前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
325件中 1 - 10件表示
  • 沖永良部島

    沖永良部島から見た徳之島徳之島

    同じ奄美群島において大部分が古生層からなる奄美大島や、古生層地域が多い徳之島などと比べると地学的な多様性は少ない。しかし全島が隆起サンゴ礁の島である与論島や喜界島などに比べると、比較的多様性のある自然環境を呈し、特に大山山頂部とその周辺には、土地利用に伴う人為的な改変が少ないある程度のまとまった面積の亜熱帯性の森林とカルスト地形が残っている。沖永良部島 フレッシュアイペディアより)

  • 奄美料理

    奄美料理から見た徳之島徳之島

    奄美群島の有人8島(北から奄美大島、喜界島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島)は、沖縄県と同じく周囲を海に囲まれた亜熱帯の気候風土にあり、歴史的に中国や東南アジアとの海上交易の通路にあり、琉球王国や薩摩藩の支配を受けたことから、これらの地域の料理の影響を大きく受けている。奄美料理 フレッシュアイペディアより)

  • オオクワガタ属

    オオクワガタ属から見た徳之島徳之島

    トクノシマヒラタクワガタ D.t.tokunoshimaensis - 徳之島に生息する。内歯が中央に位置し、大型になるが、大アゴは体の割りに短い。オオクワガタ属 フレッシュアイペディアより)

  • 喜界島

    喜界島から見た徳之島徳之島

    9世紀から15世紀にわたる城久遺跡群からも、白磁器や徳之島カムィ焼土器など、島外の遺物が多く、南西諸島の中でも独自性が強いとされる。喜界島 フレッシュアイペディアより)

  • 奄美群島の歴史

    奄美群島の歴史から見た徳之島徳之島

    奄美群島での人の痕跡は、約3万年前のものと推定されるアマングスク遺跡(徳之島)で、南西諸島最古級の遺跡である。土浜ヤーヤ遺跡(奄美大島)、喜子川遺跡(同)などは旧石器時代から縄文時代初期の遺跡と言われ、姶良カルデラの火山灰(2万4000年前〜2万2000年前)と鬼界カルデラの火山灰(約6400年前)も確認されている。奄美群島の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 安田宝英

    安田宝英から見た徳之島徳之島

    安田 宝英(やすだ たかひで、1927年 - )は日本の民謡歌手(奄美シマ唄唄者)、民謡指導者。ひぎゃ唄と呼ばれる奄美大島南部瀬戸内町の歌い方で、小学生から大人までを対象とした三味線、民謡教室を運営し、多くの唄者を育てた。鹿児島県の徳之島伊仙町出身、喜界島(喜界町)在住。安田宝英 フレッシュアイペディアより)

  • ハブ (動物)

    ハブ (動物)から見た徳之島徳之島

    奄美諸島:奄美大島、枝手久島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島ハブ (動物) フレッシュアイペディアより)

  • エビネ

    エビネから見た徳之島徳之島

    花の色は変異が大きい。がく片と側花弁は赤褐色、褐色、黄褐色、緑褐色、緑など。唇弁は白または薄紫紅色。花の色に基づいてアカエビネ、ダイダイエビネなどの品種を認めることがある。固有の変種とされるものにアマミエビネ(var. amamiana (Fuk.) Masam.、奄美大島および徳之島に分布)、カツウダケエビネ(var. kanashiroi Fuk.、沖縄県に分布)、ハノジエビネ(var. divaricantipentala、徳之島に分布)がある。エビネ フレッシュアイペディアより)

  • 大山綱道

    大山綱道から見た徳之島徳之島

    大山綱栄(正徳5年 - 天明8年(1788年)2月23日)の子として誕生。隠居していた島津継豊の御側小姓になる。宝暦5年(1755年)の島津重豪藩主就任時に、江戸幕府は薩摩藩に国目付として京極兵部高主らを派遣することを決め、宝暦6年に派遣された国目付に提出した薩摩藩分限帳でも側小姓であったことが確認できる。その後、御徒目付になり、さらに島津重豪の御小納戸頭取になり、家格一代小番に昇格。安永2年(1773年)から安永4年(1775年)まで徳之島代官。当時の通称は休左衛門であった。大山綱道 フレッシュアイペディアより)

  • 富山丸

    富山丸から見た徳之島徳之島

    1944年(昭和19年)6月27日、「富山丸」を含めた12隻の船舶、総計23,777トンはカタ412船団を構成し、鹿児島湾を出港する。翌28日、船団のうち貨客船「履門丸」(大阪商船、784トン)と「開城丸」(大阪商船、2,025トン)は名瀬港に寄港し、「富山丸」を含めた他の船舶は17時に古仁屋に入港した。翌朝、船団は名瀬と古仁屋からそれぞれ出港して那覇に向かう。その頃、アメリカの潜水艦スタージョン(USS Sturgeon, SS-187) が徳之島の東で浮上哨戒を行っており、4時33分に潜航哨戒を開始した。5時29分、スタージョンはの地点で船舶から発せられる煙を確認する。さらに観測を続け、相手は1隻の大型輸送船、4隻の中型ないし小型の輸送船、1隻の兵員輸送船、何隻かの小型船および1隻の小型タンカーからなる輸送船団であり、漁船型の護衛艇がついているのを確認する。カタ412船団は針路220度で航行中と判断され、スタージョンは「安洋丸級」こと「富山丸」に照準を定める。7時25分、スタージョンは艦首発射管から「富山丸」に向けて魚雷を4本発射、4本のうち3本が「富山丸」の左舷船首と二番船倉および四番船倉と機関室の中間部に命中した。左舷船首と二番船倉に命中した魚雷の衝撃でガソリンが船内および海上で発火して炎上した。止めを刺したのは四番船倉と機関室の中間部に命中した魚雷で、「富山丸」は船体を二つに折っての徳之島南東12キロの地点で轟沈した。富山丸 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
325件中 1 - 10件表示

「徳之島」のニューストピックワード