93件中 81 - 90件表示
  • マイケル・エルガン

    マイケル・エルガンから見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    2016年3月3日、NEW JAPAN CUP(以下「NJC」と表記)開幕戦の試合開始前、エルガンが新日本と2年契約を交わし同団体に入団したことを発表した。同日、NJC一回戦にて、天山広吉を相手に新日本所属デビュー戦を行い、エルガンボムでピンフォール勝ちを収めた。翌4日、二回戦ではバッドラック・ファレにも勝利を収めたが、12日の準決勝戦で後藤洋央紀を相手に敗戦した。マイケル・エルガン フレッシュアイペディアより)

  • ラリアット

    ラリアットから見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    後藤洋央紀(特攻ラリアット)ラリアット フレッシュアイペディアより)

  • 三重県立桑名工業高等学校

    三重県立桑名工業高等学校から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    後藤洋央紀(プロレスラー)三重県立桑名工業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • エルボー・ドロップ

    エルボー・ドロップから見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    主な使用者はテリー・ファンク、"ローラーボール"マーク・ロコ、ランディ・サベージ、アドリアン・アドニス、デビッド・シュルツ、ブレット・ハート、ショーン・マイケルズ、ザ・ヘッドハンターズ、ペリー・サターン、ダレン・ドロズドフ、ザック・ライダー(エルブロ・ドロップの名称で使用)、カート・ホーキンス(ヒート・シーキング・エルボーの名称で使用)、イライアス、天龍源一郎、川田利明、小島聡(いっちゃうぞエルボーの名称で使用)、高岩竜一、愚乱・浪花(カニカニ・エルボーの名称で使用)、神田裕之(旧名称は下剋上エルボー)、KENSO、後藤洋央紀、オカダ・カズチカ、吉田隆司、佐々木大輔、日向寺塁、中之上靖文、FUMA(Heavy Metal Anthemの名称で使用)、アジャ・コング、カイリ・セイン。エルボー・ドロップ フレッシュアイペディアより)

  • 全日本プロレス

    全日本プロレスから見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    2008年1月4日、東京ドームでグレート・ムタが参戦して後藤洋央紀と対戦。4月には武藤が中邑真輔に勝利してIWGPヘビー級王者になった。7月には欠場中の小島が新日本のリングに参戦して天山を救出。テンコジを復活する形になり、そのままG1に参戦を表明。全日本プロレス フレッシュアイペディアより)

  • HiGH&LOW〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜

    HiGH&LOW〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    演 - 後藤洋央紀(プロレスラー)HiGH&LOW〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜 フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    荒武者のニックネームで知られる後藤洋央紀は2011年から黒い袴を着用してリングに上がっている。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • 高山善廣

    高山善廣から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    2011年1月4日、杉浦とタッグを組んで岡田・後藤洋央紀組と対戦。エベレストジャーマンで岡田からフォールを奪った。高山善廣 フレッシュアイペディアより)

  • 闘魂三銃士

    闘魂三銃士から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    21世紀に入り、新日本プロレスの棚橋弘至・中邑真輔・柴田勝頼の3人が会社側の意向で「新・闘魂三銃士」と呼ばれるようになったが、3人がそれぞれ互いに遺恨を持っており、柴田が新日本プロレスを退団したことにより立ち消えとなっており、後に柴田に代わって後藤洋央紀を加えた3人で一部では呼ばれるも定着はしていなかったが、後に真壁刀義を加えた4人で「新日本四天王」とも呼ばれるようになった。闘魂三銃士 フレッシュアイペディアより)

  • 山本尚史

    山本尚史から見た後藤洋央紀後藤洋央紀

    国士舘大学時代、レスリング部に1年間所属し、ボクシング・フリースタイル柔術など経験。2002年3月に新日本プロレスへ入門。同期に中邑真輔、田口隆祐、長尾浩志、後藤洋央紀がいる。山本尚史 フレッシュアイペディアより)

93件中 81 - 90件表示

「後藤洋央紀」のニューストピックワード