93件中 11 - 20件表示
  • カール・アンダーソン (プロレスラー)

    カール・アンダーソン (プロレスラー)から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    11月20日より開催されたWORLD TAG LEAGUEには、後藤洋央紀とのタッグで出場。Aブロックを2位通過して準決勝に生き残り、12月2日の準決勝でテンコジ、決勝でK.E.S.(ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.組)を下し、タッグリーグ名称変更後初の覇者となる。カール・アンダーソン (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・アンダーセン

    ジョン・アンダーセンから見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    2011年、1月4日と2月20日にBAD INTENTIONS(ジャイアントバーナード・カール・アンダーソン組)の保持するIWGPタッグ王座に挑戦(パートナーは中西)。その後、メキシコのCMLLに戻り、ラ・ソンブラとアトランティスとタッグを組み、メキシコ遠征にやって来た後藤洋央紀と対戦した。ジョン・アンダーセン フレッシュアイペディアより)

  • 柴田勝頼

    柴田勝頼から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    中学時代は、バスケットボール部に所属。三重県立桑名工業高等学校時代は、「体を鍛えたい」という一心で、柔道かレスリングのどちらかを始めようとした結果、レスリング部に入部。このときに、後にプロレスラーとしてしのぎを削り、時には共闘することになる後藤洋央紀と初めて顔を合わせた。1997年全国高校生グレコローマン選手権81kg級に出場、2回戦で中邑真輔に敗れた。高校の恩師が永田裕志の後輩で、その恩師が四日市で新日本の試合がある時に石澤常光と一緒にレスリングの練習を見に来てくれるなど、プロレスラーと接触する機会があり、「これはかなわないな」と、ますますプロレスに傾倒。また、その頃のプロレス界はちょうど新日本とUWFインターの対抗戦が始まった頃であり、柴田は若手の闘いに魅力を感じた。柴田勝頼 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    レッスルキングダムIIIの舞台で武藤を破り、長らく他団体に流出していたIWGP王座の奪還に成功し、3度目の戴冠を果たす。その後、中邑、カート・アングル、後藤洋央紀と対戦し3度の防衛に成功。一時は中西学に敗れて王座を手放すが、DOMINION 6.20にて中西に勝利し再び王座を奪還。以後、NOAH所属の杉浦貴、ZERO1所属の田中将斗、ハッスル所属のTAJIRIといった外敵らと抗争を繰り広げ始め、特にTAJIRIにはグリーンミストを浴びせられたことから強い敵意を示した。8月13日の愛知大会G1公式リーグ戦にてTAJIRIと対戦したがレフェリーのブラインドを突いたグリーンミストからのバズソーキックに敗れた。TAJIRIに土をついた棚橋だったが、G1では公式リーグ最終戦で田中を破り決勝トーナメントに進出。準決勝戦で中邑と対戦したがボマイェに敗れ優勝を逃した。さらに試合中に中邑が放ったハイキックによって眼窩内側壁骨折となり欠場、それに伴いIWGP王座の返上を発表した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    2008年2月17日、両国国技館で行なわれる予定の後藤洋央紀戦であったが、ウォーミングアップ中にめまいと左半身のしびれを訴え、リングドクターは脳梗塞の疑いがある判断。病院に搬送され試合は中止となった。精密検査の結果脳および頸椎に異常はなく、2008年2月27日に会見を行ない、病名は「高血圧から来る出血か、海綿状血管腫ではないか」と説明した。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    7月、ZERO1-MAXの火祭りに初出場しAブロックを1位で通過。決勝にコマを進めるが田中将斗に敗れ準優勝に終わった。日を間もなくして開催されたG1 CLIMAXでも決勝で後藤洋央紀に敗れ去り準優勝に終わる。9月21日に全日本プロレスへ流出したIWGPヘビー級王座を所持する武藤敬司とのタイトル戦に臨むも敗戦。G1 TAG LEAGUEでは矢野とのIWGPタッグ王者として出場するも、テンコジ(天山 & 小島聡組)に敗れ準優勝に終わった。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 田口隆祐

    田口隆祐から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    初公開となったのは、2006年1月28日後楽園ホールにて、ファンキー仕様の髪型を初披露した田口がタイガーマスクと組み、後藤洋央紀、田中稔組と戦った試合で田口が後藤からピンフォール勝ちを収めた試合後に、多少中途半端ながら披露された(その直後に小バカにした態度で田中稔に真似されていた)。田口隆祐 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木みのる

    鈴木みのるから見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    2017年4月27日、後藤洋央紀を破りNEVER無差別級王座戴冠。鈴木みのる フレッシュアイペディアより)

  • Apollo 555

    Apollo 555から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    2009年、田口隆祐・プリンス・デヴィットがタッグチーム“Apollo 55”を結成、2010年6月に行われた「J SPORTS CROWN〜無差別級6人タッグトーナメント〜」にて後藤洋央紀を加えたメンバーで優勝した。Apollo 555 フレッシュアイペディアより)

  • リック・フーラー

    リック・フーラーから見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    同年7月5日、新日本プロレスに参戦。ツインメッセ静岡にて後藤洋央紀 & ジャイアント・バーナードと組み、真壁刀義 & 矢野通 & カール・アンダーソンのシックスマン・マッチでデビュー。参戦当初は中邑真輔がリーダーを務めるユニットであるRISEに加入し、ジャイアント・バーナードと外国人タッグで活動し、同月21日の月寒アルファコートドームにてIWGPタッグ王座を保持する真壁 & 矢野組に挑戦するも敗戦した。9月5日、後楽園ホールでのメインイベントの中邑 & 後藤 vs 真壁 & 矢野のタッグマッチにてバーナードと共に裏切り中邑と後藤を襲撃し、ヒールユニットであるGBHに加入。G1タッグリーグにバーナードと出場し、11月5日の後楽園ホールにて決勝トーナメント進出を決める試合で中邑 & 後藤組と対戦するが敗戦した。リック・フーラー フレッシュアイペディアより)

93件中 11 - 20件表示

「後藤洋央紀」のニューストピックワード