669件中 71 - 80件表示
  • 慰安婦

    慰安婦から見た金君子

    2007年1月末に民主党のマイク・ホンダ下院議員らが慰安婦問題に関する日本への謝罪要求決議案を提出した。過去にも同種の決議案は提出されていたが、いずれも廃案になっていた。2月15日の下院公聴会で、李容洙、金君子、ジャン・ラフ・オハーンの3人の元慰安婦が証言。2007年2月25日フジテレビ放送の『報道2001』でホンダ議員は「反日決議案ではなく和解を意識したもの」と述べた。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見た双葉社

    1973年には千田夏光『従軍慰安婦』(双葉社)が刊行され、朝鮮人女性が20万連行され、そのうち5〜7万が慰安婦とされたと書く。のちのアジア女性基金調査(高崎宗司)によれば、これはソウル新聞の記事の誤読ではないかとし、また数値の根拠は不明としている(本項「総数」節参照)。1976年には『天皇の軍隊と朝鮮人慰安婦』(金一勉著:三一書房 )などが出版された。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見た反日感情

    日本ではこの問題の報道を『朝日新聞』が主導した。(東京の社会部市川速水記者が取材チームを率いていた。)1991年5月22日『朝日新聞』大阪版が吉田証言を紹介し、同1991年8月11日に朝日新聞が「元朝鮮人従軍慰安婦 戦後半世紀重い口開く」(植村隆韓国特派員・ソウル発)記事で元慰安婦の金学順について「女子挺身隊の名で戦場に連行され」たと報道する。同年8月15日韓国ハンギョレ新聞は金学順が「親に売り飛ばされた」と報道し、また金学順の裁判での供述との矛盾などもあり、のちにこれは誤報であることが判明する。しかし朝日新聞による「従軍慰安婦」報道は韓国でも伝えられ、反日感情が高まり、慰安婦問題は日韓の政治問題となっていった。同年10月10日には朝日新聞大阪版が再度、吉田清治へのインタビューを掲載する。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見た妊娠

    また、朝鮮人(朝鮮保安隊)も朝鮮半島の吉州郡や端川市などでソ連兵とともに非戦闘員の女性引揚者への集団強姦行為をおこない、強姦後に虐殺するケースもあった。強姦により妊娠した引揚者の女性を治療した二日市保養所の1946年(昭和21年)の記録では、相手の男性は朝鮮人28人、ソ連人8人、中国人6人、アメリカ人3人、台湾人・フィリピン人各1人であり、場所は朝鮮半島が38件と最も多く、満州4件、北支3件であった。また、中国共産党軍による通化事件が起きたほか、引揚列車に乗り込んできた中国共産党軍によって拉致された女性もいた。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見た誘拐

    1930年代には10代の少女らが誘拐される事件が頻発し、中国などに養女などの名目で売却されていた。斡旋業者は恐喝を行ったり、また路上で誘拐して売却していた。朝鮮総督府警察はたびたびこうした業者を逮捕し、1939年には中国への養女供与を禁止している。当時の人身売買および少女誘拐事件については警察の発表などを受けて朝鮮の新聞東亜日報や毎日新報(毎日申報。現・ソウル新聞)、また時代日報、中外日報で報道されている。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見た中北千枝子

    この映画では慰安所に7人の慰安婦がおり、うち1人は朝鮮人(演じているのは中北千枝子)である。慰安婦はたくましく生きているように描かれており、朝鮮人慰安婦はセリフで、大東亜戦争が終わったら新宿で喫茶店を開くために慰安婦をやって稼いでいる、と言っている。強制連行されたり性奴隷にされている様子はない。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見た日刊スポーツ新聞

    1991年10月7日から1992年2月6日にかけて韓国のMBC放送が二十億ウォンの予算を投入して製作したドラマ『黎明の瞳』を放映し、最高視聴率58.4%を記録した。物語ではヒロインが従軍慰安婦として日本軍に連行され、日本軍兵士が慰安所を利用したり、朝鮮人兵士を虐待する場面がお茶の間にそのまま放映され、反日感情を煽った。原作は金聖鍾の全10巻にも及ぶ小説で、1975年10月から韓国の日刊スポーツ新聞で連載されていたもの。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見たソウル新聞

    1930年代には10代の少女らが誘拐される事件が頻発し、中国などに養女などの名目で売却されていた。斡旋業者は恐喝を行ったり、また路上で誘拐して売却していた。朝鮮総督府警察はたびたびこうした業者を逮捕し、1939年には中国への養女供与を禁止している。当時の人身売買および少女誘拐事件については警察の発表などを受けて朝鮮の新聞東亜日報や毎日新報(毎日申報。現・ソウル新聞)、また時代日報、中外日報で報道されている。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見た文化放送 (韓国)

    1991年10月7日から1992年2月6日にかけて韓国のMBC放送が二十億ウォンの予算を投入して製作したドラマ『黎明の瞳』を放映し、最高視聴率58.4%を記録した。物語ではヒロインが従軍慰安婦として日本軍に連行され、日本軍兵士が慰安所を利用したり、朝鮮人兵士を虐待する場面がお茶の間にそのまま放映され、反日感情を煽った。原作は金聖鍾の全10巻にも及ぶ小説で、1975年10月から韓国の日刊スポーツ新聞で連載されていたもの。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見た詐欺

    1993年、「挺身隊研究会」会長の鄭鎮星 (チョン・ジンソン)ソウル大学教授は「8万人から20万人と推定される慰安婦のうち、絶対多数を占めると思われている朝鮮人慰安婦」としたが、独自根拠不明、詐欺を強制に含めている。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

669件中 71 - 80件表示

「従軍慰安婦問題」のニューストピックワード