99件中 21 - 30件表示
  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見た高橋裕二郎

    2010年の1月から杉浦貴とGHCヘビー級王座を賭けて対戦するも足首固めで敗退し3連敗を喫した。2月にはハードコアルールで再び田中将斗と対戦。エルボーパッドに鉄パイプを仕込んだスライディングDを喰らい敗北。3月のNJCでは前年度優勝者だったことからシード権を獲得し出場。初戦は高橋裕二郎に勝利、準決勝で田中将斗を撃破し、決勝戦で真壁刀義と対戦。これに勝利し史上初となるNJC2連覇を達成した。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たマシュー・ブルーム

    その後、真壁刀義、矢野通が所持するIWGPタッグ王座に的を絞り、9月5日に中邑真輔とタッグを組み挑戦。ところが、試合終盤同じRISEメンバーだったはずのジャイアント・バーナードとリック・フーラーが乱入しG・B・Hと結託。最後は真壁のキングコングニー・ドロップを受け惨敗。試合後、G・B・H勢とバーナード、フーラーに袋叩きされるもここで救出に駆けつけた棚橋弘至と握手を交わし本隊と共に打倒G・B・Hをアピールする。10月13日にバーナードと一騎打ちを行うがセコンドの介入があり最後はバーナードライバーに沈んだ。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見た邪道 (プロレスラー)

    同年にはデビュー戦で対戦した田口と組み、邪道、外道とIWGPジュニアタッグ王座決定戦を争うなどタッグで活躍。2004年のヤングライオン杯ではその田口に敗れ涙を飲んだ。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見た新日本プロレス

    後藤 洋央紀(ごとう ひろおき、男性、1979年6月25日 - )は、日本のプロレスラー。新日本プロレス所属。三重県桑名市出身。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見た外道 (プロレスラー)

    同年にはデビュー戦で対戦した田口と組み、邪道、外道とIWGPジュニアタッグ王座決定戦を争うなどタッグで活躍。2004年のヤングライオン杯ではその田口に敗れ涙を飲んだ。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見た青木篤志

    5月になると8年振りに“レスリングどんたく”と冠が付けられ、3年ぶりに開催した福岡国際センターでNJC覇者として棚橋弘至とIWGPヘビー級王座を賭けて再び対戦。3度目の正直を誓うもハイフライフローであえなく敗戦。5月5日では岡田かずちかと組み、杉浦貴、青木篤志組とNOHA勢との対抗戦を行う。最後は岡田が杉浦のオリンピック予選スラムで轟沈。その後6月20日に杉浦とのシングルマッチが組まれたが、敗北。さらに8月のG1 CLIMAX 2009公式戦で再び対決するも、最後は雪崩式オリンピック予選スラムで惨敗。この敗戦で予選リーグ敗退となり夏2連覇の夢が潰えた。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見た土方隆司

    うつ伏せの相手の片腕を自分の足を利用してハンマーロックに極め、もう片方の相手の腕に腕固めを決める。因みに元全日本プロレスの土方隆司が、シルバー・キングから世界ジュニアヘビーのベルトを取った時の変形型腕固め、元同団体の小島聡が使用するコジMAXホールドとは若干異なるが、方、きき部位は略同じである。後藤の数少ない関節技でフィニッシュ・ホールドまで昇華されつつあったが、現在は繋ぎ技として時折使用している。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見た内藤哲也

    2011年2月20日の仙台大会で、「(後藤がIWGPヘビー級ベルトを逮冠していない事実に対して)あんたは新日の四天王にふさわしくない」と発言し真っ向から後藤を全否定した内藤哲也と対戦。昇天・改でピンフォールを奪い実力を示した。その後3連覇達成を目指しNJCに出場するも、中邑真輔に敗れ初戦で敗退、3連覇実現は失敗に終わる。3月20日に棚橋とのタッグで組まれた試合(対戦相手は小島聡、MVP組)でラリアットが棚橋に誤爆。口論になった末、棚橋に対してヘッドバッドを見舞い試合を放棄。23日よりCMLLに遠征。現地でウルティモ・ゲレーロの所持するCMLL世界ヘビー級王座に挑戦しベストバウト級の試合を見せる。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たリック・フーラー

    その後、真壁刀義、矢野通が所持するIWGPタッグ王座に的を絞り、9月5日に中邑真輔とタッグを組み挑戦。ところが、試合終盤同じRISEメンバーだったはずのジャイアント・バーナードとリック・フーラーが乱入しG・B・Hと結託。最後は真壁のキングコングニー・ドロップを受け惨敗。試合後、G・B・H勢とバーナード、フーラーに袋叩きされるもここで救出に駆けつけた棚橋弘至と握手を交わし本隊と共に打倒G・B・Hをアピールする。10月13日にバーナードと一騎打ちを行うがセコンドの介入があり最後はバーナードライバーに沈んだ。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たエル・サムライ

    同年4月にC.T.Uに加入すると天然ボケキャラを見出され、先輩の獣神サンダー・ライガー、邪道、外道らを差し置いてリーダーとして(形の上だけ)活動。5月に稔と組んで金本浩二&井上亘組からIWGPジュニアタッグ王座を獲得。エル・サムライ&田口組に敗れるまで3度の防衛を果たした。12月の「夢☆勝ちます」では棚橋弘至の持つIWGP U-30無差別級に挑戦するも敗北。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

99件中 21 - 30件表示

「後藤洋央紀」のニューストピックワード