325件中 51 - 60件表示
  • モモジロコウモリ

    モモジロコウモリから見た徳之島徳之島

    日本(北海道、本州、四国、九州、対馬、佐渡島、徳之島)、サハリン、シベリア東部に分布する。モモジロコウモリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒメハマナデシコ

    ヒメハマナデシコから見た徳之島徳之島

    日本固有種で、本州(和歌山県)、四国(愛媛県)、九州(長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県)及び南西諸島(種子島?徳之島、伊江島、西表島)に分布する。日当たりの良い海岸の砂浜や岩場に生育する。ヒメハマナデシコ フレッシュアイペディアより)

  • 厚木海軍航空隊

    厚木海軍航空隊から見た徳之島徳之島

    1944年11月15日第三航空艦隊第二十五航空戦隊に転籍、鹿児島県笠之原飛行場に撤退。戦闘第304飛行隊は第二二一海軍航空隊に移籍。以後、菊水作戦発動まで、笠之原で再編に従事。1945年2月11日 第五航空艦隊直率に転籍。沖縄戦の防空隊となる。戦闘第303飛行隊復帰。3月21日 第七二一海軍航空隊神雷隊の初出撃を護衛、神雷隊は全機撃墜。3月26日南九州各基地にB-29襲来。笠之原防空のため全機出撃、戦果・被害なし。3月29日敵艦載機部隊が南九州を強襲。笠之原防空のため全機出撃。4月1日沖縄の地上戦開始。奄美大島上空に進出し、制空に従事。4月8日「菊水二号作戦」発動。徳之島上空に進出し、制空に従事。4月15日第六〇一海軍航空隊と合同、計10機で沖縄中飛行場を強襲。4月16日敵艦載機部隊が笠之原を強襲、全力迎撃。4月23日 三〇二空・第三三二海軍航空隊・第三五二海軍航空隊の雷電隊で「竜巻部隊」結成。笠之原飛行場は竜巻部隊が優先的に使用することになり、二〇三空の行動は制限される。厚木海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 片耳豚

    片耳豚から見た徳之島徳之島

    ほかにも、両耳のないブタの姿をした耳無豚(みんきらうわ)が伝えられており、同様に人間の股をくぐって魂を抜き去るという。また、奄美出身の民俗学者・田畑英勝の著書『奄美物語』にも、徳之島阿布木名の、目が一つしかないムィティチゴロ(片目豚の意)の記述があり、同様に股をくぐられると死ぬといわれる妖怪とされる。片耳豚 フレッシュアイペディアより)

  • 山下欣一

    山下欣一から見た徳之島徳之島

    『奄美六調をめぐって 徳之島から』小川学夫、松原武実共編著 海風社 南島叢書、1990山下欣一 フレッシュアイペディアより)

  • アカタテハ

    アカタテハから見た徳之島徳之島

    インドからオーストラリア、日本(北海道、礼文島、利尻島、本州、佐渡島、八丈島、三宅島、父島、母島、隠岐島、四国、九州、対馬、壱岐島、甑島、種子島、屋久島、トカラ列島、奄美大島、徳之島、沖縄本島、宮古島、石垣島、西表島、与那国島)まで広く分布する。森林の周辺の日当たりが良い場所に生息し、農村や都市部でもよく見られる。アカタテハ フレッシュアイペディアより)

  • コノハチョウ

    コノハチョウから見た徳之島徳之島

    インド北部からヒマラヤ、インドシナ半島、中国、台湾、先島諸島から沖縄諸島、奄美群島の沖永良部島と徳之島にかけて分布する。コノハチョウ属(Kallima 属)の中では最も広い分布域を持つ。分布域内でいくつかの亜種に分かれており、日本に分布するものは亜種 K. i. eucerca Fruhstorfer, 1898 とされる。宮崎県以南で見られる。コノハチョウ フレッシュアイペディアより)

  • ウスカワマイマイ

    ウスカワマイマイから見た徳之島徳之島

    キカイウスカワマイマイ A. d. kikaiensis (Pilsbry,1902) - 徳之島ウスカワマイマイ フレッシュアイペディアより)

  • 固有種

    固有種から見た徳之島徳之島

    どの程度の分布範囲からを固有種とするかについては定まっていない。一般的には島のような陸続きの範囲など地理的なまとまりや国のような行政区分が考察の対象となるため、そのような区分のいずれかの範囲のみに生息するものを指して言う。例えば、アマミノクロウサギは奄美大島と徳之島、オオサンショウウオは本州、ムササビは日本列島に固有、あるいはこれらすべてを日本の固有種、といった表現がよくなされる。しかし、トラはアジアの固有種、キリンはアフリカに固有というのが間違いとも言えない。あまり広く範囲をとると意味がなくなるが、文脈によっては使われる可能性がある。トラはなぜ北アメリカにいないのかを論ずるとすれば、この表現もあり得る。固有種 フレッシュアイペディアより)

  • デイゴヒメコバチ

    デイゴヒメコバチから見た徳之島徳之島

    2004年に行われたデイゴ類に発生するメイガ類の調査時には、デイゴヒメコバチの被害は確認されなかった。しかし、2005年5月に沖縄県石垣島でデイゴに多数の虫こぶが確認された。その後、沖縄本島などでも同様の症状が確認され、これらの虫こぶの解剖や飼育を行った結果、これらの虫こぶからデイゴヒメコバチが発生するのが確認された。石垣島や沖縄本島以外でも、これに続いた調査で波照間島、西表島、宮古島、久米島、竹富島などでデイゴヒメコバチが確認され、2006年には前年には確認されなかった鹿児島県奄美大島、徳之島で確認された。徳之島では街路樹として使われているアメリカデイゴでもデイゴヒメコバチの寄生が確認され、同様に街路樹として使用している鹿児島県の本土や宮崎県などにおいても、移入による被害が懸念されている。デイゴヒメコバチ フレッシュアイペディアより)

325件中 51 - 60件表示

「徳之島」のニューストピックワード