63件中 11 - 20件表示
  • K.E.S.

    K.E.S.から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    12月2日愛知大会、後藤洋央紀&カール・アンダーソンに敗れWORLD TAG LEAGUE準優勝となった。K.E.S. フレッシュアイペディアより)

  • カール・アンダーソン (プロレスラー)

    カール・アンダーソン (プロレスラー)から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    11月20日より開催されたWORLD TAG LEAGUEに、後藤洋央紀とのタッグ「SWORD&GUNS」で出場。Aブロックを2位通過して準決勝に残り、12月2日の準決勝で天コジ、決勝でK.E.S.(ランス・アーチャー、デイビーボーイ・スミスJr.組)を下し、タッグリーグ名称変更後初の覇者となる。カール・アンダーソン (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • 全日本プロレス

    全日本プロレスから見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    2008年(平成20年)1月4日の東京ドーム大会で、グレート・ムタが参戦して後藤洋央紀と対戦。4月には武藤が中邑真輔に勝利してIWGPヘビー級王者になった。7月には欠場中の小島が、新日本のリングに参戦して天山を救出。「天コジタッグ」を復活する形になり、そのままG1に参戦を表明した。8月31日、全日本の興行で初めてIWGPヘビー級選手権試合を開催。王者である武藤がG1 CLIMAX2008優勝者の後藤洋央紀に勝利して防衛に成功。小島と天山はその後、新日本のG1タッグリーグ戦、全日本の世界最強タッグリーグ戦でダブル優勝を果たした。全日本プロレス フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    2009年1月4日、レッスルキングダムIIIのメインイベントで武藤を下し、長らく流出していたIWGP王座を奪還。第50代王者となり武藤越えを果たした。その後、中邑、カート・アングル、後藤洋央紀と対戦し3度の防衛に成功。4度目の防衛戦で対峙した中西学に敗れ一時は王座から陥落するも、6月20日のリターンマッチを制して再び返り咲く。7月にはプロレスリング・ノアの杉浦貴を相手に防衛成功するが、試合を観戦していたTAJIRIが試合後に乱入。グリーンミストを浴びられたことから遺恨が生まれる。8月13日、G1公式戦でTAJIRIと対戦するも最後はグリーンミストからのバズソーキックで轟沈。それでも、決勝トーナメント進出に食らいつき準決勝で中邑と対戦するも敗北を喫する。さらに試合中に中邑が放ったハイキックが原因で欠場。IWGPヘビー級王座も返上した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田勝頼

    柴田勝頼から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    三重県立桑名工業高等学校時代はレスリングにて1997年全国高校生グレコローマン選手権81kg級に出場、2回戦で中邑真輔に敗れる。新日本プロレスの後藤洋央紀は高校の同窓生。柴田勝頼 フレッシュアイペディアより)

  • 安沢明也

    安沢明也から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    2005年9月25日、地元・新潟県で竹村豪氏とタッグを組み、稔&後藤洋央紀の持つIWGPジュニアタッグ王座に挑戦するも、逆十字固めで敗れ王座獲得ならず。安沢明也 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤旭彦

    伊藤旭彦から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    柴田勝頼、後藤洋央紀の高校の後輩である(後藤とは大学も一緒)。伊藤旭彦 フレッシュアイペディアより)

  • アングル・スラム

    アングル・スラムから見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    後藤洋央紀 - 地獄車、ゴー・トゥー・ヘヴンアングル・スラム フレッシュアイペディアより)

  • Apollo 555

    Apollo 555から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    2009年、田口隆祐・プリンス・デヴィットがタッグチーム“Apollo 55”を結成、2010年6月に行われた「J SPORTS CROWN〜無差別級6人タッグトーナメント〜」にて後藤洋央紀を加えたメンバーで優勝した。Apollo 555 フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・ルイス・ハイル・ソリア

    ホセ・ルイス・ハイル・ソリアから見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    父は1960年代に活躍したルーベン・パト・ソリア。父やディアブロ・ベラスコのジムでルチャを学び、1992年10月16日に地元からマスクマンでデビュー。1年ほどインディーマットを転戦する。1994年に開催された第2回CMLLトルネオ・グラン・アルタナティバでシルバー・キングのパートナーとして抜擢され優勝を果たす。1997年5月4日にブラック・ウォリアーを破りNWA世界ライトヘビー級王座を初栄冠。1998年1月23日にミステル・ニエブラと組んでドクトル・ワグナー・ジュニア、エミリオ・チャレス・ジュニア組を破りCMLL世界タッグチーム王座を奪取。1999年に新日本プロレスのベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに出場。同年9月に行われたCMLL66周年記念のイベントでミステル・ニエブラと組んでアトランティス、ビジャノ3号組にマスカラ・コントラ・マスカラマッチで破れて素顔になる。2001年10月17日にビジャノ3号を破りCMLL世界ライトヘビー級王座を奪取。2004年1月23日にラ・パルカ(初代)と組んでウルティモ・ゲレーロ、レイ・ブカネロ組を破りCMLL世界タッグチーム王座を再び奪取。同年5月3日にバンピーロを破りNWA世界ライトヘビー級王座を再び奪取。2005年4月にTNAに参戦。同年5月にAAAに移籍。同年にはTNAにてクリストファー・ダニエルズの持つTNA Xディヴィジョン王座に挑戦、また2006年にはワールドXカップ2006にメキシコチームのリーダーで出場。2007年にCMLLに復帰。2007年3月4日に後藤洋央紀の持つNWAインターナショナルジュニアヘビー級王座に挑戦も奪取に失敗。2010年12月13日にテハノ・ジュニアを破りNWA世界ヒストリックライトヘビー級王座(NWA世界ライトヘビー級王座を改称)奪取。ホセ・ルイス・ハイル・ソリア フレッシュアイペディアより)

63件中 11 - 20件表示

「後藤洋央紀」のニューストピックワード