401件中 131 - 140件表示
  • 日本の戦争責任資料センター

    日本の戦争責任資料センターから見た慰安婦慰安婦

    1993年4月に発足、同年7月に慰安婦についての調査資料を日本政府に提出、その後も活動を続けており、シンポジウム、外国記者クラブでの発表、慰安婦問題に関する声明などを行っている。日本の戦争責任資料センター フレッシュアイペディアより)

  • キム・ジャンフン

    キム・ジャンフンから見た慰安婦慰安婦

    2012年1月3日、韓国人慰安婦に対する日本の恒久的な謝罪と賠償を求めるため韓国広報専門家のソ・ギョンドクと一緒に訪日し、新宿・渋谷などで韓国人慰安婦の写真入り屋外広告物1500枚を無断で設置した。キム・ジャンフン フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦問題

    慰安婦問題から見た慰安婦慰安婦

    慰安婦問題 フレッシュアイペディアより)

  • 新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論

    新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論から見た慰安婦慰安婦

    大東亜戦争(太平洋戦争)を巡る歴史観を独自の視点で取り上げた。発行した時期にあっては、日本では従軍慰安婦問題や南京大虐殺論争、さらには教科書問題などを巡って、右翼勢力と左翼勢力が激しく争っていた。小林は当時、新しい歴史教科書をつくる会の幹事の一人であり、第1巻は「つくる会」の教科書をアシストする意図も大きかった。ただし、当初の「つくる会」は藤岡信勝の自由主義史観(司馬史観)であり、日清・日露までの戦争を肯定し、太平洋戦争は間違っていたとする思想だったため、渡部昇一などの「右翼」とされる論者は招かれず、西部邁・福田和也に「なぜ大東亜戦争肯定論者を、「つくる会」は呼ばないのか」と批判される状態であったが、小林は「つくる会」が外した論者にも独自に会い、当時の「つくる会」とは異なる「大東亜戦争肯定論」に至り、「つくる会」自体も大東亜戦争肯定論に至る形となった。新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論 フレッシュアイペディアより)

  • 午後のまりやーじゅ

    午後のまりやーじゅから見た慰安婦慰安婦

    2015年12月28日は「ひとあし早いけど女正月」をテーマに、山口と杜をメインパーソナリティー、また下重曉子(元NHKアナウンサー出身の随筆家)をゲストに招いて放送した。途中15時台に、日本と韓国の外相会談による慰安婦問題合意の臨時ニュースがあり、15時台後半約40分中断となった。12月30日は前半2時間は「フォーク大集会」、後半2時間は木曜日担当の井川と村上の担当で「年忘れ男祭り 2015年にモノ申す」を放送。12月31日は14時05分ごろから大みそか恒例の「教授の大晦日・蓄音機&SPレコード特集」として、黒崎、梅田、道谷の3人が担当する。午後のまりやーじゅ フレッシュアイペディアより)

  • ナチス戦争犯罪と日本帝国政府の記録の各省庁作業班

    ナチス戦争犯罪と日本帝国政府の記録の各省庁作業班から見た慰安婦慰安婦

    エドワード・J・ドレアは、日本の戦争犯罪に焦点を当てた報告書"日本の戦争犯罪調査、序文"にて慰安婦関連の資料が欠けている理由を以下のように分析している。ナチス戦争犯罪と日本帝国政府の記録の各省庁作業班 フレッシュアイペディアより)

  • 古山高麗雄

    古山高麗雄から見た慰安婦慰安婦

    新しい歴史教科書をつくる会の賛同人であったが、それは「憲兵にも良い奴はいたし、一等兵にも嫌な奴はいた。また、将校と結婚し幸せになった慰安婦もいる」という認識のもと、従来のステレオタイプな戦争史観への反発からであった。古山高麗雄 フレッシュアイペディアより)

  • 日韓秘密軍事情報保護協定

    日韓秘密軍事情報保護協定から見た慰安婦慰安婦

    2012年7月16日、金星煥外交通商相はソウルを訪問した前原誠司民主党政調会長に対してアメリカ合衆国ニュージャージー州に設置された日本軍慰安婦記念碑の撤去運動を日本側が行ったことなどが署名の延期の原因だと主張した。日韓秘密軍事情報保護協定 フレッシュアイペディアより)

  • 李栄薫

    李栄薫から見た慰安婦慰安婦

    慰安婦について「従軍慰安婦は売春業」「朝鮮総督府が強制的に慰安婦を動員したと、どの学者が主張しているのか」などの挺身隊関連の発言に対し、韓国挺身隊問題対策協議会(常任代表申蕙秀)から教授職辞任を要求された。最終的に元慰安婦に対し、2004年9月にナヌムの家にて韓国式の土下座(地面に額を押し付け屈服の意を表明する)をした上で謝意を伝えつつ「日本に協力した多くの韓国人がおり、植民地解放以降も女性たちの性の搾取が国家により行われてきたため、それを正すことが必要」との自身の見解を述べたが、元慰安婦らに数十分におよび罵倒された。李栄薫 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見義明

    吉見義明から見た慰安婦慰安婦

    この朝日新聞の報道以降、元慰安婦の訴訟、日韓間の政治問題化、教科書問題などに従い慰安婦問題が取り上げられる事となり、吉見はこれらの動きに応じてその後も慰安婦関係の研究を続け、著作・発言を行っており、現在は、西野瑠美子や林博史らと共同で戦争と女性の人権博物館の呼びかけ人や日本軍慰安婦問題の立法解決を求める緊急120万人署名』の賛同人などを務めている。吉見義明 フレッシュアイペディアより)

401件中 131 - 140件表示

「従軍慰安婦問題」のニューストピックワード