128件中 71 - 80件表示
  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たNEW JAPAN CUP

    4月、NJCでは高橋、ラ・ソンブラ、真壁を破り、迎えた棚橋との優勝決定戦で昇天・改で初めて棚橋から勝利を収め、3度目の優勝を遂げた。5月3日、レスリングどんたくで、NJC優勝で得たIWGP王座挑戦権を行使し、IWGP王者のオカダ・カズチカと対戦するも敗戦した。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たG1 CLIMAX

    8月、G1 CLIMAX(以降G1)に初出場。開幕前に「初出場・初優勝を狙います」と発言し注目を集めた。初戦の川田利明戦は敗北するも、その後は白星を重ね見事決勝進出を果たし、17日の決勝戦では真壁刀義と対戦。後藤も真壁らG・B・Hメンバーの介入やイス攻撃などにより流血を負いながらも、最後は昇天・改で勝利した。なお、後藤は史上最短キャリアでのG1優勝という新記録を打ち立てた。8月31日、IWGPベルトの奪還を目標に敵地のリングにおもむき、全日本プロレスでは史上2度目となるIWGPヘビー級王座戦が行われ、王者・武藤敬司に挑戦した。しかし、武藤のムーンサルトプレスで敗退し、奪還に失敗した。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たラリアット

    ファイナル・カットの要領で相手の首にラリアットを打ち込んだ後、自らの右膝に相手の首筋から背中を打ち付ける。ネックブリーカーとバックブリーカーの複合技。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たIWGPヘビー級王座

    10月8日、かつて付き人を勤めた天山広吉と対戦、大流血の末に後藤も必殺の昇天で勝利を収める。この試合で、後藤が繰り出した変形バックブリーカー(後に牛殺しと命名)で天山は頸椎を負傷し、長期欠場に追い込んだ。11月11日、DESTRUCTION'07にて、棚橋が保持するIWGPヘビー級王座に初挑戦するが敗北した。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たバックブリーカー

    ファイナル・カットの要領で相手の首にラリアットを打ち込んだ後、自らの右膝に相手の首筋から背中を打ち付ける。ネックブリーカーとバックブリーカーの複合技。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たWORLD TAG LEAGUE

    11月20日より開催されたWORLD TAG LEAGUEで後藤はカール・アンダーソンとのタッグ、SWORD&GUNSで出場、4勝2敗で決勝トーナメントを通過し、12月2日愛知大会の準決勝でテンコジ(天山 & 小島組)を下し決勝でK.E.S.(ランス・アーチャー & デイビーボーイ・スミスJr.組)と対決。試合はアンダーソンがスミスからピンフォール勝ちを収めて優勝を果たした。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たニュージャパン・カップ

    1月4日、レッスルキングダムIIにて、7年8か月ぶりに新日本へ降臨したグレート・ムタと初遭遇を果たすが、ムタのムーンサルトプレスであえなく敗戦。3月に行われたNEW JAPAN CUP(以降NJC)では、1回戦から棚橋と対戦するが敗北を喫した。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たネックブリーカー・ドロップ

    ファイナル・カットの要領で相手の首にラリアットを打ち込んだ後、自らの右膝に相手の首筋から背中を打ち付ける。ネックブリーカーとバックブリーカーの複合技。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たIWGPジュニアタッグ王座

    同年にはデビュー戦で対戦した田口と組み、邪道、外道とIWGPジュニアタッグ王座決定戦を争うなどタッグで活躍したが、2004年のヤングライオン杯ではその田口に敗れ、涙を飲んだ。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たルチャリブレ

    アマチュアレスリングの「がぶり」の体制から相手の背中に乗り、反動をつけてから前転し相手の股間をすり抜けてエビ固めの要領で丸め込むラナ。ルチャリブレのスペル・ラナという技と同型。スペル・シーサーの考案によるもので、シーサー自身はヨシタニックとして使用している。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

128件中 71 - 80件表示

「後藤洋央紀」のニューストピックワード