233件中 71 - 80件表示
  • スタージョン (潜水艦)

    スタージョン (潜水艦)から見た徳之島徳之島

    6月10日、スタージョンは11回目の哨戒で日本近海、南西諸島方面に向かった。この哨戒における攻撃価値のある敵との接触は2回のみであり、それらは厳重に護衛されていた。最初の接触は6月29日朝、の徳之島南東海域でタカ412船団(12隻)を発見。大型船に対して4本の魚雷が発射され、陸軍船富山丸(大洋興業、7,089トン)の左舷にすべて命中。富山丸は積載していたガソリンが激しく炎上し、間もなく2つに折れて沈没した。7月3日には、の名瀬北東海域で、古仁屋を出航し鹿児島に向かいつつあったタカ604船団(5隻)を発見。船団は航空機および数多くの小型艦によって護衛されていた。スタージョンは陸軍船大倫丸(大阪商船、6,862トン)の船首付近を通過し、これを見た大倫丸の砲員が砲撃を開始し、体当たりの態勢に持ち込もうとした。スタージョンはこれをかわして魚雷を4本発射。うち3本が命中し、大倫丸は船首が吹き飛び、側面に大きな穴が開いた末、右舷に傾いて沈没した。スタージョンは深深度潜航し、およそ196発の爆雷および爆弾を回避した。護衛艦は流出した油混じりの海水を、「撃沈」した証しとしてバケツにすくって引き上げた。8月5日、スタージョンは55日間の行動を終えて真珠湾に帰投。これがスタージョンの最後の哨戒となった。スタージョン (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • 益田哲夫

    益田哲夫から見た徳之島徳之島

    鹿児島県徳之島出身。鹿児島県立第一鹿児島中学校(現鹿児島県立鶴丸高等学校)から第七高等学校造士館を経て、東京帝国大学法学部卒。在学中に高等文官試験(高文)に合格したとの伝説もある。卒業後、日産自動車に入社。創業者の鮎川義介の寵愛を受ける。戦時中に召集され九州で敗戦を迎える。復員後、日産に復帰し課長職を務めている。益田哲夫 フレッシュアイペディアより)

  • ホット・スポット 最後の楽園

    ホット・スポット 最後の楽園から見た徳之島徳之島

    日本(奄美大島、徳之島)固有種ホット・スポット 最後の楽園 フレッシュアイペディアより)

  • 第二一〇海軍航空隊

    第二一〇海軍航空隊から見た徳之島徳之島

    4月6日 「菊水一号作戦」発動。彗星11機で対機動部隊攻撃に出撃。彗星爆撃隊11機の出撃直前に、零戦隊と紫電隊が制空隊として出撃。徳之島沖上空で艦上機部隊と交戦、7機喪失。第二一〇海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 奄美大島要塞

    奄美大島要塞から見た徳之島徳之島

    奄美大島要塞重砲兵連隊は、奄美大島要塞の主戦力として1941年9月10日に編成下令された。下関で編成の後に奄美大島要塞に展開した。太平洋戦争の戦況悪化が進むと、連合国軍の上陸に備えた戦備強化のため、新設の野戦部隊の火力支援も担うことになり、1944年5月3日をもって重砲兵第6連隊に改称した。独立混成第64旅団に編合され、連隊主力は引き続き奄美大島要塞の防備にあたる一方、1個中隊を徳之島陸軍飛行場、1個小隊を喜界島海軍飛行場の防衛のために派遣した。奄美大島要塞 フレッシュアイペディアより)

  • カムィ焼

    カムィ焼から見た徳之島徳之島

    カムィ焼(かむいやき)とは、鹿児島県の奄美群島徳之島で11世紀から14世紀にかけて作られていた陶器の名称である。カムィ焼 フレッシュアイペディアより)

  • 古仁屋

    古仁屋から見た徳之島徳之島

    鹿児島港(本港) - 喜界島(湾港) - 名瀬港 - 古仁屋港 - 徳之島(平土野港) - 沖永良部島(知名港)古仁屋 フレッシュアイペディアより)

  • ルイスツノヒョウタンクワガタ

    ルイスツノヒョウタンクワガタから見た徳之島徳之島

    日本では、和歌山県、四国、九州の太平洋沿岸に見られると言われているが、四国に関しては疑う声もある。それ以外では九州島嶼部の対馬、屋久島・種子島・黒島に、南西諸島では広くトカラ列島の中之島・諏訪瀬島・悪石島、奄美群島の奄美大島・徳之島、沖縄本島などに見られ、採集も容易であるといわれている。日本以外では台湾緑島・海南島などに確認されている。ルイスツノヒョウタンクワガタ フレッシュアイペディアより)

  • イッシャ

    イッシャから見た徳之島徳之島

    イッシャは、奄美群島の徳之島に伝わる妖怪。短い蓑と破れた傘を身につけた子供のような姿で、トウモロコシの実に似た尻尾を持つとされる。イッシャ フレッシュアイペディアより)

  • 日本語の方言のアクセント

    日本語の方言のアクセントから見た徳之島徳之島

    琉球方言のアクセントは多様性が大きいが、これまでの研究によれば、類の統合の仕方から見て、二拍名詞で1・2類/3類/4・5類となる外輪東京式の系統が徳之島や沖縄本島北部などに、1・2類/3・4・5類となる西南九州二型式の系統が沖縄本島南部や八重山列島などに存在するとされている。他に、1・2・3類/4・5類のアクセントや、一型式、無アクセントの地域があるが、いずれにしろ九州に存在する諸アクセントと同じ各系統が入り乱れて分布しており、本土方言と大きく対立する特徴はないとされてきた。日本語の方言のアクセント フレッシュアイペディアより)

233件中 71 - 80件表示

「徳之島」のニューストピックワード