93件中 21 - 30件表示
  • BRAVE (プロレス)

    BRAVE (プロレス)から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    2012年1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会で杉浦が3連勝中の後藤洋央紀と対戦し、昇天・改で敗れ対後藤戦初黒星となった。第9試合では丸藤が潮崎豪とタッグを組み中邑真輔&矢野通組と対戦し、潮崎が矢野をゴーフラッシャーで沈め、試合後中邑と丸藤がリング上で睨み合い、両者共にシングルマッチを要求した。BRAVE (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤博之 (総合格闘家)

    伊藤博之 (総合格闘家)から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    2005年には新日本プロレスにも参戦し、「黒いパンツの頑固者」と呼ばれた。2005年3月26日、新日本プロレス「NEXESS」でヤングライオン杯優勝決定戦を後藤洋央紀と戦い、ゴー・トゥー・ヘブン(地獄車)で敗北。伊藤博之 (総合格闘家) フレッシュアイペディアより)

  • KAZSIN

    KAZSINから見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    新日本プロレス 後藤洋央紀テーマ曲『覇道』KAZSIN フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・ルイス・ハイル・ソリア

    ホセ・ルイス・ハイル・ソリアから見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    2007年、CMLLに復帰。同年3月4日に後藤洋央紀の持つNWAインターナショナルジュニアヘビー級王座に挑戦も奪取に失敗。ホセ・ルイス・ハイル・ソリア フレッシュアイペディアより)

  • 一日署長

    一日署長から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    ガチャピン・和田アキ子・舘ひろし・山田邦子・深田恭子・松浦亜弥・後藤真希・鈴木あみ・山口もえ・田岡一雄・北村総一朗・斉藤暁・小野武彦・深津絵里・星野有香・高橋名人・三枝夕夏・国分佐智子・吉岡美穂・栃東大裕・長谷川穂積・鈴木尚広、星出彰彦、ディーオ、田中英祐、六角彩子、小池里奈、森島寛晃、又吉克樹、後藤洋央紀、出世大名家康くん、鈴木正幸、小林星蘭、桃瀬美咲、北條史也、陽川尚将、渡辺徹、すみれ、えとう窓口、アイくるガールズ、さくらまや、ねづっち、田中刑事、中村橋之助、玉鷲一朗、ひげのおじさん、山本雪乃、氷川きよし、前田敦子、大仁田厚、哀川翔、佐山聡、いとうまい子、安藤美姫、舞の海秀平、岩佐美咲、ウルトラマン、吉倉あおい、梶裕貴、KENN、小久保志乃、大久保嘉人、風間俊介、原晋、桜庭ななみ、桜田ひより、小野彩香、野呂佳代、鈴木梨央、鈴木福、小林星蘭、高島礼子、コロッケ、博多華丸、福原愛、宮崎美穂、香里奈、渡辺直美、北山たけし、前田瑠美、藤本たから、山崎直子、筧美和子、山下永夏、有森裕子、三星マナミ、松本若菜、川崎純情小町☆、しんじょう君など多数。一日署長 フレッシュアイペディアより)

  • C.T.U (プロレス)

    C.T.U (プロレス)から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    後藤洋央紀(C.T.Uレンジャー・レッド)※2006年7月30日のC.T.U 2nd Anniversary興行を最後にメキシコ遠征に向かい、帰国時にはC.T.Uは解散していたC.T.U (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • ボディスラム

    ボディスラムから見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    相手の背後からボディ・スラムの要領で組み付いて仕掛ける。前方に放り投げるタイプを志賀賢太郎がSSS(スパイラル・シガ・シューター)、T-hawkがウラジゴクの名称で使用。中邑真輔は後方に反り投げるタイプをリバース・パワースラムの名称で、後藤洋央紀は持ち上げた相手を、ゆりかごを揺らすように左右にスイングして放つ技を裏昇天の名称で、正面に放りながら立てた膝に相手の顔面を打ち据えるタイプをリバース牛殺しの名称で、それぞれ使用。ボディスラム フレッシュアイペディアより)

  • アルヴィン・バーク・ジュニア

    アルヴィン・バーク・ジュニアから見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    8月、G1 CLIMAXに初出場。中邑真輔、後藤洋央紀に勝利する快挙を遂げるも、最終戦のカール・アンダーソンに敗れ、予選落ち。6勝3敗(勝ち点12点)という好成績をマークした。アルヴィン・バーク・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • Apollo 55

    Apollo 55から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    2010年5月8日、SUPER J TAGの開催に伴い、IWGPタッグ王座を返上。決勝までコマを進めるも、金本浩二、エル・サムライ組に敗れ準優勝に終わった。6月にはJ SPORTS CROWN〜無差別級6人タッグトーナメント〜に後藤洋央紀との6人タッグチーム「Apollo 555(アポロ・ゴー・ゴー・ゴー)」として出場し優勝を果たした。7月19日、SUPER J TAG優勝と同時に王者となった金本、サムライ組と対戦。田口がサムライからどどんでピンフォール勝ちを収め、ジュニアタッグ王座に返り咲く。Apollo 55 フレッシュアイペディアより)

  • ロニー・アルニール

    ロニー・アルニールから見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    古くからメキシコや欧州に存在した技だが明確な名称はなくネックブリーカーと呼ばれる事が多かった。AJスタイルズもTNA時代から得意としていて、新日本プロレスの後藤洋央紀も牛殺しの名で使用。現在は相手をファイヤーマンズキャリーの体勢で持ち上げ、旋回させながら相手の頭部をうつ伏せの形で自らの片膝に叩きつける改良型を使用している。ロニー・アルニール フレッシュアイペディアより)

93件中 21 - 30件表示

「後藤洋央紀」のニューストピックワード