66件中 21 - 30件表示
  • 2014年の日本プロ野球

    2014年の日本プロ野球から見た後藤光尊後藤光尊

    東北楽天ゴールデンイーグルスは後藤光尊の背番号を4とすることを発表2014年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎浩司

    山崎浩司から見た後藤光尊後藤光尊

    後藤光尊の故障による長期離脱、阿部真宏・一輝の不振により、二塁手としてスタメン出場するようになる。5月22日の対阪神戦で自身初の1試合3打点をあげ、試合後に4年ぶりにお立ち台に上がった。6月30日の対ソフトバンク戦で高校で1年先輩の田上秀則に対し隠し球を成功させ、セ・パ両リーグでの隠し球成功という珍しい記録を作り、オリックスからも記念Tシャツが発売されることとなった。交流戦終盤から打撃の調子がやや落ちたことに加え、7月から一輝が復調したのもあって、一時は控えに回った。しかし、8月後半からは再び打撃好調となり定位置を再獲得し、9月1日に大引啓次が故障離脱してからは遊撃手として出場した。9月5日の対ロッテ戦では9回裏にブライアン・シコースキーから同点ソロ、9月20日の対日本ハム戦では8回裏に宮西尚生から決勝3ランなど3本塁打を放ち、自己最高の打率.297を記録した。自己最多の97試合に出場し、守備でも内野4ポジションを全て守った。山崎浩司 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部真宏

    阿部真宏から見た後藤光尊後藤光尊

    は右手首の故障で離脱している間に後藤光尊が遊撃手のレギュラーとなり、復帰後も活躍できず打率.217だった。阿部真宏 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の日本プロ野球

    2016年の日本プロ野球から見た後藤光尊後藤光尊

    東北楽天ゴールデンイーグルスは、長谷部康平、金無英、山内壮馬、高堀和也、後藤光尊、岩崎達郎、大坂谷啓生、榎本葵に戦力外通告したことを発表。2016年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見た後藤光尊後藤光尊

    、第2回WBCベネズエラ代表候補に選出されるが最終メンバーから落選。4月23日の対西武戦(京セラドーム)の1回裏に三塁走者としていた場面で、打者後藤光尊のファウルボールが右足小指に直撃し、全治2ヶ月の骨折を負った。7月7日の対ソフトバンク戦で一軍復帰を果たし、この試合で大隣憲司から決勝打を放った。この月は出場全試合で安打を放ち、月間打率.409で自身6度目となる月間MVPを獲得した。8月7?9日に行われたチームイベント「Bs大坂夏の陣」にて、外国人選手の名前に漢字を当てる企画の中で台湾時代の登録名の「亜力士」が再び使用された1。8月7日の対ロッテ戦で球審に対して暴言を吐いたとして通算6度目(オリックスとして初)の退場処分を受ける。9月19日、左胸から背筋に痛みを訴えて再び登録抹消。65試合の出場、13本塁打39打点はいずれも来日後最低だった。7月19日には一軍登録日数が8年に達し、国内移籍が可能なフリーエージェント資格取得の条件を満たしたため、翌年より外国人枠を外れ、日本人選手扱いとなった。アレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • JFE東日本硬式野球部

    JFE東日本硬式野球部から見た後藤光尊後藤光尊

    後藤光尊(内野手) - 2001年ドラフト10位でオリックス・ブルーウェーブに入団JFE東日本硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • RABゴールデンナイター

    RABゴールデンナイターから見た後藤光尊後藤光尊

    はるか夢球場(弘前市運動公園野球場)で2017年6月28日(水曜日)の18:02から催された青森県内29年振りのNPB一軍公式戦(東北楽天ゴールデンイーグルス対オリックスバファローズのナイトゲーム)については、楽天の地元局・TBCラジオ制作の中継(実況:菅生翔平、解説:後藤光尊、ベンチリポーター:佐藤修)を、18:28(2回裏途中)からの飛び乗り・相互ネット形式で試合終了後の21:25まで放送した。なお、この中継では、RABはリポーター派遣などの協力はしなかった。RABゴールデンナイター フレッシュアイペディアより)

  • 鉄平 (野球)

    鉄平 (野球)から見た後藤光尊後藤光尊

    楽天ではもチームの選手会長を務めることが内定していたが、2013年12月19日に、後藤光尊との交換トレードでオリックス・バファローズへ移籍することが発表された。背番号は、「(人生初の関西暮らしで)ゼロからレベルアップしていきたい」という理由から、自身初の0に決まった。鉄平 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • アーロム・バルディリス

    アーロム・バルディリスから見た後藤光尊後藤光尊

    も前年同様に7番・三塁手として開幕戦に先発出場。4月28日の対埼玉西武ライオンズ戦から4試合連続本塁打を放ち、この間4月30日の対西武戦でエンリケ・ゴンザレスからサヨナラ本塁打、翌5月1日の対ロッテ戦で薮田安彦から逆転サヨナラ本塁打を放ち、2011年の中日・平田良介以来史上9人目となる2試合連続サヨナラ本塁打を記録した。T-岡田の戦線離脱、後藤光尊の不振もあって、3番や5番を任されることもあった。シーズン全体の成績としては、前年より少し下回って打率.264・10本塁打・55打点に留まったが、リーグ最多の31二塁打を放ち、10月3日の対ロッテ戦でも延長10回裏にシーズン3度目のサヨナラ打を打つなど得点圏打率は.301を記録した。アーロム・バルディリス フレッシュアイペディアより)

  • 嘉弥真新也

    嘉弥真新也から見た後藤光尊後藤光尊

    初奪三振:2012年5月10日、対オリックス・バファローズ9回戦(ほっともっとフィールド神戸)、7回裏に後藤光尊から空振り三振嘉弥真新也 フレッシュアイペディアより)

66件中 21 - 30件表示

「後藤光尊」のニューストピックワード