669件中 51 - 60件表示
  • 慰安婦

    慰安婦から見たシーメンス

    ヘイデン法成立後、同法を根拠にしてシーメンスやフォルクスワーゲン、ドイツ銀行などがナチス時の強制労働の損害賠償をユダヤ系団体から請求され提訴されるのと並行して、日本企業への集団訴訟もカリフォルニア州で相次いだ。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見た三井物産

    1999年8月11日、元米兵が太平洋戦争時に捕虜となり炭鉱で強制労働させられたとして三井鉱山、三井物産など日系企業を損害賠償でロサンゼルス郡上位裁判所に提訴。9月7日には在米韓国人が八幡製鐵での労働についてワシントン地裁に提訴し、担当したサンディエゴ市在住のデービッド・ケーシー弁護士は「これは始まりに過ぎない。今後、米国内でこの種の訴訟は激増する」と声明を発表した。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見た日本赤十字社

    また、同じく旧日本軍による強制でなかったとする立場からは、「『従軍』という言葉は、軍属という正式な身分を示す言葉であり、軍から給与を支給されていた」から、慰安婦に使う用語ではないという主張もあった。これは、従軍看護婦、従軍記者、従軍僧侶などと慰安婦を「同列」に扱うことを非難する意味もあった。千田は、従軍看護婦の主力は「日本赤十字社救護看護婦」で、給与は日本赤十字社から出されていたこと。戦後の軍人恩給で、ごく一部の婦長を除き、軍属ではないとして恩給の対象から外されたことなどの例を挙げ、「従軍とは軍隊に従って戦地に行くことであり、それ以上の意味もそれ以下の意味もない」と反論した。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見た土屋公献

    日本弁護士連合会(日弁連)は1992年に戸塚悦郎弁護士を海外調査特別委員に任命し、海外の運動団体と連携し、国連へのロビー活動を開始し、同1992年2月、戸塚弁護士はNGO国際教育開発(IED)代表として、朝鮮人強制連行問題と「従軍慰安婦」問題を国連人権委員会に提起し、「日本軍従軍慰安婦」を「性奴隷」として国際社会が認識するよう活動していく。当時日弁連会長だった土屋公献も日弁連が国連において慰安婦を「性的奴隷(Sex Slaves またはSexual Slavery)」 として扱い、国連から日本政府に補償をおこなうように働きかけたと言明している。その結果、1993年6月のウィーンの世界人権会議において「性的奴隷制」が初めて「国連の用語」として採用され、1996年のクマラスワミ報告書では「軍隊性奴隷制(military sexual slavery)」と明記されることとなる。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見たドワイト・D・アイゼンハワー

    2012年6月16日にはニューヨークのアイゼンハワー公園に「日本軍が性的奴隷にするため、20万人を超える少女らを強制動員した。日本軍が行った卑劣な犯罪は必ず認められるべきで、絶対に忘れられない」とする碑文が刻まれた慰安婦碑が韓国人の働きによって設置された。2012年6月21日には在米日本人によってホワイトハウスに真実に基づく行動をとるよう求める請願が出された。7月21日までにホワイトハウスのホームページ上で行えるネット署名が25,000名に達するとアメリカ政府から公式な回答がなされることとなっている。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見た李栄薫

    1984年には韓国で宋建鎬(朝鮮語)が挺身隊として動員された女性は20万人でありそのうち5万人から7万人が朝鮮人であった(数値は千田前掲書と同一)とする1969年の韓国日刊紙の報道を日帝が挺身隊の名目で20万人の朝鮮女性を連行しそのうち5万から7万人を慰安婦としたと置き換えて報じたことを発端として、現在では、北朝鮮は朝鮮女性20万人が強制的に慰安婦にされ840万人が強制連行されたとし、大韓民国国定教科書は数十万人の朝鮮女性が強制的に慰安婦にされ、650万人の朝鮮人が強制的に動員されたとしている。これらの韓国・北朝鮮両政府の公式見解について、李栄薫ソウル大学教授は1940年当時の16歳から21歳の朝鮮女性は125万人であり、20歳から40歳の朝鮮人男性は321万人であるためこれらの数値は正しくないと指摘している。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見た金聖鍾

    1991年10月7日から1992年2月6日にかけて韓国のMBC放送が二十億ウォンの予算を投入して製作したドラマ『黎明の瞳』を放映し、最高視聴率58.4%を記録した。物語ではヒロインが従軍慰安婦として日本軍に連行され、日本軍兵士が慰安所を利用したり、朝鮮人兵士を虐待する場面がお茶の間にそのまま放映され、反日感情を煽った。原作は金聖鍾の全10巻にも及ぶ小説で、1975年10月から韓国の日刊スポーツ新聞で連載されていたもの。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見た藤目ゆき

    他方、日本軍慰安婦制度を「公娼」制度として認識する歴史学者もいる。1997年に発表した研究において歴史学者の藤目ゆきは、日本では前近代より公娼制度があったが、近代日本の公娼制度はヨーロッパの近代公娼制度をモデルとして再編成されたものと指摘したうえで、慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見た高崎宗司

    1970年8月14日、ソウル新聞が「1943年から1945年まで、挺身隊に動員された韓・日の2つの国の女性は全部でおよそ20万人。そのうち韓国女性は5〜7万人と推算されている」と報道する。しかしアジア女性基金運営審議委員高崎宗司によれば、このソウル新聞記事における「5〜7万」の推算の根拠は不明である。さらに、金英達と高崎宗司の研究によれば、このソウル新聞の記事が作家の千田夏光による1973年の著作『従軍慰安婦』で「『挺身隊』の名の元に彼女らは集められた」「総計20万人(韓国側の推計)が集められたうち、『慰安婦』にさせられたのは5万人ないし7万人とされている」と誤読されたうえで典拠とされたとしている。この千田夏光による言及が、慰安婦と挺身隊との混同の始まりとされる。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見た安倍晋三

    吉田は自著の虚偽を指摘された後も韓国での謝罪行脚や朝日新聞での証言を続けていたが、1995年に「自分の役目は終わった」として著書が自身の創作であったことを認め、朝日新聞は1997年に「吉田証言の真偽は確認できない」との記事を掲載した。2007年に安倍晋三首相は「虚偽と判明した吉田証言以外に官憲の関与の証言はない」と答弁している。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

669件中 51 - 60件表示

「従軍慰安婦問題」のニューストピックワード