346件中 41 - 50件表示
  • 2ちゃんねらー

    2ちゃんねらーから見た慰安婦慰安婦

    ※代表的な例として、2004年の『国が燃える』問題が挙げられる。最近では、映画『パッチギ!』に出演した俳優高岡蒼甫のブログが「炎上」し、閉鎖に追い込まれた。また2008年10月には国連規約人権委員会が「死刑は廃止されるべきであり(死刑存廃問題)、慰安婦問題は政府により真摯に謝罪と解決を」と日本政府に勧告したために、Yahoo!ニュースのコメント欄が「事務総長がKの国出身の反日だからだ」などの嫌韓と「総長が変わるまで日本は国際人権規約から抜けろ、これは内政干渉だ」などの右翼的内容で埋まった。2ちゃんねらー フレッシュアイペディアより)

  • 韓国による天皇謝罪要求

    韓国による天皇謝罪要求から見た慰安婦問題慰安婦

    2011年10月、韓国の要請を受けて日韓首脳会談でウォン急落が懸念される韓国を支援するため通貨交換協定を130億ドルから700億ドルに拡大。2011年12月、日韓首脳会談で李明博大統領は慰安婦問題の解決を野田佳彦内閣総理大臣に強く求めた。2012年7月、李明博大統領は駐日大使に対して日本側の慰安婦問題解決の意志について打診したが日本の歴史認識は変わっていないと報告を受けた。韓国による天皇謝罪要求 フレッシュアイペディアより)

  • 上田清司

    上田清司から見た慰安婦慰安婦

    2006年(平成18年)6月議会で、埼玉県平和資料館の展示に関する質問に対し、「古今東西、慰安婦はいても従軍慰安婦というのはいなかった」と答弁。これを批判する活動家との面会で知事は、当時の人々の不幸な境遇につき理解を示したものの、自説を通した。面談後、「慰安婦はいた。異常な戦争状態では強制連行もあったと思う」と強制連行は認めた(面談を要請した李容洙も参照)。上田清司 フレッシュアイペディアより)

  • 特殊慰安施設協会

    特殊慰安施設協会から見た慰安婦慰安婦

    特殊慰安施設協会(とくしゅいあんしせつきょうかい)は、第二次世界大戦後、連合国軍占領下の日本に作られた同軍兵士の相手をする売春婦(慰安婦)がいた慰安所である。特殊慰安施設協会 フレッシュアイペディアより)

  • 右翼団体

    右翼団体から見た慰安婦慰安婦

    メディアに対しては、左派リベラルな論調の傾向があるとされる朝日新聞や毎日新聞に対して、1990年代の慰安婦に関する一連の報道などから特に批判的である。また地方紙では北海道新聞や中日新聞が敵視されている場合が多い。保守的論調の傾向がある読売新聞や産経新聞に対しては、肯定的な考えを示すことが多いが、場合によっては批判することもある(読売新聞が2004年に提言した憲法改正案で「天皇」の項目を第一章ではなく、第二章にした事を批判した事もある)。また、日本経済新聞に対しては、近年における大企業の中国への進出から、中国への肯定的な報道姿勢や進出した日本企業がチャイナリスクで生じる日本経済への影響もあるため、批判的であることが多い。日本経済新聞の論調である親米保守的な新自由主義やグローバリズムと、農本主義などの民族主義思想は基本的に相容れないものである。右翼団体 フレッシュアイペディアより)

  • 櫻井よしこ

    櫻井よしこから見た慰安婦慰安婦

    1996年(平成8年)10月3日、横浜市教育委員会主催の教職員研修講演で「強制連行はなかった、慰安婦はビジネス」と発言したことにより、その後に櫻井が講演予定をしていた主催者へ「人権」を掲げる団体が抗議運動をしたため、主催者が講演の中止を発表するに至った。櫻井よしこ フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話

    慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話から見た慰安婦慰安婦

    慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話(いあんふかんけいちょうさけっかはっぴょうにかんするこうのないかくかんぼうちょうかんだんわ)は、1993年(平成5年)8月4日に、宮沢改造内閣の河野洋平内閣官房長官が発表した談話。一般に河野談話(こうのだんわ)として知られる。慰安所の設置は日本軍が要請し、直接・間接に関与したこと、慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったこと、慰安所の生活は強制的な状況の下で痛ましいものであったとし、慰安婦の存在は認めた。また、日本軍が強制連行を行なったことを認める内容であるか否かは意見が分かれている。慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話 フレッシュアイペディアより)

  • すぎやまこういち

    すぎやまこういちから見た慰安婦慰安婦

    従軍慰安婦問題や南京大虐殺についても、たびたび否定的な態度を表明している。ニューヨーク・タイムズ紙やワシントン・ポスト紙に、「南京大虐殺の被害者が30万人という説、およびそれに基づく日本軍の虐殺行為は事実として認められない」という趣旨の意見広告を載せようとし、一度は断られたが、2007年6月14日付ワシントン・ポスト紙に歴史事実委員会名義で「THE FACTS」(従軍慰安婦問題について強制性はなかったとし、アメリカ合衆国下院121号決議案採択阻止を目指す目的の意見広告)が掲載された。これを主導し、広告費全額を負担したのはすぎやまである。すぎやまこういち フレッシュアイペディアより)

  • 日本統治時代の朝鮮

    日本統治時代の朝鮮から見た慰安婦慰安婦

    日本兵を相手に慰安婦として働く朝鮮婦人もおり、その慰安婦が在籍する慰安所営業者の半数は朝鮮人が占めていた。現代韓国では慰安婦を勤労奉仕の女子挺身隊と混同し、今だ従軍慰安婦問題として日本に補償を求める動きがある。また、朝鮮人婦女子を拉致・誘拐して売り飛ばしていたのはすべて朝鮮人の犯罪であったが、慰安婦について、日本軍の行った人権侵害であるとする立場と、韓国の学識者、日本の右派・保守派を中心に慰安婦について「単なる売春婦である」とする見解がある。また「日本軍〈慰安婦〉問題は国内外の反日勢力の陰謀」とし、「日本版歴史修正主義」と反論しているものもいる(高橋哲哉『歴史/修正主義』岩波書店、2001年、?頁)。日本統治時代の朝鮮 フレッシュアイペディアより)

  • 和田春樹

    和田春樹から見た慰安婦慰安婦

    朝鮮人従軍慰安婦問題については、当時の日本政府に対して一貫して批判的である。一方、『女性のためのアジア平和国民基金』に係わる活動によって和田は、朝鮮人慰安婦寄りの主張を行う社会運動家からも批判される立場に立った。和田春樹 フレッシュアイペディアより)

346件中 41 - 50件表示

「従軍慰安婦問題」のニューストピックワード