128件中 31 - 40件表示
  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たKAZSIN

    「覇道」 作曲:石川一宏(KAZSIN後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見た真壁刀義

    8月、G1 CLIMAX(以降G1)に初出場。開幕前に「初出場・初優勝を狙います」と発言し注目を集めた。初戦の川田利明戦は敗北するも、その後は白星を重ね見事決勝進出を果たし、17日の決勝戦では真壁刀義と対戦。後藤も真壁らG・B・Hメンバーの介入やイス攻撃などにより流血を負いながらも、最後は昇天・改で勝利した。なお、後藤は史上最短キャリアでのG1優勝という新記録を打ち立てた。8月31日、IWGPベルトの奪還を目標に敵地のリングにおもむき、全日本プロレスでは史上2度目となるIWGPヘビー級王座戦が行われ、王者・武藤敬司に挑戦した。しかし、武藤のムーンサルトプレスで敗退し、奪還に失敗した。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たG・B・H (プロレス)

    8月、G1 CLIMAX(以降G1)に初出場。開幕前に「初出場・初優勝を狙います」と発言し注目を集めた。初戦の川田利明戦は敗北するも、その後は白星を重ね見事決勝進出を果たし、17日の決勝戦では真壁刀義と対戦。後藤も真壁らG・B・Hメンバーの介入やイス攻撃などにより流血を負いながらも、最後は昇天・改で勝利した。なお、後藤は史上最短キャリアでのG1優勝という新記録を打ち立てた。8月31日、IWGPベルトの奪還を目標に敵地のリングにおもむき、全日本プロレスでは史上2度目となるIWGPヘビー級王座戦が行われ、王者・武藤敬司に挑戦した。しかし、武藤のムーンサルトプレスで敗退し、奪還に失敗した。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たマイケル・エルガン

    2016年のNJC準決勝、マイケル・エルガン戦で初公開。変形のラ・マヒストラルである。初戦の永田戦でも使用しているがフォールは奪えず。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見た伊藤旭彦

    国士舘大学へ進学後、レスリングで上位入賞を果たす。大学時代の後輩に伊藤旭彦、先輩にプロレス同期入門の山本尚史(現:ヨシタツ)がいた。大学卒業後、2002年に新日本プロレスに入団するが肩を脱臼し、一旦新日本を退団。後藤も柴田の家に居候して病院に通い、リハビリにつとめた後に新日本が経営する闘魂ショップ名古屋店併設の道場でトレーニングを重ねた後の2002年11月、新日本に再入団を果たした。2003年7月6日の岐阜産業会館における田口隆祐戦でデビューした。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見た外道 (プロレスラー)

    同年にはデビュー戦で対戦した田口と組み、邪道、外道とIWGPジュニアタッグ王座決定戦を争うなどタッグで活躍したが、2004年のヤングライオン杯ではその田口に敗れ、涙を飲んだ。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見た青木篤志

    5月3日、レスリングどんたくと冠が付けられ、3年ぶりに開催した福岡国際センターで、NJC覇者として棚橋とIWGPヘビー級王座を賭けて対戦したが、ピンフォール負けを喫する。5日には岡田かずちかと組み、NOAHの杉浦 & 青木篤志組との対抗戦を行う。最後は岡田が杉浦のオリンピック予選スラムで轟沈。その後、6月20日の「DOMINION6.20」で杉浦とのシングルマッチが組まれたが敗北。8月のG1公式戦で再び対決するも、惨敗した。またこの敗戦で予選リーグ落ちとなり、G1二連覇の夢が潰えた。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たエル・サムライ

    2005年ヤングライオン杯で、前年の雪辱を果たし優勝する。4月にC.T.Uに加入すると、後藤も天然ボケキャラを見出され、先輩の獣神サンダー・ライガー、邪道、外道らを差し置いてリーダーとして(形の上だけ)活動。5月には田中稔と組んで金本浩二 & 井上亘組からIWGPジュニアタッグ王座を獲得。エル・サムライ & 田口組に敗れるまで3度の防衛を果たした。12月の「夢☆勝ちます」では、棚橋弘至の持つIWGP U-30無差別級に挑戦するも敗れた。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見た飯塚高史

    以前のフィニッシュ・ホールド。ブレーンバスターの要領で垂直に担ぎ上げ、振り子のように前方に相手を後頭部から背中にかけてマットに叩きつけると同時に、自らは相手の体に体重をかけて倒れこみながら相手の胸板にエルボー・ドロップを突き刺す。2006年のメキシコ遠征中に開発した昇天の改良版で、日本に凱旋帰国した2007年9月7日の飯塚高史戦で初披露となった。新技である『GTR』が主となってからは一時封印していたが2016年のG1 CLIMAX優勝決定戦で解禁した。これ以降は大一番の試合でのみ使用している。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たランス・ホイット

    11月20日より開催されたWORLD TAG LEAGUEで後藤はカール・アンダーソンとのタッグ、SWORD&GUNSで出場、4勝2敗で決勝トーナメントを通過し、12月2日愛知大会の準決勝でテンコジ(天山 & 小島組)を下し決勝でK.E.S.(ランス・アーチャー & デイビーボーイ・スミスJr.組)と対決。試合はアンダーソンがスミスからピンフォール勝ちを収めて優勝を果たした。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

128件中 31 - 40件表示

「後藤洋央紀」のニューストピックワード