724件中 51 - 60件表示
  • 慰安婦

    慰安婦から見た李栄薫

    1984年には、1969年の報道を根拠に元東亜日報編集長の宋建鎬が「日本が挺身隊という名目で連行した朝鮮人女性は、ある記録によると20万人で、うち5 - 7万人が慰安婦として充員された」と述べている。これについて李栄薫ソウル大学教授は誇張であると批判しているが、この数値は千田夏光がソウル新聞を誤読したうえで発表した数値と同一である。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見た平林博

    日本政府による慰安婦調査を実施した平林博内閣外政審議室室長や石原信雄官房副長官は、軍や官憲による慰安婦の強制募集を直接示す証拠も証言もなかったと国会答弁や新聞、雑誌等で語っている。また、河野談話では朝鮮人慰安婦に触れた段落では「官憲等」の加担については述べられていないと西岡力は指摘している。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見た戸塚悦朗

    1992年2月25日、NGO国際教育開発(IED)代表で弁護士の戸塚悦朗は国連人権委員会で日本軍慰安婦問題を取り扱うように要請し、その際、「日本帝国主義の性奴隷(sex slaves)と規定した」と自分が「性奴隷」という言葉を発案したと回想している。当初、国連では「性奴隷」という呼称は受入れられなかったが、戸塚は人権委員会の下位にある差別防止少数者保護小委員会(人権小委員会)や、人権小委員会で活動する現代奴隷制作業部会に働きかけた。日本弁護士連合会(日弁連)会長(当時)で「慰安婦問題の立法解決を求める会」(1996年12月設立)の土屋公献も、1992年から日弁連が国連において慰安婦補償を要求するなかで「性的奴隷(Sex SlavesまたはSexual Slavery)」 として扱うように働きかけ、その結果、1993年6月に世界人権会議の「ウィーン宣言及び行動計画」において「性的奴隷制」が初めて「国連の用語」として採用されたとしている。日弁連会長鬼追明夫は「軍事的性的奴隷」とも表現している。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見た古森義久

    日本では読売新聞・日本経済新聞・産経新聞・毎日新聞が米下院決議を批判し、また朝日新聞は社説で安倍首相は河野談話と同様の談話を出すべきと報じた。しかし日本政府は反論も抗議もせずに、安倍首相も「残念だ」とコメントするにとどまった。古森義久は「日本の従順な態度は高く評価されて、もう同じ糾弾はしないようになると思ったら、とんでもない。現実は正反対なのだ。日本が黙っているのを見透かしたように同種の非難の矢がさらに激しく、さらに多方面から飛んでくる」と指摘している。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見た大沼保昭

    基金の大沼保昭理事は「韓国社会は反日さえ言っていればいいという体質」であり、基金は被害者個人の救済は実現できたが、日韓関係の改善には役立つことはないだろうと述べている。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見た高崎宗司

    1970年8月14日、ソウル新聞が「1943年から1945年まで、挺身隊に動員された韓・日の2つの国の女性は全部でおよそ20万人。そのうち韓国女性は5 - 7万人と推算されている」と報道する。しかし高崎宗司によれば、この「5 - 7万」の推算の根拠は不明。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見た渡部昇一

    1955年の広辞苑初版では慰安婦を「戦地の部隊に随行、将兵を慰安した女」と解説している。1970年代以降になって「従軍慰安婦」問題が社会問題となり、日韓の外交問題にまで発展すると、広辞苑4版(1991年)以後で「従軍慰安婦」項目が登場し、「日中戦争・太平洋戦争期、日本軍将兵の性的慰安のために従軍させられた女性」と記載された。さらに、第5版(1998年) では「日中戦争、太平洋戦争期、日本軍によって将兵の性の対象となる事を強いられた女性。多くは強制連行された朝鮮人女性。」と記述され、この記載に対して谷沢永一と渡部昇一らが、史実と異なる記述であり、イデオロギーにもとづく記述は辞書に値しないと批判したその後、現行の第6版(2008年)では後半部は「植民地・占領地出身の女性も多く含まれていた」と改訂された。一方で、その第6版では「朝鮮人強制連行」の項目で、「日中戦争・太平洋戦争期に100万人を超える朝鮮人を内地・樺太(サハリン)・沖縄・東南アジアなどに強制的に連行し、労務者や軍夫などとして強制就労させたこと。女性の一部は日本軍の慰安婦とされた。」と記述している。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見た池田信夫

    1991年12月6日には、福島瑞穂、高木健一弁護士らが日本国に慰安婦補償を求めた初の損害賠償請求裁判を提訴した(アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件。2004年最高裁で敗訴)。これを朝日新聞は当該訴状で「親に売られてキーセン(妓生)になった」と記載されているものを「日本軍が慰安婦を女子挺身隊として強制連行した」と書き変えて報じ、福島らも訴状を「軍に連行された」に変更した。当時NHK職員だった池田信夫によると、福島瑞穂や高木健一らは原告として韓国で金学順を発掘し、福島はNHKにこの話を売り込み、NHKのスタジオでは金学順に「親に売られてキーセンになり、義父に連れられて日本軍の慰安所に行った」と台詞指導をおこなったという。この時点では敗戦で無効になった軍票で支払われた給与の賠償が目的だった。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見た西尾幹二

    これらの通牒の解釈をめぐっては論争があり、日本軍が慰安婦募集に組織的に関与していた証拠とする主張(吉見義明ら)があり、朝日新聞は1992年1月11日記事でこの陸軍省通達を日本軍が朝鮮の少女を強制連行した証拠として報道した。他方、高橋史朗、西尾幹二、藤岡信勝、小林よしのり、秦郁彦、西岡力、中川八洋、水間政憲らは、この通達は悪徳業者の取締であり、日本軍の関与は良識的なものであったとしている。これに対して吉見義明は「通達の主旨は派遣軍が業者を管理すべしというものであり取り締まりではない」また「朝鮮や台湾などの植民地では、この通牒は適用されなかった」と反論、ほか永井和はこの通達は業者を警察の規制下に置くものであり、また業者の斡旋を「強制連行」とみなすのは無理であると論じている。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見た金両基

    川田文子は、朝鮮には妓生、女社堂牌(ヨサダンペ)、色酒家など様々の形態があったが、特定の集娼地域で公けの管理を行う公娼制度とは異なるとした。また、金富子や梁澄子、評論家の金両基らは、妓生制度は売買春を制度化する公娼制度とは言えないと主張している。金両基は多くの妓生は売春とは無縁であり、漢詩などに名作を残した一牌妓生黄真伊のように文化人として認められたり、妓生の純愛を描いた『春香伝』のような文学の題材となっており、70年代から90年代にかけて主に日本人旅行客の接待に使われたキーセン観光はとはまったく違うと反論した。ほか『歴史学辞典 8 人と仕事』(弘文堂)では、妓生は歌や踊りで遊興を盛り上げるのを生業とし、売春する二牌、三牌は妓生とは呼ばれていなかったと記載されている。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

724件中 51 - 60件表示

「従軍慰安婦問題」のニューストピックワード