この試合で大隣憲司から決勝打を放った。この月は出場全試合で安打を放ち、月間打率.409で自身6度目となる月間MVPを獲得した。8月7?9日に行われたチームイベント「Bs大坂夏の陣」にて、外国人選手の名前に漢字を当てる企画の中で台湾時代の登録名の「亜力士」が再び使用された1。8月7日の対ロッテ戦で球審に対して暴言を吐いたとして通算6度目(オリックスとして初)の退場処分を受ける。9月19日、左胸から背筋に痛みを訴えて再び登録抹消。65試合の出場、13本塁打39打点はいずれも来日後最低だった。7月19日には一軍登録日数が8年に達し、国内移籍が可能なフリーエージェント資格取得の条件を満たしたため、翌年より外国人枠を外れ、日本人選手扱いとなった。アレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • 縞田拓弥

    縞田拓弥から見た後藤光尊後藤光尊

    2011年10月27日、プロ野球ドラフト会議でオリックス・バファローズから2位指名を受けた。同僚の十亀剣は埼玉西武から1位指名、川端崇義はオリックスから8位指名を受けた。開幕こそ二軍スタートだったが、ファームでは主に三塁手としてスタメン出場し、4月28日に初めて一軍登録。5月10日に一旦登録抹消となったが、7月4日に再昇格。その後は主に守備固めとして出場機会を得たが、後藤光尊・大引啓次の不振・故障もあってスタメン出場する機会もあった。しかし、9月14日の対楽天戦ではプロ初打点となる適時打を放ったが、守備面で1試合3失策を犯してしまい、ベンチで号泣する悔しさも味わった。この年は28試合で打率.181、2打点の成績に終わった。二軍では51試合に出場して打率.255、2本塁打15打点を記録している。縞田拓弥 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎浩司

    山崎浩司から見た後藤光尊後藤光尊

    後藤光尊の故障による長期離脱、阿部真宏・一輝の不振により、二塁手としてスタメン出場するようになる。5月22日の対阪神タイガース戦で自身初の1試合3打点をあげ、試合後に4年ぶりにお立ち台に上がった。6月30日の対ソフトバンク戦で高校で1年先輩の田上秀則に対し隠し球を成功させ、セ・パ両リーグでの隠し球成功という珍しい記録を作り、オリックスからも記念Tシャツが発売されることとなった。交流戦終盤から打撃の調子がやや落ちたことに加え、7月から一輝が復調したのもあって、一時は控えに回った。しかし、8月後半からは再び打撃好調となり定位置を再獲得し、9月1日に大引啓次が故障離脱してからは遊撃手として出場した。9月5日の対ロッテ戦では9回裏にブライアン・シコースキーから同点ソロ、9月20日の対日本ハム戦では8回裏に宮西尚生から決勝3ランなど3本塁打を放ち、自己最高の打率.297を記録した。自己最多の97試合に出場し、守備でも内野4ポジションを全て守った。山崎浩司 フレッシュアイペディアより)

48件中 11 - 20件表示

「後藤光尊」のニューストピックワード