233件中 21 - 30件表示
  • ヒメハマナデシコ

    ヒメハマナデシコから見た徳之島徳之島

    日本固有種で、本州(和歌山県)、四国(愛媛県)、九州(長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県)及び南西諸島(種子島?徳之島、伊江島、西表島)に分布する。日当たりの良い海岸の砂浜や岩場に生育する。ヒメハマナデシコ フレッシュアイペディアより)

  • 徳之島節

    徳之島節から見た徳之島徳之島

    徳之島節(とくのしまぶし)は奄美に伝わる島唄の一つ。徳之島全土で歌われる民謡。様々な同系の歌のヴァリエーションがある。島内では二上がり節、みち節、はやり節、井之ぬいび加那志と呼ばれ、奄美大島では徳之島節の他に犬田布節、沖永良部島では犬田布嶺節(インターブレーぶし)とも呼ばれる。これらをミチ節系と呼び、更に沖縄にも伝播して道之島節として分布する。徳之島節 フレッシュアイペディアより)

  • ウスカワマイマイ

    ウスカワマイマイから見た徳之島徳之島

    キカイウスカワマイマイ A. d. kikaiensis (Pilsbry,1902) - 徳之島ウスカワマイマイ フレッシュアイペディアより)

  • サカ歌

    サカ歌から見た徳之島徳之島

    徳之島の民俗研究家松山光秀の見解では、「サカ」とはすなわちこの世とは「逆」の世界、あの世を指すのだろうと考えられている。現世では起こりえない不条理や不吉な言葉を歌えばその言霊で人を呪い殺せると信じられていた。厄を振り払うには返歌(ケーシ)に相手の歌を否定したり貶したりする内容を込める。サカ歌 フレッシュアイペディアより)

  • 直隆志

    直隆志から見た徳之島徳之島

    鹿児島県徳之島出身。18歳で上京し、1979年2月26日、松魂塾の結成に参加。日教組襲撃事件や花柳幻舟事務所襲撃事件で懲役刑を受ける。西郷隆盛や坂本龍馬を尊敬。直隆志 フレッシュアイペディアより)

  • オオシマウツギ

    オオシマウツギから見た徳之島徳之島

    日本固有種で奄美大島、喜界島及び徳之島に分布する。また変種のオキナワヒメウツギ(var. amanoi)が沖縄島に分布する。日当たりの良い低地から山地の林縁や路傍などに生育する。オオシマウツギ フレッシュアイペディアより)

  • 琉王優貴

    琉王優貴から見た徳之島徳之島

    疎開先の大分県中津市で生まれ、アメリカ占領下の那覇市で少年時代を過ごした。中学卒業後に奄美群島奄美大島に渡り、奄美高校では柔道部で活躍する。高校2年の夏休みに上京した時、同じ奄美群島徳之島出身の横綱・朝潮のいる高砂部屋に出かけたが、巡業中で誰もおらず失望して帰る途中で道に迷ったところを朝日山親方(元関脇・高津山)夫人に声を掛けられた。奄美大島に帰った後に朝日山部屋から勧誘の手紙が来たのを機に、「柔道じゃ金にならないが、相撲なら金になるだろう」と考えて入門を決意し、1962年(昭和37年)11月場所で初土俵を踏んだ。琉王優貴 フレッシュアイペディアより)

  • コケタンポポ

    コケタンポポから見た徳之島徳之島

    日本の琉球列島固有種。鹿児島県の奄美大島及び徳之島、沖縄県の沖縄島及び西表島に分布する。また、同属はコケタンポポを含めて4種確認されているが、他の3種はオーストラリアに分布している。小型の多年草で、高さ3cm程度。葉は羽状に裂けており、両面共に白色の微毛を持ち、ロゼット状に広がる。花は頭状花序で直径1.5mm程度、色は白〜淡黄である。染色体数は2n = 18。生育環境は河川の渓流であり、葉の複雑な形状からも分かるとおり典型的な渓流植物である。コケタンポポ フレッシュアイペディアより)

  • 奄美地方

    奄美地方から見た徳之島徳之島

    奄美地方南部(徳之島、沖永良部島、与論島の3島)奄美地方 フレッシュアイペディアより)

  • ハイ (ヘビ)

    ハイ (ヘビ)から見た徳之島徳之島

    日本のみに生息する固有種(固有亜種)。沖縄諸島の具志川島、沖縄島、渡嘉敷島、奄美諸島の徳之島に生息する。ハイ (ヘビ) フレッシュアイペディアより)

233件中 21 - 30件表示

「徳之島」のニューストピックワード