前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
93件中 1 - 10件表示
  • ニュージャパン・カップ

    ニュージャパン・カップから見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    最多優勝 - 3回 : 後藤洋央紀(第5回、第6回、第8回)ニュージャパン・カップ フレッシュアイペディアより)

  • CHAOS (プロレス)

    CHAOS (プロレス)から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    一方、ヒール色の強い飯塚高史や高橋裕二郎といったメンバーは2014年に脱退し、同じくヒール色の強いメンバーであった矢野は徐々にコミカル系のキャラクターに転向していった為、ユニットとしてのヒール色は更に薄れていった。また、この頃から桜庭和志を始めとした明確なヒール転向をしないままユニットへ加入するメンバーが現れるようになり、2016年には後藤洋央紀やウィル・オスプレイがベビーフェイスの立場を維持したままCHAOSに加入した。この為、近年はベビーフェイス寄りの立場を取るユニットとして活動している。CHAOS (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • レッスルキングダム (プロレス興行)

    レッスルキングダム (プロレス興行)から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    第2回は、アメリカのプロレス団体TNAとの「全面対抗」を意識したマッチメイクであった。また、年末に西村修が退団した無我ワールド・プロレスリングが心機一転したドラディションより藤波辰爾が久々に古巣の新日本プロレスに参戦。他には年末のハッスルに参戦した全日本プロレスのグレート・ムタもその時、流れに乗っていた後藤洋央紀と対戦した。IWGPジュニアヘビー級選手権試合では、井上亘がTNAのクリストファー・ダニエルズと闘い、また、中西学がシングルマッチとしてアビスと対戦。セミファイナルでは、事実上のタイトルマッチとして、3代目IWGPヘビー級ベルトを保持するカート・アングルに、永田裕志が挑戦。しかし、新日本にIWGPを持ちかえることができなかった。レッスルキングダム (プロレス興行) フレッシュアイペディアより)

  • YOSHI-HASHI

    YOSHI-HASHIから見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    6月11日、大阪城ホールで行われたNEVER無差別級選手権試合ランバージャック・デスマッチで鈴木みのると後藤洋央紀が対戦。試合中、鈴木みのるが後藤洋央紀を突き飛ばして浅見レフェリーと衝突させた直後に、セコンドがリングへ乱入して後藤を暴行する。だが、YOSHI-HASHIがそれを蹴散らし、さらに場外へのトペコンヒーロでまとめて押し潰した。試合終了後にも鈴木たちが後藤を暴行。だが、YOSHI-HASHIがランニングエルボーで場外に転落させる。これで大「YOSHI-HASHI」コールが起きると、鈴木は花道でマイクアピールを敢行。YOSHI-HASHIが鈴木を走って追いかけるが、タイチたちに阻まれてしまい、石井智宏と矢野通がYOSHI-HASHIを押し戻した。YOSHI-HASHI フレッシュアイペディアより)

  • ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

    ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンから見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    10月12日、KING OF PRO-WRESTLINGにて、東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利書争奪戦と銘打たれた試合で内藤は権利証保持者の棚橋弘至と対戦。内藤は入場時に自身の『パレハ』(スペイン語で『相棒』の意)としてEVILを帯同させ、試合終盤にレフェリー不在の状況を作り出してEVILと共に棚橋を襲撃したが、棚橋の救援に駆け付けた柴田勝頼、後藤洋央紀によって返り討ちに遭ってしまい、最後は棚橋から敗戦した。ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン フレッシュアイペディアより)

  • ケニー・オメガ

    ケニー・オメガから見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    G1 CLIMAXに初出場、Bブロック最終戦8月13日両国国技館で内藤哲也に勝利し決勝へ進出、14日の決勝ではオメガの盟友でもある飯伏幸太のシットダウン式ラストライドとフェニックススプラッシュやプリンス・デヴィットのブラディサンデー、AJスタイルズのスタイルズクラッシュを繰り出し最後は片翼の天使で後藤洋央紀からフォール勝ちを収めた。初出場で初優勝、大会史上初の外国人優勝を成し遂げた。ケニー・オメガ フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    2002年、新日本プロレスに入団(同期は山本尚史、田口隆祐、後藤洋央紀、長尾浩志)。同年8月29日、日本武道館における安田忠夫戦でデビュー、セコンドには当時引退をして中邑を指導していた木戸修が付いた。レスリングでの実績とデビュー前に総合格闘技のトレーニングを行っていたことから、当時の新日本の格闘技路線の申し子として期待を受け、デビュー戦後はシリーズには帯同せずLA道場で総合格闘技のトレーニングを重ねるという新人としては異例の待遇を受けた。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • BAD INTENTIONS

    BAD INTENTIONSから見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    6月18日、大阪大会でプロレスリング・ノアの高山善廣&佐野巧真の持つGHCヘビー級タッグベルトに挑戦し、バーナードが佐野をバーナードライバーでフォール勝ちし、GHCタッグベルトを奪取しタッグ2冠とIWGPタッグ多連続防衛記録更新を達成。同大会で行われた棚橋弘至と後藤洋央紀のIWGPヘビー級王座選手権終了直後にリングに上がり、バーナードが棚橋のIWGPベルトに挑戦表明。反対に棚橋が2人のIWGPタッグベルトに挑戦表明し、バッドインテンションズ対棚橋&後藤組のIWGPタッグ選手権が正式に決まる。BAD INTENTIONS フレッシュアイペディアより)

  • J SPORTS CROWN〜無差別級6人タッグトーナメント〜

    J SPORTS CROWN〜無差別級6人タッグトーナメント〜から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    後藤洋央紀(新日本プロレス)(Apollo 555)&田口隆祐(新日本プロレス)(Apollo 555)&プリンス・デヴィット(新日本プロレス)(Apollo 555) ※優勝J SPORTS CROWN〜無差別級6人タッグトーナメント〜 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将斗

    田中将斗から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    7月18日、新日本札幌大会のIWGPインターコンチネンタル王座戦で、矢野通を相手に2度目の防衛を果たしたMVPを試合後に襲撃。その流れから同王座に挑戦表明、10月10日にMVPをスライディングDで沈め、2代目IWGPインターコンチネンタル王者に輝き、試合後のバックステージで2年近い抗争を展開したことのある後藤洋央紀から挑戦表明を受ける。田中将斗 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
93件中 1 - 10件表示

「後藤洋央紀」のニューストピックワード