325件中 91 - 100件表示
  • 犬田布騒動

    犬田布騒動から見た徳之島徳之島

    犬田布騒動(いんたぶそうどう)は1864年4月23日(文久4年3月18日)に徳之島の犬田布村で起きた百姓一揆。農民の立場から、犬田布義戦(いんたぶぎせん)とも呼ばれる。犬田布騒動 フレッシュアイペディアより)

  • クイーンコーラルプラス

    クイーンコーラルプラスから見た徳之島徳之島

    鹿児島港(新港) - 奄美大島(名瀬港新港地区) - 徳之島(亀徳港) - 沖永良部島(和泊港) - 与論島(与論港) - 本部港 - 那覇港(那覇ふ頭)クイーンコーラルプラス フレッシュアイペディアより)

  • フェリーきかい (2代)

    フェリーきかい (2代)から見た徳之島徳之島

    鹿児島港(本港北埠頭) - 喜界島(湾港) - 奄美大島(名瀬港) - 奄美大島(古仁屋港) - 徳之島(平土野港)フェリーきかい (2代) フレッシュアイペディアより)

  • ルイスツノヒョウタンクワガタ

    ルイスツノヒョウタンクワガタから見た徳之島徳之島

    日本では、和歌山県、四国、九州の太平洋沿岸に見られると言われているが、四国に関しては疑う声もある。それ以外では九州島嶼部の対馬、屋久島・種子島・黒島に、南西諸島では広くトカラ列島の中之島・諏訪瀬島・悪石島、奄美群島の奄美大島・徳之島、沖縄本島などに見られ、採集も容易であるといわれている。日本以外では台湾緑島・海南島などに確認されている。ルイスツノヒョウタンクワガタ フレッシュアイペディアより)

  • サイカブト

    サイカブトから見た徳之島徳之島

    本種はヤシやパイナップル、サトウキビの害虫としても有名である。穿坑能力が極めて強大であり、成虫は茎頂部にトンネルを掘って潜り込み、摂食活動を行うため、成長点を貫通消失した時点でそのヤシは枯死する。本種はこれを少数の個体で達成する(なお、このような生態的特性は本種に限らず、ヒメカブト属やタテヅノカブト属などでも知られている)。繁殖力が強く、沖縄本島や八重山諸島で定着し、その後1987年に沖永良部島、1988年に与論島、1991年に奄美大島と徳之島にそれぞれ確認され、最近では九州南部でも被害が確認されている。現地の熱帯性農作物に被害が出ているほか、既存のカブトムシの固有亜種(オキナワカブト:Trypoxylus dichotomus takaraiやクメジマカブト:Trypoxylus dichotomus inchachina など)と競合する可能性もある。サイカブト フレッシュアイペディアより)

  • オキナワカラスアゲハ

    オキナワカラスアゲハから見た徳之島徳之島

    奄美群島(奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島)及び沖縄諸島(沖縄本島、渡嘉敷島、座間味島、阿嘉島、久米島)に分布している。オキナワカラスアゲハ フレッシュアイペディアより)

  • アマミコクワガタ

    アマミコクワガタから見た徳之島徳之島

    徳之島。オス22、7 - 38mm(飼育下最大41、5mm2005年)、メス20 - 34mm。体色はやや褐色。アマミコクワガタ フレッシュアイペディアより)

  • クイーンコーラル8

    クイーンコーラル8から見た徳之島徳之島

    鹿児島港(新港) - 奄美大島(名瀬港新港地区) - 徳之島(亀徳港) - 沖永良部島(和泊港) - 与論島(与論港) - 本部港 - 那覇港(那覇ふ頭)クイーンコーラル8 フレッシュアイペディアより)

  • 徳三宝

    徳三宝から見た徳之島徳之島

    鹿児島県の徳之島出身。鹿児島県立第二鹿児島中学校時代剣道・柔道に励み、全九州の中学柔道大会を制しその名を知られる。師事した七校の佐村嘉一郎三段(後の十段)の勧めで上京し、1906年に講道館に入門。一日に100本超える程の猛稽古を積み上達すると、当時の講道館でも最強を誇り、稽古中に姿勢が崩れる事のない強さ故に野中の一本杉とあだ名され、また、“膝つき一本(徳に膝をつかせただけでも、通常の一本に値するという意)”という言葉が生まれた。なお、徳は「柔道は相手を投げる為のものであり、受身が巧くても意味はない」と放言し、現に受身を殆ど稽古しなかったとの語り草がある。この頃の三船久蔵や田畑昇太郎(共に後の十段)との名勝負で全国にその名を轟かせると同時に、講道館の暴れ者としても知られ、当時在京していた空手家の船越義珍に対決を申し込んだりもした。徳三宝 フレッシュアイペディアより)

  • 与路島

    与路島から見た徳之島徳之島

    面積は奄美群島の有人島の中で最も小さな島であるが、充実した自然を有する。ハブが生息する為、隣の請島と同様に、集落には「用心棒」(「ハブ棒」とも)と呼ばれるハブを退治する為の棒が立てかけてある。リュウキュウイノシシも生息する。また、隣の請島とは自然の様子が若干異なり、奄美大島と徳之島に見られる特徴が混在している。与路島 フレッシュアイペディアより)

325件中 91 - 100件表示

「徳之島」のニューストピックワード