128件中 81 - 90件表示
  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見た週刊プロレス

    週刊プロレス」で邪道が執筆する「CTU珍遊日記」では笑いを提供するキャラとして毎回登場し、「アホの後藤」呼ばわりされている。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たフォール技

    2016年のNJC準決勝、マイケル・エルガン戦で初公開。変形のラ・マヒストラルである。初戦の永田戦でも使用しているがフォールは奪えず。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見た福岡国際センター

    5月3日、レスリングどんたくと冠が付けられ、3年ぶりに開催した福岡国際センターで、NJC覇者として棚橋とIWGPヘビー級王座を賭けて対戦したが、ピンフォール負けを喫する。5日には岡田かずちかと組み、NOAHの杉浦 & 青木篤志組との対抗戦を行う。最後は岡田が杉浦のオリンピック予選スラムで轟沈。その後、6月20日の「DOMINION6.20」で杉浦とのシングルマッチが組まれたが敗北。8月のG1公式戦で再び対決するも、惨敗した。またこの敗戦で予選リーグ落ちとなり、G1二連覇の夢が潰えた。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たブレーンバスター

    以前のフィニッシュ・ホールド。ブレーンバスターの要領で垂直に担ぎ上げ、振り子のように前方に相手を後頭部から背中にかけてマットに叩きつけると同時に、自らは相手の体に体重をかけて倒れこみながら相手の胸板にエルボー・ドロップを突き刺す。2006年のメキシコ遠征中に開発した昇天の改良版で、日本に凱旋帰国した2007年9月7日の飯塚高史戦で初披露となった。新技である『GTR』が主となってからは一時封印していたが2016年のG1 CLIMAX優勝決定戦で解禁した。これ以降は大一番の試合でのみ使用している。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見た振り子

    以前のフィニッシュ・ホールド。ブレーンバスターの要領で垂直に担ぎ上げ、振り子のように前方に相手を後頭部から背中にかけてマットに叩きつけると同時に、自らは相手の体に体重をかけて倒れこみながら相手の胸板にエルボー・ドロップを突き刺す。2006年のメキシコ遠征中に開発した昇天の改良版で、日本に凱旋帰国した2007年9月7日の飯塚高史戦で初披露となった。新技である『GTR』が主となってからは一時封印していたが2016年のG1 CLIMAX優勝決定戦で解禁した。これ以降は大一番の試合でのみ使用している。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たJ SPORTS CROWN〜無差別級6人タッグトーナメント〜

    J SPORTS CROWN 6人タッグトーナメント 優勝 : 2回(2010年、2011年)後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たファイヤーマンズキャリー

    ファイヤーマンズキャリーで持ち上げた(もしくはフィッシャーマンの体制で相手を持ち上げた後、移行した)相手の頸椎のあたりが自分の片膝に当たるようにファイヤーマンズキャリーの要領で前方、もしくは側方に投げ落とす変型のネックブリーカー。元々古くからメキシコに存在していた技で、TNAやWWEで活躍するAJスタイルズも得意技にしていたが、決まった名称のない技であった。後藤は凱旋帰国後から使用し、この技で天山を欠場に追いやったことから天山のニックネームの牛が付いた。原型は欧州に古くからある技でこちらは単にネックブリーカーとも呼ばれる。この技に行くと見せかけて、ストマックブロックに移行する戦法も時折使用する。大一番の際には雪崩式も敢行する。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見た養神館合気道

    2009年春に養神館合気道本部道場に入門し、以来暇を見つけては稽古に励んでいる。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たチキンウィングフェイスロック

    相手の上半身をチキンウィングフェイスロックに捕らえ、体を反転させ胴体を両足で締め上げる。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見たアングル・スラム

    リストクラッチアングルスラム後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

128件中 81 - 90件表示

「後藤洋央紀」のニューストピックワード