233件中 51 - 60件表示
  • ベニイカリモンガ

    ベニイカリモンガから見た徳之島徳之島

    日本(本州から九州、種子島、屋久島、奄美大島、徳之島、沖縄島、石垣島、西表島)、台湾、インド北部に分布する。ベニイカリモンガ フレッシュアイペディアより)

  • 油そうめん

    油そうめんから見た徳之島徳之島

    油そうめん(あぶらそうめん)は奄美大島や徳之島など奄美群島の郷土料理である。 油ぞうめんと濁って発音されることが多い。 明治時代に広まったとされている。油そうめん フレッシュアイペディアより)

  • バーベル (SS-316)

    バーベル (SS-316)から見た徳之島徳之島

    7月15日、バーベルは最初の哨戒で日本近海および南西諸島方面に向かった。8月5日昼過ぎ、バーベルはの徳之島南方で、奄美大島から駆潜特務艇3隻を伴って那覇に向かっていた小型貨客船宮古丸(大阪商船、970トン)を発見。魚雷を発射し1本が宮古丸の左舷に命中、宮古丸は船体切断の上轟沈した。4日後の8月9日早朝、バーベルはの地点でミ08船団を発見し、澎湖丸(拿捕船、2,333トン)を撃沈。また、同じ8月9日に沖縄島北方で八義丸(南洋海運、1,937トン)も撃沈した。さらに8月13日にはの奄美大島沖で雑用船興安丸(沢山商事、223トン)を撃沈するなど、初陣ながら猛威を振るった。8月21日、バーベルは36日間の行動を終えてマジュロに帰投した。バーベル (SS-316) フレッシュアイペディアより)

  • 具志川村

    具志川村から見た徳之島徳之島

    具志川村(ぐしかわそん)は沖縄県の久米島にあった村である。久米島の西半分と硫黄鳥島から成る(硫黄鳥島は沖縄県最北端の無人島で、徳之島の西に位置するため飛び地である)。具志川村 フレッシュアイペディアより)

  • 真志喜

    真志喜から見た徳之島徳之島

    グスク時代の遺跡は7カ所確認されている。このうち東南の段丘崖にあるマヤーアブ洞穴遺跡は現在でも聖地として信仰されているが、宇佐浜式土器や中国製の磁器が出土している。真志喜大川原第1遺跡からは、唐の貨幣である開元通宝が3枚出土している。開元通宝はこの遺跡以外にも鹿児島県徳之島の面縄遺跡、嘉手納町野国遺跡、石垣島の先枝赤崎遺跡などから出土している。また台湾からも出土している。このように広範囲にわたって出土していることから、遣唐使がこの地に漂着してこの貨幣を伝えたとする通説に対して、中国と南西諸島の直接交流によってももたらされたと考えるべきだとする説がある。また真志喜森川原(むいかーばる)遺跡からは14世紀ごろの高床建物群が何度も建て替えられた跡が出土した。この遺跡が、この地に森の川伝承の残る中山王察度の父奥間大親の屋敷であったと考える説がある。真志喜 フレッシュアイペディアより)

  • 山原

    山原から見た徳之島徳之島

    貴重な動植物の宝庫。奄美大島・徳之島に共通するものも多い。照葉樹林が続く地域にはそれらの動植物が生き残っている。山原 フレッシュアイペディアより)

  • ニトベミノガ

    ニトベミノガから見た徳之島徳之島

    ニトベミノガ (Mahasena aurea) は、ミノガ科の蛾の一種である。本州、四国、九州、対馬、屋久島、奄美大島、徳之島、沖縄諸島、沖縄本島に分布し、リンゴの果実・柿の葉・クヌギなどを食べる。幼虫では体長1 - 2 cmと小さいものもいる。小枝や葉を付着させだんだんと蓑を大きくしていくが、その際に、自分の頭部の脱皮殻を蓑の一部に織り込むという変わった習性がみられる。蓑の頂上部分から排泄物を外へだす。成虫は6月から7月頃に出現する。ニトベミノガ フレッシュアイペディアより)

  • オキナワカラスアゲハ

    オキナワカラスアゲハから見た徳之島徳之島

    奄美群島(奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島)及び沖縄諸島(沖縄本島、渡嘉敷島、座間味島、阿嘉島、久米島)に分布している。オキナワカラスアゲハ フレッシュアイペディアより)

  • タイワンシカクワガタ

    タイワンシカクワガタから見た徳之島徳之島

    日本の奄美大島・徳之島に生息する、アマミシカクワガタにも似るが、アマミシカクワガタが艶消しに対し、本種は艶がある。タイワンシカクワガタ フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍航空隊

    厚木海軍航空隊から見た徳之島徳之島

    4月8日 「菊水二号作戦」発動。徳之島上空に進出し、制空に従事。厚木海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

233件中 51 - 60件表示

「徳之島」のニューストピックワード