233件中 91 - 100件表示
  • 旭南海廣光

    旭南海廣光から見た徳之島徳之島

    1992年、徳之島に旭道山が有望な少年をスカウトに来ていることを知った旭南海が自ら入門を志願した。中学卒業と同時に大島部屋に入門し、1993年3月場所に初土俵を踏んだ。あがり性のため大切な一番で勝てず三段目、幕下で長く足踏みしていた。2002年7月場所、旭南海は幕下で6戦全勝としたが、もう1人の6戦全勝だった元十両・古市と部屋が違うにも拘らず6戦全勝同士の対戦が組まれず、両者共に星違いに潰され1敗力士8人による優勝決定戦とされてしまった(優勝は金開山)。旭南海廣光 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺嘉蔵

    渡辺嘉蔵から見た徳之島徳之島

    平成22年5月 鹿児島県の徳之島を調査訪問。基地移転問題に関し、現地にて意見交換を行う。渡辺嘉蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋尚子ロード

    高橋尚子ロードから見た徳之島徳之島

    2000年4月28日 : 鹿児島県徳之島の周回道路が「尚子ロード」と名付けられる。コースは島の北部で天城町と徳之島町にまたがる1周31km。石碑もあり高橋尚子の写真とコース図などが刻み込まれている。高橋尚子ロード フレッシュアイペディアより)

  • 十・十空襲

    十・十空襲から見た徳之島徳之島

    攻撃は沖縄諸島にとどまらず、鹿児島県の奄美群島にも及んでいる。奄美大島では10日早朝から3回・延べ45機以上が来襲して、付近の船舶や砲台を銃爆撃。徳之島では、午前8時頃に近海の機帆船が銃撃され、午後には飛行場が攻撃を受けて、一式戦闘機3機・四式戦闘機1機・九九式襲撃機5機など陸軍機14機が破壊された。十・十空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 島唄

    島唄から見た徳之島徳之島

    グイン(裏声を多用し、こぶしを効かせたファルセットの一種)といわれる独特の歌唱法や、音域が非常に広いなどの特徴を持っている。奄美大島の島唄は、北部の笠利節/笠利唄(かさんぶし/かさんうた)と南部の東節/東唄(ひぎゃぶし/ひぎゃうた)の2つの流れに大別される。笠利節は、ゆったりとした調子で深みのある荘重な表現が特徴であり、東節は、激しく変化に富んだ節回しで情緒的な表現が特徴である。笠利町出身の里アンナは笠利節、元ちとせや中孝介は東節の系統にあたる。徳之島以北は本土と同じ五音音階の陽音階(律音階。ヨナ抜き音階参照)で、日本民謡の南限という側面を持つ。一方で、沖永良部島以南では琉球音階が用いられ、琉歌の北限という側面も持っており、琉球民謡の一翼を担う。琉歌は八音を中心に、五音・六音・七音を標準とする定型詩であり、基本的には「サンパチロク」といわれ、八・八・八・六を基本形とする。島唄 フレッシュアイペディアより)

  • タンバー (潜水艦)

    タンバー (潜水艦)から見た徳之島徳之島

    1944年1月5日、タンバーは9回目の哨戒で東シナ海に向かった。1月22日、タンバーはの地点で駆逐艦を従えた名取型軽巡洋艦と思われる艦艇を発見したが、スコールでそれを見失った。6日後の1月28日、タンバーは北進する9隻の輸送船団を探知し追跡した。翌1月29日2時ごろ、タンバーは浮上したまま魚雷を2本発射。魚雷は輸送船春泰丸(大同海運、2,254トン)に2本とも命中し、春泰丸はの地点で沈没していった。1隻の護衛艦がタンバーめがけて突進し、タンバーは後部の20ミリ機銃で応戦。護衛艦の体当たりを阻止して追い払ったあと、輸送船団をさらに追跡しようとしたが、すでに去ってしまった後だった。2月2日、タンバーはヒ30船団に属する2隻の船を発見し追跡した。翌2月3日の夜明けごろ、タンバーはの地点で船団に対して攻撃を開始。まず応急タンカー五洋丸(五洋商船、8,469トン)に向けて魚雷を2本発射。魚雷は五洋丸の中央部に2本とも命中し、五洋丸を航行不能に陥らせた。続いてタンカーありあけ丸(日本海運、5,149トン)と護衛の海防艦佐渡に対して魚雷を2本ずつ発射。ありあけ丸に向けた魚雷は命中し、ありあけ丸は沈没。佐渡に向かった魚雷は命中せず、佐渡は4時18分ごろから14時30分ごろまで爆雷攻撃を行った。この爆雷攻撃でタンバーは80メートルの深度まで吹き飛ばされ、通風が悪くなり一部浸水も見たが、海面に出た油紋を見た佐渡が「撃沈確実」と判断して引き揚げていったため、それ以上のダメージはなかった。航行不能の五洋丸は、2月4日か5日ごろに荒天で沈没した。10日後の2月12日、タンバーはの徳之島近海でタモ02船団を発見。夜になって浮上攻撃を行い、応急タンカー崙山丸(大連汽船、2,735トン)に対して魚雷を3本発射。潜航しかけたとき、1本が崙山丸に命中し撃沈したのを確認した。タンバーはこの哨戒で4隻18,400トンの戦果を挙げ、目覚しい成功を収めた。3月5日、タンバーは60日間の行動を終えて真珠湾に帰投した。タンバー (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • クマゼミ

    クマゼミから見た徳之島徳之島

    クマゼミに関しては気候要因からは説明不可能な事例がいくつも存在している。クマゼミは南西諸島にも棲息するが、奄美群島の喜界島、奄美大島、徳之島には従来分布しない。周辺の沖永良部島や与論島ではごく普通に見られるが、上述の奄美三島だけがクマゼミの空白地帯になっている。その理由を気候要因から説明するのはほぼ不可能であり、現在でも謎に包まれている。奄美大島と徳之島では近年になって棲息が確認された(喜界島では未発見)が、これは人為的移入とみられている。なお、最近の奄美大島ではクマゼミの棲息数が順調に増加しており、島内の色々な地域で鳴き声が聞こえるようになったと報告されている。クマゼミ フレッシュアイペディアより)

  • 徳之島総合陸運

    徳之島総合陸運から見た徳之島徳之島

    徳之島総合陸運株式会社(とくのしまそうごうりくうん)は、鹿児島県の徳之島を営業エリアとしてバス事業・タクシー事業などを行っている企業。徳之島唯一のバス事業者である。本社所在地は鹿児島県大島郡徳之島町亀津7497。徳之島総合陸運 フレッシュアイペディアより)

  • 山川漁港

    山川漁港から見た徳之島徳之島

    幕末においては、1837年(天保8年)に起きたモリソン号事件の舞台の一つとなった。1858年(安政5年)には咸臨丸が寄港しており、1859年(安政6年)および1862年(文久2年)には流罪になった西郷隆盛がここから奄美大島および徳之島に渡っている。山川漁港 フレッシュアイペディアより)

  • カマドウマ

    カマドウマから見た徳之島徳之島

    クメカマドウマ D. apicalis gusouma Sugimoto et Ichikawa, 2003 奄美大島・徳之島・沖縄本島・浜比嘉島・久米島に分布する亜種。別名ヒメクメカマドウマ。カマドウマ フレッシュアイペディアより)

233件中 91 - 100件表示

「徳之島」のニューストピックワード