99件中 51 - 60件表示
  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たプロレスラー

    後藤 洋央紀(ごとう ひろおき、男性、1979年6月25日 - )は、日本のプロレスラー。新日本プロレス所属。三重県桑名市出身。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たZERO1

    それから程なくして真壁刀義と組み矢野通、ZERO1の田中将斗とハードコアルールマッチで対戦。今年のG1覇者と昨年の覇者の強力タッグだったが、矢野と田中が凶器をうまく使いこなし、終始ペースを握った。最後は田中のスライディングDの前に撃沈した。リベンジを誓うべく11月8日、田中とのシングルマッチに挑むも、最後は側頭部へのスライディングDを喰らい敗戦。「もう一回やらしてくれ」と後藤はさらに再戦を要求し、12月ついに田中から昇天3連発でピンフォール勝ちを収めた。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たWWE

    国士舘大学へ進学後、レスリングで上位入賞を果たした。大学時代の後輩にプロレスリング・ノアの伊藤旭彦、先輩にプロレス同期入門の山本尚史(現WWE ヨシ・タツ)がいる。大学卒業後新日本プロレスに入団するが、肩の怪我のため一旦新日本を退団した。柴田の家に居候してリハビリに通い、新日本が経営する闘魂ショップ名古屋店併設の道場でトレーニングを重ねた後に2002年11月に新日本プロレスに再入団を果たした。2003年7月6日の岐阜産業会館における田口隆祐戦でデビュー。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見た2009年

    2009年の1月にプロレスリング・ノア対抗戦に出陣。中邑と共に“ノアの象徴”三沢光晴、杉浦貴組と対戦。最後は中邑が杉浦を飛びつき式腕ひしぎ逆十字固めで捕獲しタップを奪った。「文句があるならいつでもやってやる」という中邑の発言に対し、三沢もホームアウェイ問わず団体対抗戦継続の意思を表した。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見た全日本プロレス

    同年8月にG1 CLIMAXに初出場。開幕前に「初出場・初優勝を狙う」と発言し注目を集める。初戦の川田利明戦は敗北するも、その後は白星を重ね見事決勝進出を果たし、17日の決勝戦では真壁刀義と対戦。G・B・Hメンバーの介入やイス攻撃などにより流血を負いながらも最後は昇天・改で勝利。2003年7月にデビューしてからわずか5年のキャリア、そして初出場ながら“夏男”の称号を獲得した。8月31日、IWGPベルトの奪還を目標に後藤が敵地のリングにおもむき全日本プロレスでは史上2度目となるIWGPヘビー級王座戦が行われ、王者武藤敬司に挑戦。しかしムーンサルトプレスで敗退しIWGPベルト新日本への奪還に失敗した。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たG1 TAG LEAGUE

    11月20日より開催されたWORLD TAG LEAGUEではカール・アンダーソンとのタッグ「SWORD&GUNS」で出場。4勝2敗で決勝トーナメントを通過し、12月2日愛知大会の準決勝で天コジ(天山広吉、小島聡組)を下し、決勝でK.E.S.(ランス・アーチャー、デイビーボーイ・スミスJr.組)と対決。アンダーソンがスミスからピンフォール勝ちを収めて、優勝。翌2013年1月4日、レッスルキングダムでK.E.S.の保持するIWGPタッグ王座に挑戦するも、キラーボムでピンフォール負けを喫した。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たIWGPタッグ王座

    その後、真壁刀義、矢野通が所持するIWGPタッグ王座に的を絞り、9月5日に中邑真輔とタッグを組み挑戦。ところが、試合終盤同じRISEメンバーだったはずのジャイアント・バーナードとリック・フーラーが乱入しG・B・Hと結託。最後は真壁のキングコングニー・ドロップを受け惨敗。試合後、G・B・H勢とバーナード、フーラーに袋叩きされるもここで救出に駆けつけた棚橋弘至と握手を交わし本隊と共に打倒G・B・Hをアピールする。10月13日にバーナードと一騎打ちを行うがセコンドの介入があり最後はバーナードライバーに沈んだ。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たニュージャパン・カップ

    2008年1月、4日の東京ドーム大会で7年8か月ぶりに新日本へ降臨したグレート・ムタと初遭遇を果たすが、ムーンサルトプレスであえなく敗北を喫した。3月に行われたNEW JAPAN CUP(NJC)では1回戦から棚橋弘至と対戦するが敗北。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たレッスルキングダム (プロレス興行)

    2012年1月4日、レッスルキングダムVIにおいて杉浦貴と一騎打ちを敢行。昇天・改でピンフォール勝ちを収め、ついに杉浦から初勝利をもぎ取った。2月12日に田中の所持するインターコンチネンタル王座に再度挑戦。勝利を収め、ヘビー級に転向してから初の王座奪取となり第3代IWGPインターコンチネンタル王者に戴冠した。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たIWGPジュニアタッグ王座

    同年にはデビュー戦で対戦した田口と組み、邪道、外道とIWGPジュニアタッグ王座決定戦を争うなどタッグで活躍。2004年のヤングライオン杯ではその田口に敗れ涙を飲んだ。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

99件中 51 - 60件表示

「後藤洋央紀」のニューストピックワード