93件中 41 - 50件表示
  • 安沢明也

    安沢明也から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    2005年9月25日、地元・新潟県で竹村豪氏とタッグを組み、稔&後藤洋央紀の持つIWGPジュニアタッグ王座に挑戦するも、逆十字固めで敗れ王座獲得ならず。安沢明也 フレッシュアイペディアより)

  • マシュー・ブルーム

    マシュー・ブルームから見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    6月18日、BAD INTENTIONSとしてプロレスリング・ノアのGHCタッグ王座、高山善廣、佐野巧真組と双方のベルトを賭けたダブルタイトルマッチで対戦。バーナードライバーで佐野を沈めIWGPタッグ8度目の防衛に成功するとともに、第22代GHCタッグ王座につく。同日のメインイベント棚橋弘至対後藤洋央紀のIWGPヘビー級王座戦終了後、棚橋のIWGPベルトに挑戦表明し、北海道での対戦が決定する。マシュー・ブルーム フレッシュアイペディアより)

  • 高橋裕二郎

    高橋裕二郎から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    12月24日、後楽園大会にて後藤洋央紀とのシングル戦の試合前にマイクでセクシャル口撃を浴びせ、この日を境に行動、言動と共にR指定キャラとして前面に押し出している。2012年に入ってからはサングラスを掛け、腰にピンクのバスタオルを巻いて入場し、リングサイドに女性ファンがいると抱擁やキスをせがんで来る、セクシー女優を侍らせて入場する、試合前には対戦相手を罵る、会場内の女性を口説くといったマイクアピールで観衆からブーイングや顰蹙を買っている。高橋裕二郎 フレッシュアイペディアより)

  • プロレス四天王

    プロレス四天王から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    2000年代後半頃から新日本プロレスのタイトルマッチ常連選手である棚橋弘至、中邑真輔、真壁刀義、後藤洋央紀の四人。プロレス四天王 フレッシュアイペディアより)

  • 梶原ひろみ

    梶原ひろみから見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    「覇道」(新日本プロレス選手・後藤洋央紀テーマ曲)梶原ひろみ フレッシュアイペディアより)

  • ユニオーネ

    ユニオーネから見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    9月13日、後楽園ホール大会にて行われた6人タッグマッチで後藤洋央紀と組んで、コンプリート・プレイヤーズ(田中将斗 & 外道 & 邪道組)と対戦。ミラノが邪道からギブアップ負けとなり、試合後も尚、ミラノの目に対して集中的に攻撃する。これが原因でミラノは右目を負傷。「右目下直筋下斜筋麻痺」と診断され、長期欠場に追い込まれる。一時は手術にも成功し、リハビリに努めていたが、ケガの状態は思わしくなく、2010年1月18日の記者会見にて引退を発表。ユニオーネとしての活動を停止した。ユニオーネ フレッシュアイペディアより)

  • 田中稔 (プロレスラー)

    田中稔 (プロレスラー)から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    第5・8・15・19・21代IWGPジュニアタッグ王座(パートナーは金本浩二→獣神サンダー・ライガー→後藤洋央紀→プリンス・デヴィット2回)田中稔 (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • 平澤光秀

    平澤光秀から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    限定マスクで登場することもあり、2013年7月の北海道大会では、頭に北海道の地図が描かれたマスクを着け「キャプテン・ホッカイドー」として登場した。2014年4月の台湾大会ではキャプテンの友人である「キャプテン・台湾」が参戦し、後藤洋央紀と組んで急遽IWGPタッグ王座に挑戦したものの敗れた。平澤光秀 フレッシュアイペディアより)

  • RISE (プロレス)

    RISE (プロレス)から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    後藤洋央紀(結成 - 2009年4月23日離脱)RISE (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • ハロー張りネズミ

    ハロー張りネズミから見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    五十嵐圭吾(元プロレスラー) - 後藤洋央紀ハロー張りネズミ フレッシュアイペディアより)

93件中 41 - 50件表示

「後藤洋央紀」のニューストピックワード