従軍慰安婦問題 ニュース&Wiki etc.

慰安婦(いあんふ、???、、)とは、戦地の軍人を相手に売春する施設である慰安所でそれを行った女性であり、1980年代までは主に米軍・国連軍慰安婦の慰安所設置によって生じた用語である。現代では、それを批判する人々の視点から「かつて主に戦地で将兵の性の相手をさせられた女性」との語義で用いられる用語である (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「慰安婦」のつながり調べ

  • 西岡力

    西岡力から見た慰安婦問題

    2014年、週刊文春の記事中で元朝日新聞社記者の植村隆の書いた「(慰安婦が)女子挺身(ていしん)隊の名で連行された」とする記事を「捏造記事と言っても過言ではない」と批判した。これに対し、植村は2015年1月9日、「捏造」と批判され続け、家族や周辺にまで攻撃が及ぶとして、代理人として170人近い弁護士をたて、西岡と出版元の文藝春秋に対して計1650万円の損害賠償などを求める名誉毀損訴訟を東京地裁に起こした。同訴訟に対して、西岡は、文藝春秋2015年1月号での植村の西岡への反論に再反論しているにもかかわらず、「再反論に答えることなく、突然、民事訴訟を起こしたことには、大いに失望した。言論人であるならば、言論で戦って自分の名誉を守るべきだ」と批判している。また、「言論には言論での原則に則って、ぜひ植村氏と論争を続けたかった」述べ、高木健一との裁判と同じ苦々しい気持ちを植村との裁判でも感じているとしている。そして、「過去に慰安婦問題での日本の責任を問うキャンペーンを行った側が、それを批判してきた学者や言論人に対して名誉毀損で訴えるということが他にも続いている。その背景に何があるのかを考えている」としている。この訴訟については、産経新聞が言論に対しては言論にて反論するのが筋であり、自らに対する批判記事などが脅迫犯罪を招いたとする訴訟理由には首をひねると報道している。(西岡力 フレッシュアイペディアより)

  • 韓流

    韓流から見た従軍慰安婦問題

    2010年の初めごろから、韓流ショップが並ぶ東京の新大久保のコリア・タウンを「韓流の聖地」としてファンが多く訪れるようになり、特に職安通りのドン・キホーテ新宿店横から大久保通りを結ぶ細い小道は新たな流行の発信地となりつつあるとも報じられたが、現地は「新大久保は韓国からの直輸入品を扱っているだけで、新大久保から独自の文化を発信するには至っていない」と見ている。2011年には、韓国の芸能人関連グッズ店や韓国料理店・カフェなどが相次いで出店し、約300メートルの路地に60以上の店が並び、新大久保のコリアンタウンは地価が2倍以上になり、休日には3万人超の通行者が数えられるなど空前の盛り上がりを見せたが、騒音や道路における迷惑行為によって近隣の住民から警察に苦情が入るなどの問題も発生しているほか、公式ライセンスの販売許可を得ている店が存在しないことや運営会社の脱税などの問題がある。また、韓国の青少年を短期滞在資格で来日させ、韓流アイドルとして活動させていたライブハウスの役員が入管難民法違反で書類送検される事件も起きている。また、韓国の世界基督教統一神霊協会が設立したユニバーサル・バレエ団の男性バレエダンサーたちが人気を博していることが報じられた。2012年になると李明博による天皇謝罪要求を契機に、急速に人気が落ち込んだが、従軍慰安婦問題や韓国起源説を広報する「高麗博物館」から、西早稲田の「女たちの戦争と平和資料館」までを「日本の戦争加害と共生を考えるフィールド」として宣言を始めている。2014年になると、客足は全盛期の4分の1まで減少し、高齢の韓国人の街娼が復活するなど治安も悪化してきている。(韓流 フレッシュアイペディアより)

「慰安婦」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「従軍慰安婦問題」のニューストピックワード

  • 未必のマクベス

  • 準備ができておらず、とても壮大で難しい挑戦だった

  • 2018年末までにフォロワー数100万人を目指しています