後藤洋央紀 ニュース&Wiki etc.

後藤 洋央紀(ごとう ひろおき、男性、1979年6月25日 - )は、日本のプロレスラー。新日本プロレス所属。三重県桑名市出身。 (出典:Wikipedia)

「後藤洋央紀」Q&A

  • Q&A

    プロレストークなどの会話中に新日本プロレスの後藤と聴くと 後藤洋央紀より後藤達俊思い…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月26日 16:42

  • Q&A

    新日本プロレスでどのタイトルマッチでも言えるのですが、チャンピオンが負けてタイトルを…

    [続きを読む]

    回答数:8質問日時 - 2016年11月10日 19:38

  • Q&A

    新日本プロレスのサウンドについて。 2015年のNEW beginning 中邑真輔…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月5日 22:44

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「後藤洋央紀」のつながり調べ

  • 武藤敬司

    武藤敬司から見た後藤洋央紀

    2008年1月3日、タッグリーグ戦に優勝した勢いで世界タッグ王座を獲得した。4月27日、新日本・大阪大会で中邑を破り、1999年以来となるIWGPヘビー級王者になった。8月31日には、全日本のリングで初めてIWGPヘビー級選手権試合が行われて、G1 CLIMAX2008優勝者の後藤洋央紀を破って防衛に成功。その後、準優勝者の真壁刀義、リベンジに挑んだ中邑に勝利して、4度の防衛に成功。三冠王者になったムタの活躍も併せて評価されて、7年ぶりにプロレス大賞を受賞した。(武藤敬司 フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・ルイス・ハイル・ソリア

    ホセ・ルイス・ハイル・ソリアから見た後藤洋央紀

    父は1960年代に活躍したルーベン・パト・ソリア。父やディアブロ・ベラスコのジムでルチャを学び、1992年10月16日に地元からマスクマンでデビュー。1年ほどインディーマットを転戦する。1994年に開催された第2回CMLLトルネオ・グラン・アルタナティバでシルバー・キングのパートナーとして抜擢され優勝を果たす。1997年5月4日にブラック・ウォリアーを破りNWA世界ライトヘビー級王座を初栄冠。1998年1月23日にミステル・ニエブラと組んでドクトル・ワグナー・ジュニア、エミリオ・チャレス・ジュニア組を破りCMLL世界タッグチーム王座を奪取。1999年に新日本プロレスのベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに出場。同年9月に行われたCMLL66周年記念のイベントでミステル・ニエブラと組んでアトランティス、ビジャノ3号組にマスカラ・コントラ・マスカラマッチで破れて素顔になる。2001年10月17日にビジャノ3号を破りCMLL世界ライトヘビー級王座を奪取。2004年1月23日にラ・パルカ(初代)と組んでウルティモ・ゲレーロ、レイ・ブカネロ組を破りCMLL世界タッグチーム王座を再び奪取。同年5月3日にバンピーロを破りNWA世界ライトヘビー級王座を再び奪取。2005年4月にTNAに参戦。同年5月にAAAに移籍。同年にはTNAにてクリストファー・ダニエルズの持つTNA Xディヴィジョン王座に挑戦、また2006年にはワールドXカップ2006にメキシコチームのリーダーで出場。2007年にCMLLに復帰。2007年3月4日に後藤洋央紀の持つNWAインターナショナルジュニアヘビー級王座に挑戦も奪取に失敗。2010年12月13日にテハノ・ジュニアを破りNWA世界ヒストリックライトヘビー級王座(NWA世界ライトヘビー級王座を改称)奪取。(ホセ・ルイス・ハイル・ソリア フレッシュアイペディアより)

「後藤洋央紀」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「後藤洋央紀」のニューストピックワード