233件中 81 - 90件表示
  • 倉澤清忠

    倉澤清忠から見た徳之島徳之島

    同年9月、徳之島に向かう途中知覧基地を離陸した際、プロペラが停止して墜落。意識不明の重体となり3ヶ月入院する。回復はしたが、左眼の視力が極端に落ち、パイロットとしての活動は不可能になる。同期の航空士官は大半が戦死していたことから予備役とはならず、鉾田に復帰した。鉾田に復帰した後は研究編成が開始されたばかりの特攻隊の訓練に当たった。同年12月、27歳の若さで参謀となり、特攻隊を含む航空部隊の管理を担当した。倉澤清忠 フレッシュアイペディアより)

  • 片耳豚

    片耳豚から見た徳之島徳之島

    ほかにも、両耳のないブタの姿をした耳無豚(みんきらうわ)が伝えられており、同様に人間の股をくぐって魂を抜き去るという。また、奄美出身の民俗学者・田畑英勝の著書『奄美物語』にも、徳之島阿布木名の、目が一つしかないムィティチゴロ(片目豚の意)の記述があり、同様に股をくぐられると死ぬといわれる妖怪とされる。片耳豚 フレッシュアイペディアより)

  • マルバネクワガタ属

    マルバネクワガタ属から見た徳之島徳之島

    奄美大島・徳之島。旧タテヅノマルバネクワガタ亜種群中最もオスの大顎の発達が悪く、大歯型は極めて稀である。体長は♂で43、3mm?65、2mm(飼育下では67、2mm2009)。国産マルバネクワガタの中で年間の成虫出現期が最も早い。なお環境省第4次レッドリストでは絶滅危惧?類に指定されているマルバネクワガタ属 フレッシュアイペディアより)

  • 深見有安

    深見有安から見た徳之島徳之島

    深見 有安(ふかみ ありやす、文化4年2月29日(1807年4月6日) - 嘉永7年9月29日(1854年11月19日))は、江戸時代の薩摩藩の武士。真影流(直心影流)の剣術家。坂口兼儔(坂口作市)、坂口兼郷親子の門人で後に直心影流師範家・長沼氏(宗家の沼田藩の長沼氏ではなく、加納藩の長沼氏)の門人となる。諱は有安。通称は休八。徳之島蔵方目附を勤めた。深見有安 フレッシュアイペディアより)

  • 和泊町

    和泊町から見た徳之島徳之島

    鹿児島港(新港) - 奄美大島(名瀬新港) - 徳之島(亀徳港) - 沖永良部島(和泊港) - 与論島(与論港) - 本部港 - 那覇港(那覇ふ頭)和泊町 フレッシュアイペディアより)

  • ツチトリモチ科

    ツチトリモチ科から見た徳之島徳之島

    日本固有種で、奄美大島及び徳之島?に分布。花穂は円形で、橙褐色。ツチトリモチ科 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島戦時遭難事件

    尖閣諸島戦時遭難事件から見た徳之島徳之島

    学童疎開船「対馬丸」や軍隊輸送船「富山丸」の撃沈などがあったため疎開に応募する者はなかなか増えなかったが、1944年10月10日の十・十空襲でようやく機運が高まり、1945年3月上旬までに九州へ約6万人、台湾へ宮古島・石垣島から2万人以上(ほか本島からも2千人)が疎開した。石垣島から台湾への疎開は、4月の沖縄本島へのアメリカ軍上陸後も続けられており、本船団は24回目の石垣島から台湾への疎開船であった。厚生省の調査では沖縄からの疎開船延べ187隻が確認されたが、そのうち「対馬丸」が撃沈された以外には被害がなかった。本船団2隻の遭難は、「対馬丸」以外に沖縄からの疎開船が被災した数少ない例ということになる。なお、鹿児島県徳之島からの疎開では、「武洲丸」が撃沈されている。尖閣諸島戦時遭難事件 フレッシュアイペディアより)

  • 奄美方言

    奄美方言から見た徳之島徳之島

    奄美方言(あまみほうげん)または奄美語(あまみご)、奄美徳之島諸方言(あまみとくのしましょほうげん)は、琉球語(琉球方言)の内、鹿児島県奄美群島の奄美大島、加計呂麻島、徳之島、喜界島などで話される方言(言語)の総称である。奄美方言 フレッシュアイペディアより)

  • 隔離分布

    隔離分布から見た徳之島徳之島

    それのおもしろい例が、ハブである。琉球列島のホンハブは、奄美大島、徳之島にいるが、沖永良部島、与論島におらず、沖縄島におり、宮古島にいないという飛び飛びの分布域を持つことが知られている。これは、最後に海水面が上昇した際に、隆起サンゴ礁からなる低い島が水没したため、ハブが絶滅し、その後は侵入することがなかったためと考えられている。隔離分布 フレッシュアイペディアより)

  • コノハチョウ

    コノハチョウから見た徳之島徳之島

    インド北部からヒマラヤ、インドシナ半島、中国、台湾、先島諸島から沖縄諸島、奄美群島の沖永良部島と徳之島にかけて分布する。コノハチョウ属(Kallima 属)の中では最も広い分布域を持つ。分布域内でいくつかの亜種に分かれており、日本に分布するものは亜種 K. i. eucerca Fruhstorfer, 1898 とされる。宮崎県以南で見られる。コノハチョウ フレッシュアイペディアより)

233件中 81 - 90件表示

「徳之島」のニューストピックワード