156件中 81 - 90件表示
  • 徳之島

    徳之島から見た小中華思想

    『続日本紀』の記述によれば、文武天皇3年(699年)7月19日条に、「タネ(種子島)、ヤク(屋久島)、アマミ(奄美大島)、トク(徳之島)などの人々が、朝廷から遣わされた官人に従ってやって来て、土地の産物を献上したので、身分に応じて位を授け、物を賜った。トク島人が中国(ここでは日本を指す。小中華思想に基づく)に渡来するのは、この時(7世紀終わり)から始まった」と記述されており、徳之島と朝廷との交流に関する記録が見られる。徳之島 フレッシュアイペディアより)

  • 徳之島

    徳之島から見た奄美・琉球

    奄美群島国立公園に属し、世界自然遺産「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の候補地となっている。徳之島 フレッシュアイペディアより)

  • 徳之島

    徳之島から見た本土

    方言は琉球方言の1つで、民謡(島唄)も三線(サンシン)を使ったものが多いなど、本土より沖縄県が文化的に近い。牛同士を戦わせる闘牛が盛んで、シーズンには島全体が熱気に包まれる。また、選挙でも有名な島である。徳之島 フレッシュアイペディアより)

  • 徳之島

    徳之島から見た専門学校

    島内には大学・短期大学・専門学校は2013年現在のところはない。但し平成19年(2007年)度から鹿児島大学法文学部によって、正規の大学院科目が受講できる奄美サテライト教室科目等履修生課程が始まった。徳之島 フレッシュアイペディアより)

  • 徳之島

    徳之島から見たアクセント

    地元では島口(すぃまぐつぃ)と呼ぶ。昭和中期まで島内の道路整備がすすんでいなかったため、集落毎の語彙やアクセントの差異が大きい。奄美方言の内、奄美大島と徳之島及び喜界島の一部の方言には、標準日本語の5つの母音(あ、い、う、え、お)以外の母音が存在している。徳之島では、a、i、u、e、oの他に、?と?があり、それぞれに長音も存在する。後の2母音の正式な表記法は決まっていないが、それぞれ「ぃ(ィ)」または「ゐ(ヰ)」と「ぇ(ェ)」または「ゑ(ヱ)」を小さく添える表記法を提案する話者もいる。また、頭音に声門破裂音があり、意味の区別に使われるため、「’」などを付けて区別する表記もある。以下の言葉の中には近似的な標記がある事に注意されたい。徳之島 フレッシュアイペディアより)

  • 徳之島

    徳之島から見たケナガネズミ

    南西諸島における「生物の宝庫の島」の一つであり、奄美大島・沖縄本島との関連が大きく、中でも奄美大島との関連が一番大きい。ハブが多いことで有名(もっともハブ自身の性質が臆病であるのでそれほど見かける訳ではない)であるが、その一方で貴重な動植物も数多く、動物についてはアマミノクロウサギを筆頭にケナガネズミ・トクノシマトゲネズミ・オビトカゲモドキ・イボイモリなどがあり、植物についてはシナヤブコウジ・タニムラアオイ・トクノシマエビネなどがある。このうち徳之島固有亜種であるオビトカゲモドキについては、全般的に奄美大島との関連が濃い徳之島の生物相の中にあって、むしろ沖縄本島との関連を示唆する存在であるが(奄美大島にはトカゲモドキの仲間は分布しない)、これについて徳之島の爬虫類相全体を見ても、例えばコブラの仲間であるハイは奄美大島のヒャンとは亜種を異にし、沖縄本島と亜種を同じくしている事など特異的な面が見られる(但し陸生カメ類は分布しないなど、徳之島の爬虫類相が完全に沖縄的であるわけではない)。この点について高等動物以上に奄美大島系と沖縄本島系の影響の差が顕れやすい昆虫を見ていくと、徳之島産の昆虫は「アマミ○○」と名付けられる種の方が比較的多いのに対し、南隣の沖永良部島から「オキナワ○○」と名付けられる種の方が比較的多くなってくる。このように徳之島の生物相を鳥瞰すると、徳之島と沖永良部島との間の境界線が比較的明瞭に現れるように感じられ、「奄美系」と概括することができるが、その一方で「沖縄の色が見える」ことが徳之島の生物相の特徴ということができよう。徳之島 フレッシュアイペディアより)

  • 徳之島

    徳之島から見た樟南第二高等学校

    島内にある高等学校は鹿児島県立徳之島高等学校と樟南第二高等学校の二校。徳之島 フレッシュアイペディアより)

  • 徳之島

    徳之島から見た飢饉

    波により浸食された洞門状の奇岩。昔、飢饉発生の際、人畜を襲う犬をここから海中に投げ捨てたといわれている。徳之島 フレッシュアイペディアより)

  • 徳之島

    徳之島から見た大和 (戦艦)

    夕日の名所。徳之島沖合で撃沈された戦艦大和の慰霊碑がある。(実際の大和は長崎県男女群島女島南方176キロ、水深345mの地点に沈没している)徳之島 フレッシュアイペディアより)

  • 徳之島

    徳之島から見た豚骨

    薩摩料理の影響を受けた豚骨、沖縄料理の影響をうけた油そうめん、豚足、両者に共通する豚味噌などが有名。全般に甘く、濃い味付けとなっている。海水魚は刺身、煮付けの他、唐揚げによくされる。魚汁もいったん揚げた魚を使う場合がある。普通のおにぎりの海苔の部分に海苔の代わりに薄く焼いた卵焼きを巻いた「たまごおにぎり」や氷を入れる「冷やしおかゆ」は徳之島で日常的にたべられている特徴的な主食のひとつである。徳之島 フレッシュアイペディアより)

156件中 81 - 90件表示

「徳之島」のニューストピックワード